タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉市動物公園の鳥類と北印旛沼の野鳥を探して

<<   作成日時 : 2010/11/02 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像暫らくぶりの千葉市動物公園、今回はここで飼育されている鳥類を探そうと、鳥類 ・水系ゾーンや各ゾーンを巡った。翌日は北印旛沼探鳥会に参加して、10月半ばを過ぎた時期に飛来する野鳥を探した。 (10/23、24)


 千葉市動物公園 (10/23)

JR総武線千葉駅で下車、東口を出て千葉都市モノレールに乗り換えて動物公園駅に向った。( 動物公園行または千城台行に乗車、動物公園駅で下車。 )

千葉都市モノレールは、懸垂方式で通常は 2両編成車両、千葉駅を出ると左下に千葉公園の綿打池、まもなく千葉公園駅、続いて 作草部駅、 ・ ・ (略) ・ ・ 、スポーツセンター駅を過ぎると右側に県営野球場、左側に今年開催された千葉国体 2010 で陸上競技や総合閉会式が行なわれた千葉県総合スポーツセンター陸上競技場が見えてくる。 ここから大きく右にカーブして動物公園駅に到着。

動物公園駅の改札口を出ると、動物公園の正門まで約 100mほどの連絡橋で繋がっている。 早速、正門を入り右側に緩やかな坂を下って行くと 大池。 ここには野鳥観察所もあり、カワセミやカモ類が池に飛来するとのことだが、今日は カルガモ が 10羽ほど、他の種類のカモやカワセミなどは見られなかった。 (写真 A)

画像

期待の 「鳥類 ・水系ゾーン」 へ。 ここでは、コウノトリ目の身動きせずにじっと佇む ハシビロコウ が見られた。 この他に見られたのは、ガンカモ目 : シジュウカラガン、ハワイガン、ベニバシガモ など。 ワシタカ目 : オジロワシ、エジプトハゲワシ、イヌワシ、ヘビクイワシ。 ツル目 : タンチョウ。 フクロウ目 : カラフトフクロウ。 キジ目 : (略) など。 (写真 @)

続いて 「草原ゾーン」 へ。 ここには園内の放飼場から逃げ出し数日後に捕まえられ戻ったことで話題になった コウノトリ目の アフリカハゲコウ がいた。 この他には各種フラミンゴ、ナベコウ などが見られた。 (写真 B)

画像
画像

次は 「家畜の原種ゾーン」 へ。 ここには サカツラガン、キバシロハイイロガン が見られた。 (写真 C)

「モンキーゾーン」、「小動物ゾーン」 には、鳥類は見られなかった。 「動物科学館」 の バードホール (鳥ゲージ) では、クビワコガモ が見られたが、毎回見られる オニオオハシ、コウライウグイス などは見られなかった。 なお、千葉市動物公園のHPによると、飼育されている鳥類数は 71種、303点 (2010年9月末現在) とのことだが、今日は何種見られたのだろうか。

帰りも千葉都市モノレールを利用して、動物公園駅から千葉駅を通り越して千葉みなと駅へ向った。 千葉県立美術館で開催されている第 62回 県展 ( 前期 洋画 ・彫刻 ・工芸 10/16〜24、後期 日本画 ・彫刻 ・書道 10/28〜11/07 ) を鑑賞してから帰宅することにした。


 北印旛沼探鳥会 (10/24)

画像甚兵衛公園から甚兵衛広沼畔を通り北印旛沼畔へ、そこに飛来する カモ類とその他の野鳥を探した。

京成本線 公津の杜駅前から 8時28分発の成田市コミュニティバスに乗車、終点の「甚兵衛渡し」バス停で下車した。
バス停の前には、渡し守の甚兵衛が禁を破って対岸の吉高まで佐倉惣五郎 (佐倉領民が重税に苦しんでいるのを救うため将軍家綱に直訴した ) を送った渡し場といわれており、近くには甚兵衛公園が整備されている。
園内には、「日本の名松百選」 にも選ばれた樹齢 300年を越える松林、甚兵衛供養塔、水神宮、満開の コスモス畑 もあった。 (写真 D)

今日は日本野鳥の会 千葉県が開催する北印旛沼探鳥会。 集合場所と時間は甚兵衛公園に 9時30分、幹事から探鳥コースや注意事項などの説明があった後、9時40分スタートした。

先ずは、甚兵衛公園から水路沿いを進み甚兵衛広沼畔に出た。 途中の水田や水路では ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、カワラヒワ、ムクドリ などが見られた。 甚兵衛広沼畔に出ると カイツブリ、カルガモ、コガモ、バン、さらに 猛禽類の トビ、ノスリ、チュウヒ が多く見られた。

画像

このあと成田新高速鉄道の高架下をくぐり、さらに甚兵衛大橋の近く成田空港まで 19qの標識のある国道464号線を横切り、大きく拡がる北印旛沼の畔に出た。 湖面では、ご夫婦で漁をしている小舟 が見られ、カモ類などは ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ミサゴ、ユリカモメ が見られた。 (写真 E、G)

前記した 成田新高速鉄道 は ルート愛称を 「成田スカイアクセス」 といい、今年 7月17日開業した。
京成日暮里駅〜空港第 2ビル駅間を最速 36分で結ぶ新型スカイライナーや、アクセス特急などが頻繁に走行しているのが見られた。 (写真 F)

画像
画像

もう正午、北印旛沼畔で鳥合せを行った。 カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チュウヒ、キジ、オオバン、ユリカモメ、キジバト、カワセミ、ヒバリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 36種でした。( 日本野鳥の会 千葉県 北印旛沼探鳥会 )

帰りも、「甚兵衛渡し」バス停から 12時20分発の成田市コミュニティバスに乗車、終点の「成田市役所」まで向った。 バスは 「船形」、「台方」、「下方」 と田園の中を通り、「宗吾霊堂」、「公津の杜」、「日赤病院」を回り、約 40分ほどかけて 「成田市役所」前に到着した。 バス停の「成田市役所」からは、近くにある長いエスカレーターで上ると京成成田駅の改札口前、今日はJR成田駅から乗車して帰宅することにした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉市動物公園の鳥類と北印旛沼の野鳥を探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる