タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS ふなばし三番瀬海浜公園と水元公園を散策して

<<   作成日時 : 2010/10/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像船橋市 ・ふなばし三番瀬海浜公園では ミヤコドリ、ハジロコチドリ、ヨーロッパトウネン、オオソリハシシギ などを、東京都 ・水元公園では ノビタキ、クロハラアジサシ、カワセミ、モズ、オナガ などを見ることができた。(10/17、20)


 船橋市 ・ふなばし三番瀬海浜公園 (10/17)

JR総武線船橋駅で下車、駅南口から京成線高架橋を抜けて間もなく 「船橋海浜公園」行のバスに乗車、終点の船橋海浜公園で下車した。

船橋海浜公園 は正式には 「ふなばし三番瀬海浜公園」とのこと。 園内には プール施設、テニスコート、グラウンド、芝生の広場、貸自転車などがある。 終点のバス停から テニスコートやプール施設の間を通って行くと、目の前に広大な干潟 「三番瀬」 が拡がっている。 園内には潮干狩り場もあるが、この時季は潮干狩りもなく ( 開催日が決められており、平成 22年度の潮干狩りは終了している。) 干潟は人影も少なく、代わって多くのシギ・チドリやカモ類が期待できる。

なお、三番瀬 は、浦安市 ・市川市 ・船橋市 ・習志野市の東京湾沿いに拡がる約 1,800haの干潟 ・浅海域。 かって東京湾沿いに拡がっていた干潟 ・浅海域の多くは、戦後の高度経済成長期に埋立てられ工場用地や住宅地に変化した。 残された数少ない この三番瀬や木更津市の小櫃川河口に拡がる盤洲干潟でも、環境の変化から様々な問題が起こっているようだが。

画像
画像

今日(10/17)は、長潮(船橋)、満潮 14:12 、干潮 6:37 ・ 20:11 です。
9時30分 干潟に入ると、様々な シギ・チドリ類 を見ることができ、期待の ミヤコドリ は目の前に 80羽+、東側の防波堤先の貝殻島?に 70羽+、合わせて 150羽+が見られた。 他にも 多くの ウミネコ と、ユリカモメ、セグロカモメ も数羽混じっているのが見られた。 (写真 A)

多くの大型の トリ、いや自衛隊木更津駐屯地から飛んできたと思われる自衛隊ヘリコプターが、数十機の編隊を組んで北西方向へ飛行して行った。 聞く所によると、朝霞駐屯地 (陸上自衛隊朝霞訓練場)で 今月24日に行われる自衛隊の 「観閲式総合予行」 のためとか。

画像

ヘリコプターに驚いたのか?、あるいは猛禽類が現れたのか、多くの ウミネコ が乱舞するのが見られた。 また上空をゆったりと飛翔する タゲリ 1羽、近くで夢中で採餌する オオソリハシシギ も見られた。 12時近く探鳥を切り上げて、鳥合せを行った。 (写真 B、C)

今日見られたのは カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、コガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、オナガガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ミサゴ、チョウゲンボウ、ミヤコドリ、ハジロコチドリ、シロチドリ、メダイチドリ、ダイゼン、タゲリ、ヨーロッパトウネン、トウネン、ハマシギ、オバシギ、ミユビシギ、キアシシギ、オオソリハシシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ウミネコ、キジバト、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、セッカ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 38種でした。 ( 日本野鳥の会 千葉県 三番瀬探鳥会 )


 都立 ・水元公園 (10/20)

画像東京都葛飾区にある 都立 ・水元公園 は、江戸川と中川に挟まれて 大場川と小合溜 (こあいだめ) の南側につくられた都内唯一の水郷の景観をもった公園。 今日はその景観 と ツツドリ、カワセミ、ノビタキ、キビタキ、エゾビタキ などの野鳥を期待して出掛けた。

京成千葉線検見川駅から乗車して京成津田沼駅で京成本線に乗り換え、京成高砂駅へ。

ここで京成金町線に乗り換えようとこれまで乗車していた 4番線へ、ところが 「京成金町行は 5番線から」 との放送があった。 これは去る 7月17日に、成田空港への新路線 ・成田スカイアクセスの開業にともない高砂駅構内の改良工事により京成金町線は新ホームから発着することになったようだ。 高砂駅で京成金町線に乗り換えて、終点の金町駅で下車した。 京成金町駅から約 100mほどのところにJR常磐線金町駅 があり、どちらも利用可能。 京成金町駅前とJR金町駅南口との間にある南口バスターミナルから京成バス戸ヶ崎操車場行に乗車して「大場川」バス停で下車した。

大場川に架かるレンガ造りのアーチ橋の閘門橋を渡り、「水元かわせみの里」側 の水元公園入口から入った。 見事なケヤキの巨樹がある入口から入ると、間もなく「水元かわせみの里」。 館内には ”水辺のふれあいルーム”があり、小合溜の生き物が展示や園内の自然情報 (鳥情報も)などが聞ける相談コーナーがあるが、今日の鳥情報は、クロハラアジサシ、キビタキ、エゾビタキ などが出現しているとのこと。

画像
画像

「かわせみの里」 を出てまもなく ポプラ並木 、小合溜 の水面に映って美しい景色だ。 近くでは、カイツブリ、カワセミ、オナガ などが見られた。 (写真 D、I)

鳥情報により出現しているという場所に行ったが、見つけることができなかった。
これまで毎年通っていた小合溜沿いを、水元大橋 方向へと向った。 途中で楕円体の赤い果実の ハナミズキ や、半円形の赤い果実(袋果)と袋果が裂けて中から黒い種子が覗いている ゴンズイ が見られた。 ( 写真 E、F)

画像

メタセコイアの森を通り水辺ゾーンへ。 ここでは例年 ツツドリ が見られる場所というが、今年は残念ながら見ることができなかった。 ここから少し行った所で期待していた ノビタキ と、モズ を見ることができたが、キビタキ、エゾビタキ などは見られなかった。 次に小合溜沿いにある涼亭前で、湖面の中ほどにある杭の上で羽を休めている クロハラアジサシ を見つけることができた。 (写真 @、G、H)

画像
画像

噴水広場から 水元大橋へ移動し、小合溜に飛来している ヒドリガモ 80羽+ を見ることができた。 噴水広場に戻り鳥合せを行い、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、クロハラアジサシ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ノビタキ、セッカ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 26種を確認することができた。 ( 日本野鳥の会 千葉県 水元公園平日探鳥会 )

ノビタキ、クロハラアジサシ、モズ、オナガ の写真 @、G、H、I は、一緒に探鳥会に参加した友人の正(masa)さんが撮影されたもので、ご好意により貼付させて頂きました。 誠に有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ふなばし三番瀬海浜公園と水元公園を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる