タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根湿生花園の花と芦ノ湖畔の探鳥を楽しんで (続)

<<   作成日時 : 2010/05/18 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

画像新緑の箱根町立 ・箱根湿生花園と芦ノ湖畔を散策して様々な花や探鳥を楽しもうと、昨年(7月)に引き続き今年も出掛けた。前回公開 (2010/05/14)した続編として山野草と野鳥を紹介します。 (5/10、11)


 箱根町立 ・箱根湿生花園と仙石原別荘地の散策

箱根 ・仙石原にある箱根湿生花園は、仙石原湿原に見られる湿原植物が集められているのは勿論、日本の各地に点在している湿地帯の植物 200種のほか、草原や林、高山植物など 1,100種と、珍しい外国の山野草も含め約 1,700種の植物が集められているとのこと。

10日13時ごろ 箱根湿生花園 に入園した。 前回も紹介したが 「ヒマラヤの青いケシ」 とも呼ばれる 「ブルーポピー」 は、まだ 2〜3輪しか咲いていないので少し淋しかった。 園内の案内図によると 「低地から高山へ、初期の湿原から発達した湿原へと順に植物を見てまわれる 」ように 8区画に分けられている。
その中では 「高山のお花畑」区画に興味をそそられた。 前回紹介した エーデルワイス ( エゾウスユキソウ、ハヤチネウスユキソウ、チシマウスユキソウ など )の他には、クロユリ、四季咲きコマクサ、エゾムラサキ など可憐な花々が咲いていた。 (写真 @、A、B)

画像
画像

なお、四季咲きコマクサ は、日本のコマクサと北アメリカなど外国産との交配種で、日本のコマクサよりも花の赤味が強く、草丈も大きいように見えた。 エゾムラサキ は、オカワスレナグサとも言われ、園芸店ではワスレナグサの名で販売されているとのこと。

「低層湿原の植物」区画 の クリンソウ や サクラソウ、「落葉広葉樹林の植物」区画 の トウゴクミツバツツジ も美しい花を見せてくれた。 (写真 C)

画像

箱根湿生花園を十分楽しんだところで宿に移動、宿の周辺と仙石原別荘地内を夕方5時頃までと、翌朝 5時から朝食前までの 2回 散策した。 アカゲラ、ヒヨドリ、コルリ、クロツグミ、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、キビタキ、ヒガラ、メジロ、ホオジロ、イカル、カケス、ガビチョウ、ソウシチョウ などを確認した。 それと フクロウ ? と思ってよく見ると樹木の枝の先端にできた大きなコブ (笑) だったのにはびっくり。 (写真 D、E) (注 : ソウシチョウ の写真は、「山渓ハンディ図鑑 7 ・ 日本の野鳥 」 P603 かご抜け鳥の項を 参照、貼付させて頂きました。)

画像
画像



コルリ が 2度も見られたが、遠くて私のデジカメでは撮影できなかったのが残念。 でも写真は一緒に行った 秀さん と 茂さん にお任せして野鳥の写真は貼付しないことに(本当は貼付できなかった)。(笑) 朝食後、仙石原バス停から桃源台行のバスに乗車して移動した。

 芦ノ湖畔 (桃源台〜箱根園〜元箱根)の散策

桃源台から緩やかな坂を下ると湖尻バスターミナル。 その近くの遊歩道(神山通り)へ入り、箱根樹木園(神山コテージ)、箱根園、元箱根へと進んだ。 途中の樹木園 近くで キセキレイ、ガビチョウ、ソウシチョウ が見られ、植物では樹木に寄生して小さな花を咲かせている カヤラン(榧蘭) があった。 このランは、仙石原別荘地内でも見られた。 (写真 F)

画像

遊歩道沿いには様々なスミレや山野草が可愛い花を咲かせており、また時々樹陰から見える芦ノ湖を見ながらの楽しい散策でした。 箱根園に着いて駒ケ岳ロープウェーに乗る予定であったが、駒ヶ岳の頂上は濃霧と風が強いということで中止、そのまま元箱根に向った。 

箱根園の近くには龍宮殿本館や遊覧船のりば、さらに遊歩道を進むと 箱根神社の平和鳥居がある。  毎年 7月31日に行なわれる湖水祭は箱根神社の年間最大の祭り、これは例大祭の宵宮に執行される古神事で箱根権現御手洗の池と尊ばれてきた芦ノ湖の主 ・九頭龍権現の御神徳を讃え、水恩に報謝するものとのこと。  (写真 G)

画像

芦ノ湖畔の桃源台から湖尻、箱根園、元箱根と遊歩道を歩いたところで、食事処 箱根家で昼食とした。 ここで今回の箱根湿生花園、仙石原(宿周辺)、芦ノ湖畔 で見られた野鳥を確認(鳥合せ)した。 前回も記載したが、野鳥は カワウ、カルガモ、トビ、キジ、キジバト、アカゲラ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、コルリ、クロツグミ、ヤブサメ、ウグイス、センダイムシクイ、セッカ、キビタキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、イカル、スズメ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス の31種、番外・外来種は コジュケイ、ガビチョウ、ソウシチョウ の3種でした。

食後に元箱根バスターミナルから箱根湯本駅まで行き、小田急特急箱根号で新宿駅に向った。 皆さん、楽しかった「箱根湿生花園の花鑑賞と芦ノ湖畔の探鳥」の旅、どうも有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
かわいい

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の箱根湿生花園、仙石原、芦ノ湖畔の散策で見られた外来鳥は、ガビチョウ、ソウシチョウ、コジュケイで、その数の多さにビックリした。
5月20日付け 朝日新聞夕刊(環境 9面)に、ガビチョウ、ソウシチュウは中国や東南アジアなどに生息、飼い鳥として輸入されたものが野生化した。いずれも特定外来生物に指定されている。また「NPO法人バードリサーチで、外来鳥の観察情報の提供を呼びかけている」旨の記事があった。
takechann
2010/05/20 17:17
こんばんは。
箱根湿生花園、色々な花が咲いていますね。
クロユリは、神秘的な花の色をしていますね。一度出会ってみたいと思っています。四季咲きコマクサ、鮮やかな色の花を咲かせて可愛いですね。
エゾムラサキ、本当にワスレナグサに良く似ていてブルーの花が可愛いです。
淡い色をしたカヤランは、樹木に寄生して可愛い花を咲かせていますね。先日、高尾で見ましたが、小さな花でした(笑)
野鳥も沢山の種類をご覧になられて良い旅でしたね。

2010/05/24 17:59
こんばんは。
箱根湿生花園では、クロユリ、コマクサ、エーデルワイス など、様々な山野草の花を楽しむことができました。お天気があまり好くなかったので芦ノ湖畔から望む富士山は見えませんでしたが、スミレやカヤラン、野鳥などを楽しみました。
高尾山のカヤランは、まだ見たことがありませんでした。宮城県以南の湿り気の多い谷筋に比較的多く見られるとのことで探してみます。セッコクも同じような所にあるのですね。高尾山のセッコクは広く知られていますよね。
タケちゃん
2010/05/25 20:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
箱根湿生花園の花と芦ノ湖畔の探鳥を楽しんで (続) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる