タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS JR永田駅から小中池公園、昭和の森まで散策して

<<   作成日時 : 2010/10/05 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像JR外房線永田駅から大網白里町にある小中池公園、さらに隣接した千葉市緑区にある昭和の森自然公園まで散策した。 その後、11月3日から開館予定の日本初の写実絵画専門美術館「ホキ美術館」の外観を眺め、さらに近くのイタリアン料理店で自慢の石窯で焼き上げた本格ナポリピッツアを楽しんだ。(9/29)


JR千葉駅 8時53分発の外房線勝浦行に乗車して永田駅に向った。(千葉駅 9時10分発安房鴨川行では、永田駅 9時38分に着きます。)

永田駅に 9時21分到着、駅前を西側に出て南北に通る房総街道を北方向に進み、左側にあるガソリンスタンドの先にある小道に入り、交通量の激しい街道を避けて ゆっくり歩こう。

間もなく、西側 300mほど先にJA山武郡市瑞穂支所、大網白里町立瑞穂小学校が見えてくる。 校門の前を右側に進むと 瑞穂幼稚園、その先に調整池、隣接して テニスコートや広場のある みずほ台センター公園 がある。
調整池 には オオバン、カイツブリ、ハクセキレイ が見られたが、晩秋から冬にかけてどんな野鳥が見られるのだろうか。? 整然と建ち並ぶ住宅街、街路樹も美しく南北に通る大道りを南側に進み、住宅街の外縁を周るように西側へ向った。 (写真 A)
 
画像

斜面林にひっそりと建つ正恩寺、道端には コスモス や ヒガンバナ が咲き、さらに進むと右側に諏訪神社がある。 その先 右側に水田が広がり、左側の溜池には カルガモ 2羽 が泳いでいた。 曲がりくねった道 を進むと 関東ふれあいの道 「昭和の森をたずねるみち」 の標識があった。 この標識に沿って進めば、小中池公園、昭和の森自然公園 へと辿りつく。 (写真 @、B)

画像
画像

「関東ふれあいの道」の標識 には、「熊野神社 2.1q」 、「昭和の森 1.6q」 と記載されていた。 (写真 C)

写真 Bの道を進み、突き当りを左側に行くと切通しになっている。 そこを過ぎると道路?工事中なのか目の前が大きく広がり、その先に小中池公園に通じる真直ぐな道路、両側の水田には アオサギ、ダイサギ、チュウサギ などが見られた。 さらに小中池の堰堤と、その先に広がる昭和の森自然公園の深緑の森が迫ってくるかのように見えた。 (写真 D)

画像

小中池公園は山武郡大網白里町 にあり、小中池を中心に 長い滑り台、季節の花々を植栽した花畑、東屋 などを備えた公園である。 また 小中池は、昭和 22年に農業用の ため池 として築造され、現在も 634haの水田を潤しているとのこと、平成 22年 3月には 農水省の ため池百選 選定委員会 で 「ため池 100選」 に選ばれたとのこと。 (写真 E)

画像
画像

堰堤を上って小中池に着いたのは 11時00分、水面を見ると水位がだいぶ下がっていた。
そのためか?カモ類の姿は見られなかったが、カケスの鳴き声が聞こえた。 毎年 1月頃の探鳥会では、この小中池では オシドリ、他のカモ類、猛禽類 も多く見られるところだ。 ( 備考 : * 2008/01/19 = オシドリ 260羽+、ミサゴ、オオタカ、ノスリ。 * 2009/01/17 = オシドリ 80羽+、ミサゴ。 * 1010/01/16 = オシドリ 420羽+、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ。 何れも他のカモ類、小鳥類は省略。 )

小中池から切通しの急な坂道を上って、隣接する千葉市緑区にある昭和の森自然公園に11時30分ごろ到着した。 海抜 101mの展望台からの眺めは、今通ってきた小中池、その先の平野と、九十九里の方まで見渡せる。
梅林、お花見広場から下夕田(しもんた)池、湿生植物園 (花菖蒲園) へ、池では アオサギ、チュサギ、カルガモ、カワセミ などが見られたが、11月下旬にはもっと多くの野鳥が見られることを期待している。 (写真 F)

画像

12時 第2駐車場前の東屋に到着、昭和の森自然公園はこの程度にして近くにできたという新しい美術館 「ホキ美術館」(緑区あすみが丘東3−15)に、オープンは11月 3日というが外観だけでも見たいと向った。

「ホキ美術館」の建物外観 は大変ユニークなものだ。 (写真 G)
建物をぐるりと周り写真を撮らせてもらったが、特にユニークな部分は皆さんが見てのお楽しみにと貼付しないことにした。 この美術館は、日本初の写実絵画専門美術館とのことで、コレクションは約 300点を所蔵し、常設展示は約 150点とのこと。 11月下旬に展示作品を見にくる予定で、大変楽しみにしている。

画像

「ホキ美術館」から土気駅の方向に少し歩いた所で、素敵なテラス席で食事をしているのを見つけた。 時間も12時20分、昼食にしようかと思っていたので入ることにした。 イタリアン料理店 「トラットリア ボッカ ボーナ ( Trattoria Bocca Buona )」 、房総の旬の食材を積極的に使い、素材の味を生かしたイタリアン料理と天然酵母を使用して石窯を使って焼き上げる本格ナポリピッツァが自慢とのこと。 私も ピッツァ と 生ビール を注文、どれもとても美味しく満足した。 (写真 H)

11月下旬には友人と一緒に来てイタリアン料理とワインを楽しもうと思いながら、13時 ここを後にしてJR土気駅に向った。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JR永田駅から小中池公園、昭和の森まで散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる