タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 戸隠森林植物園と妙高笹ヶ峰癒しの森を散策して

<<   作成日時 : 2010/07/01 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像戸隠森林植物園と妙高高原を巡る鳥見会に参加した。京成津田沼駅前から小型貸切りバスで最初の目的地である戸隠森林植物園へ 25日 23:00出発、そして 26日 4:30から午前中は戸隠森林植物園、午後は妙高笹ヶ峰癒しの森を散策、その後に赤倉温泉に移動して宿泊した。(6/25〜27)


京成津田沼駅前に 23:00 集合であるが、参加者 10数名全員 時間前に揃ったので 23:00に出発した。

小型貸切りバスは京成津田沼駅前を出て首都高速へ、美女木JCTから東京外環自動車道、大泉JCTから関越自動車道、高坂SAで最初のトイレタイム、藤岡JCTから上信越自動車道に入り 松代PAで 2回目のトイレタイム、信濃町ICから一般道におりて最初の目的地の戸隠森林植物園 (長野県長野市戸隠) に向った。

戸隠森林植物園 駐車場に着いたのは 25日 4:30頃でした。 もう駐車場には バーダーの車が2台ほど駐車して望遠鏡など準備しており、私たちも準備して 4:40 探鳥にスタートした。

画像

戸隠森林植物園の中央入口を入ると右側に森林学習館、館内には戸隠で見られる野鳥や花の情報と自然や生き物についての解説、展示されているとのことだが開館は 9:30 から ( 〜17:00 まで)で そのまま進み、中央広場、みどりが池、その奥には見上げるように尾根が続く 戸隠連山 が見えた。 (写真 A)

まだ 5:00 前だが多くの野鳥の囀りが聞こえる。 みどりが池の周辺 は、まだ薄暗いが ホトトギス、アカハラ、アオジ などの鳴き声と、アオサギ、キセキレイ、カワラヒワ、コムクドリ などを見ることができた。 (写真 B、C)

画像
画像

みどりが池から、戸隠神社奥社参道入口の近く トイレのある入口広場までの間には、ホトトゴス、アカゲラ、アオジ などの鳴き声が (姿は見えない) 聞こえた。 それでも歩道沿いには、薄紅色の花を咲かせる サイハイラン、白い花をつけた ヤマアジサイ、ツルアジサイ、コバイケイ (別名 コバイケイソウ ) などが目についた。

園内の整備された 小川のこみち、水芭蕉のこみち を進むと、ミソサザイ、コルリ、キビタキ の囀りが聞こえ、歩道沿いの湿地にある水芭蕉は既に花の時期を過ぎており、大きな葉だけが目立っていた。

画像

水芭蕉のみち から、モミの木園地、スギの森、トチノキの森 を通って随神門へ移動した。

途中、アカショウビンの鳴き声が聞こえ 近くに多くのカメラマンが集まっていた場所で暫らく待つことにしたが、姿は一瞬見られただけ。 20分ほど待ってみたが出なかったので前進した。 途中で キビタキ、シジュウカラ 、ゴジュウカラ などが見られた。 随神門の参道 の近くでは、ミソサザイ が見られた。 (写真 D、E)

画像

鳴き声と姿を一瞬だけ見た アカショウビン だが、ちょっと先を進んでいた富(hu) さんから 「近くで見られるよ」 と戻ってきて教えてくれたお陰で、姿をよく見ることができた。 感謝 !! (写真 @)  ( 注 : このアカショウビンの写真は、一緒に参加した友人の 正(masa)さんが撮影されたもので、ご好意により貼付させて頂きました。 本当に有難うございました。 )

参考まで、アカショウビン(赤翡翠)の全長は 27.5p、カワセミ(翡翠)は 17 p、ヒヨドリ(鵯)は 27.5p です。 「キョロロロ・・・・・ キョロロロ・・・・・ 」 と早朝や降雨時には日中にも鳴き、雨乞鳥と呼ぶ地方もあるとか。 今日は曇天で、時折り小雨がぱらつくという生憎の天気でしたが、これが幸いしたのかも。

画像

期待していた アカショウビン が見られてほっとした。 だが、まだ廻っていない園内の場所もあるので、さらに鳥を探し周ることにした。 カッコウ、ツツドリ、ホトトギス の鳴き声、サンショウクイ、コルリ、クロツグミ、キビタキ、ヒガラ、キバシリ、アオジ、ニュウナイスズメ などの鳴き声とこれらの一部の姿も見ることができた。 ここ戸隠森林植物園には、これまで 5月から 6月初めに来ていたが今回の 6月下旬になると野鳥の数はだいぶ少ないように思えたが、この時期はこの程度なのか。?

今朝早くから探鳥を始めたので、お腹が空いてきた。 昼食のため戸隠神社中社にある 「手打そば 元祖 岩戸屋」 にバスで移動、まだ11:00 だが早速に食事した。(写真 F)

画像

戸隠神社中社宮前の大鳥居の傍には行列のできる蕎麦屋さんがあり、今日も賑わっていた。(写真 G)
11:50 昼食を済ませたので、次の目的地である 妙高笹ヶ峰癒しの森、赤倉温泉 (新潟県妙高市) へと移動した。 この内容は次回に掲載することとした。

備考 : ご存知のことと思いますが、戸隠山は平安時代のはじめから山岳信仰の霊山として知られ多くの修験者が集まり、その霊験所(戸隠山顕光寺)は、戸隠山三千坊と称せられ隆盛を極め、明治の神仏分離令によって神社になったとのこと。 中社や宝光社には旧宿坊だった家並が多く残っており、今でも旅館や戸隠そばの店として賑わっているとのこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。戸隠のブログを読んでたらコチラのブログに辿り着きました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。羨ましいです
萌音
URL
2014/04/04 05:59
萌音さん 有難うございます。
戸隠では、野鳥から、お蕎麦、風景まで、大いに楽しむことができました。
拙いブログ、写真を見ていただき、うれしいです。
takechann
2014/04/04 10:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
戸隠森林植物園と妙高笹ヶ峰癒しの森を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる