タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根湿生花園の花と芦ノ湖畔の探鳥を楽しんで

<<   作成日時 : 2010/05/14 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像新緑の箱根町立 ・箱根湿生花園で様々な花々と芦ノ湖畔を散策して探鳥を楽しもうと、昨年(7月)に引き続き鳥仲間と一緒に出掛けた。 (5/10、11)


JR新宿駅西口 ・小田急高速バス案内所前のバス乗場(35番ポール)に 9時45分集合、10時発 「箱根園」 行の小田急箱根高速バスに乗車した。

新宿駅西口を出発した高速バスは、東名高速道路御殿場 I Cから下りて国道138号線の乙女峠を上る頃には、曇がちの天気なのに富士山が見えた。
12時、仙石案内所前で下車、先ずは腹ごしらえにと昨年も食べて美味しかった インド料理 AZURE・MOON に入って昼食、その後に箱根湿生花園に向かった。

 箱根町立 ・箱根湿生花園の花観賞

備考 : 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原 にある箱根町立 ・箱根湿生花園 は、「湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心とした植物園。 園内には、低地から高山まで日本の各地に点在している湿地帯の植物 200種のほか、草原や林、高山植物 1,100種が集められ、その他、珍しい外国の山草も含め約 1,700種の植物が四季折々に花を咲かせています。」 とのこと。 ( 箱根湿生花園 発行のリーフレットから )

画像
画像

13時10分ごろ、箱根湿生花園 に到着し早速入園した。 入園して最初に目にしたのは、外国の山草と園芸種 コーナーの 「ブルーポピー」 。 ヒマラヤの青いケシとも呼ばれ、まれに白や桃色の花もあるとか。 (写真 A)

園内の案内図によると、「 低地から 高山へ、初期の湿原から発達した湿原へと順に植物を見てまわれる 」 ように配置されているとのことで、1)落葉広葉樹林の植物 、2)ススキ草原の植物、3)低層湿原の植物、4)ヌマガヤ草原の植物、5)高山のお花畑、6)高層湿原の植物、7)仙石原湿原の植物、8)湿生林の植物 の 8区に分けられている。

画像

園内を何回か巡って楽しんだ。 そのなかで 3)の低層湿原の植物クリンソウ、サクラソウ など、5)の高山のお花畑 の コマクサ、クロユリ、ミヤマオダマキ、エゾウスユキソウ(写真 @)、エーデルワイス(写真 C)、ハヤチネウスユキソウ、チシマウスユキソウ など、以前旅行したときのことを思い出しながら楽しむことができた。 (写真 @、B、C)

他にも、1)落葉広葉樹林の植物 バイカイカリソウ、トウゴクミツバツツジ、クマガイソウ、3)低層湿原の植物 エンコウソウ、4)ヌマガヤ草原の植物 コウホネ、センダイハギ、5)高山のお花畑 ミツガシワ、チングルマ、チシマキンバイ、6)高層湿原の植物 ヒメシャクナゲヤク、8)湿生林の植物 ヤマシャクヤク、ヤマブキソウ などを楽しんだ後、箱根湿生花園をあとにして宿に向った。

 芦ノ湖畔 (桃源台〜箱根園〜元箱根) の散策

画像15時30分ごろ宿に到着、宿に荷物を置いて付近を探鳥することにした。

鳴き声は ヒヨドリ、ガビチョウ、ウグイス など、それにしても ガビチョウ の多いことに驚かされた。
今回は ガビチョウ のほかに、昨年7月は見当らなかった(気が付かなかったのか?) ソウシチョウ の多いのにも驚かされた。 アカゲラ、キビタキ、イカル、カケス なども見られたが、フクロウ も?と思ってよく見ると樹木の枝の先端にできた大きなコブ でした。
金時山 (1,213m)の中腹に位置しているのか?結構な標高の南向き別荘地の一番高いところまで上ってきた。
南の方向には蒸気を上げる大涌谷、その奥には神山 (1,438m)、手前には台ヶ岳が見えた。 約 1時間30分ほど探鳥して、宿に戻った。 翌朝 5時に起きて、もう一度付近を探鳥することにして、楽しい夕食のあと早めに就寝した。 (写真 D)

11日 朝 4時30分頃には、ガビチョウの囀りが聞こえた。 朝食前の 5時から 7時過ぎまで付近を探鳥、やはり ガビチョウ と ソウシチョウ が多かったが、クロツグミ、ヤブサメ、センダイムシクイ、ヒガラ の鳴き声が確認されたことと、コルリ が見られたことは大収穫であった。

画像
画像

朝食後、ゆっくり身支度してから 8時15分 チェックアウトして、仙石原バス停から伊豆箱根鉄道バスで桃源台(湖尻)に向った。 バスは、新緑に煙る仙石原湿原群落地、仙石原、仙石原高原を抜け、さらに有名なホテルや保養所が建ち並ぶ所を過ぎ桃源台バス停に到着した。 ここには箱根ロープウェー桃源台駅もある。 (写真 E)

桃源台から湖尻バスターミナルの左手にある遊歩道の入口から、箱根樹木園 (神山コテージ)、箱根園、 元箱根 へ。 途中の神山コテージの近くでは やはり ガビチョウ、ソウシチョウ と キセキレイ など、また植物では 見事な ヒメシャラ の林、樹木に寄生して小さな花を咲かせている カヤラン、様々なスミレや山野草の花々を楽しんだ。 (写真 F、G)

画像

今回の箱根湿生花園、仙石原(宿周辺)、芦ノ湖畔 (桃源台〜箱根園〜元箱根) を巡って見られた野鳥は、次の通り。 カワウ、カルガモ、トビ、キジ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、コルリ、クロツグミ、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、セッカ、キビタキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、イカル、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス の31種。 番外・外来種は、コジュケイ、ガビチョウ、ソウシチョウ の3種でした。

なお記事の中で野鳥の写真を掲載しなかったが、時機を見て野鳥と山野草の花などを続編として公開したいと思っています。 今回 一緒させて頂いた皆様に感謝申し上げます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
箱根湿生花園の花と芦ノ湖畔の探鳥を楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる