タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 日光山輪王寺大猷院で「家光公御尊像」を拝観して

<<   作成日時 : 2010/07/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像昨日は日光 ・神橋と中禅寺湖畔を散策した。今日は日光二荒山神社中宮祠と、日光山輪王寺大猷院で家光公360年御遠忌と世界遺産登録10周年を記念して特別公開されている「家光公御尊像」を拝観した。 (7/14、15)


宿泊したホテルのすぐ前は中禅寺湖、そして遊覧船発着所(船の駅中禅寺)や展望テラスなども見える。
湖畔にある展望テラスに出てみると夜半の凄い雨も止んで薄日が射して、対岸の歌ヶ浜やその奥の山並みに霧が立ち上り幻想的な風景が広がっていた。
朝食後、ホテルから西に 200mほどの日光二荒山神社中宮祠の境内とその付近を散策した。

 日光二荒山神社中宮祠

ここは中禅寺湖の北岸、男体山山麓に鎮座する神社で、男体山の山頂にある二荒山神社奥宮と日光山内にある二荒山神社本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれているとのこと。 延暦 3(784)年、沙門勝道が山頂をきわめた後、ここに二荒権現を祀る社殿を建てたのが始まりで、祭神は二荒山神社と同じ 大己貴命 ・田心姫命 ・味耜高彦根命(あじすきたか)の3神とのこと。

画像

ホテルから 約〜200m行くと日光二荒山神社中宮祠の鳥居があり、その手前には 「牛石」 があった。 中禅寺湖畔は、明治 5(1872)年まで 「女人禁制 ・牛馬禁制」 の聖域で、その禁を破った牛は牛石に、巫女は巫女石になったといわれる。 「巫女石」は、中禅寺湖入口にある朱塗りの大鳥居の近くにあった。 これは二荒山神社の巫女が、「自分は神に仕える者であるから神罰は下らないであろう」 と稚児(男児)に身を変えて湖畔まで来たところ神罰が下り、石に変えられたとのこと。

境内には重要文化財指定の本殿、唐門、拝殿、浜鳥居と、本殿右側には男体山頂奥宮への登拝門があり、鬱蒼とした樹陰からは キビタキ などの野鳥の囀りが聞こえた。 写真Aには、左から 鳥居、男体山頂奥宮登拝口の石柱、牛石が写っている。  (写真 A)


 日光山輪王寺大猷院

画像日光山輪王寺のHPによると、「 徳川三代将軍 徳川家光公の没後 その廟所 輪王寺大猷院が建立されて以来、家光公の御尊像は本殿の御宮殿内にひっそりと奉安されてきました。 本年(平成 22年)、家光公 360年御遠忌と世界遺産登録10周年を記念して、家光公の御尊像を輪王寺大猷院で御開帳いたします。」 とのこと。

10時30分、中禅寺湖畔のホテルを後にして日光山 輪王寺大猷院に向った。 いろは坂を下り約 20分ほどで日光山 輪王寺大猷院近くの駐車場に着いた。 早速、寺院の案内人による詳しい説明を聞きながらの拝観へ。

入口の「仁王門」から三代将軍徳川家光公が眠る廟所 「奥の院」 へは、石段を登るごとに特徴ある門があるとのこと。 先ずは 「仁王門」で、その左右には 「金剛力士像」 が祀られている。 (写真 B)

仁王門を潜って左に直角に曲がり、石段を上ると 「二天門」 がある。 (写真 @)

画像
画像

画像
画像

二天門は重要文化財、正面左右に 「持国天」、「広目天」 が安置されており、背面左右には 「風神」、「雷神」 が祀られている。 境内には多くの灯籠 (315基)が奉納されており、建物と杉木立に相俟ってとても美しい。(写真 C、D、E、F)

次は 「夜叉門」へ、先祖である家康公の廟所 (東照宮) をしのいではならないという家光公の遺命によって、彩色や彫刻は控え目に造られたというが ・ ・ ・ 豪華、だが落着いた雰囲気が美しい。

画像
画像

画像
画像

重要文化財の「夜叉門」、霊廟への最初の入口 である。 正面、背面の左右柵内に 「毘陀羅」、「阿跋摩羅」、「烏摩勒伽」、「ケン陀羅」 の四夜叉を納め、霊廟の鎮護に当たっているとのこと。 (写真 G、H、I、J)

夜叉門は、欄間、扉の羽目板部分、壁面などに 牡丹唐草彫刻が施されていることから、「牡丹門」とも呼ばれているとのこと。 次は重要文化財の 「唐門」、夜叉門を潜り拝殿の前に大猷院の中心に位置するのがこの唐門とのこと。

続いて国宝の 「拝殿」、大猷院の中心伽藍で 拝殿、相の間、本殿 から構成され、本殿の最奥部 「厨子(御宮殿」の中に今回初公開中の「家光公座像」と「御位牌」が奉安されている。 この本殿は東北(鬼門)、家康公の墓所 東照宮奥社 の鬼門の方角を向いており、建物全体に金箔が多く施され、別名 「金閣殿」 とも呼ばれているとのこと。

画像

約 45分にわたる大猷院の拝観、厳粛な雰囲気と境内の杉木立から カナカナ ・ ・ ・ という ヒグラシ の鳴き声に一層すてきな時間になった。

拝観後 バスに乗り込み昼食休憩の場所へ、約 1時間ほど休憩した後 12時45分 再びバスに乗り込み帰路についた。 日光 I Cから日光宇都宮自動車道、14時に宇都宮 I Cから東北自動車道に入ったがバスの心地いい振動に気持ちよくなり眠気が・・・、気が付くと右側に東京スカイツリーが見えてきた。 (写真 K)

16時30分、昨日(14日)出発したJR総武線千葉駅前大通りにある NTT千葉 ビル前 に無事到着した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日光山輪王寺大猷院で「家光公御尊像」を拝観して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる