タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京港野鳥公園でバードウォッチングを

<<   作成日時 : 2010/08/30 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像埋立地に自然にできた池や草原に野鳥が集まるのを見て地域の人たちが保護運動を行い、出来たのが東京港野鳥公園の前身である大井第七埠頭公園、その後拡張してできたのが現在の東京都立 ・東京港野鳥公園とのこと。今日は、この時季に園内に飛来するシギ・チドリ類などを期待して出掛けた。(8/25)


JR総武線稲毛駅から総武・横須賀線快速電車に乗車した。 朝の通勤 ・通学時間帯とあって混雑のなか新橋駅で京浜東北線に乗り換え浜松町駅へ、さらに東京モノレール線に乗り換えて流通センター駅に向かった。

浜松町駅から約 10分ほどで流通センター駅に到着した。

今日は東京港野鳥公園平日探鳥会、流通センター駅前に 9時30分集合で連日の猛暑からか参加者も少なく 20人以上の団体扱いにはならないようだ。 9時30分駅前をスタート、環状七号線を東側に京浜運河に架かる大和大橋を渡って、さらに高速湾岸線高架下と国道357号線を渡り約 15分ほどで東京港野鳥公園に着いた。

画像
画像

東京港野鳥公園の管理事務所で入園手続きを済ませ入園、最初に田圃や雑木林のある自然生態園と西淡水池を探鳥することにした。

自然生態園では アブラゼミ と クマゼミ が鳴き、水田では シオカラトンボ、イナゴ などが見られた。 野鳥は何が見られたかというと、スズメ と ハシブトガラス だけでした。 西淡水池にある 3号、4号観察小屋からは野鳥の姿はまったく見られなかった。 早々に自然生態園や西淡水池を切り上げて東淡水池と潮入りの池に移動した。 途中の 「いそしぎ橋」 からは、近くの大田市場の大きな建物と、約 1.5q ほど先にある羽田空港に発着する飛行機が大きく見えた。

画像

東淡水池 は、西淡水池 に比べると何倍も広い ヨシ原 と 林 に囲まれた淡水池で、東観察広場からは ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ツバメ などが見られた。 シギ・チドリ類を見るには、やはり 潮入りの池 と移動した。

最初は潮入りの池に面して建つ冷房完備の ネイチャーセンター内から池を観察した。 池の中にある杭に羽を休める多くの カワウ、干潟では コチドリ、ソリハシシギ が見られた。 観察の途中で オオタカ が出現、そのためか?予想していたほどの シギ・チドリ類 が見られなかった。 潮入りの池の 1号、2号観察小屋に移動して観察したが、シギ・チドリ類は前記した コチドリ と ソリハシシギ のみ、だが池畔の樹上で ミサゴ をゆっくり観察できたのはよかった。 (写真 @、A、B、C)

画像

画像

1号、2号観察小屋で探鳥後、再び冷房完備の ネイチャーセンター内 に移動して探鳥、その後 昼食と鳥合せを行った。 今日見られた野鳥は カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、オオタカ、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、ウミネコ、キジバト、ツバメ、ハクセキレイ、シジュウカラ、スズメ、ハシブトガラス の 18種 でした。

暑い一日でしたが、後半は冷房完備のネイチャーセンター内で快適な探鳥と休憩ができたことに感謝したい。

画像
画像

ネイチャーセンターを出ると相変わらずの暑さだ。 いそしぎ橋を渡り管理事務所近くの芝生広場に来ると、樹上で クマゼミ が鳴き、アカボシゴマダラ が樹液を吸っているのが見られた。 (株)山と渓谷社発行の 「山渓フィールドブックスD 蝶 」によると、アカボシゴマダラ の分布は奄美諸島 (奄美大島、徳之島) や 国外では台湾や中国大陸各地とのことだが、温暖化の影響で クマゼミ と同様に此処まで進出してきたのか。? (写真 D、E)

帰りはバスを利用して野鳥公園からJR大森駅まで行く予定だったが、バスがなかなか来ないので朝と同じルートで東京モノレール線流通センター駅からJR浜松町駅に出ることにした。 途中、東京モノレールの車窓からは 京浜運河に係留されている遊漁船、JR浜松町駅近くでは東海道、京浜東北などの各線路 や 高層ビル群 などが見えた。 (写真 F、G)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京港野鳥公園でバードウォッチングを タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる