タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 里山散策会 「秋風とともに 〜 パートU」 に参加して

<<   作成日時 : 2010/11/06 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像印西ウエットランドガイドが開催する里山散策会 「秋風とともに 〜 パートU」 に参加した。秋の野草や野鳥、昆虫を観察しながら、聖武天皇の第三皇女松虫姫の伝説の地 ・印西市松虫地区の松虫寺、松虫姫神社 などを巡り、さらに社会福祉法人 いんば学舎 ・松虫を訪ねて活動の様子と施設を見学させていただいた。(10/27)


「北総(印西市中心)の里山を回り、野鳥や昆虫などを観察しながら環境を考える」 という 印西ウエットランドガイド が開催する里山散策会があるというので、友人 4人と参加した。
集合は北総線印旛日本医大駅前に 9時30分、電車とバスを乗り継いで駅前に着いたのが 9時15分頃、すでに 4〜50人が集まっており大盛況である。

先ず最初に目を惹いたのは、メルヘンな世界を思い起こさせるような 印旛日本医大駅舎。 この駅には 「松虫姫」 という 副駅名 が付与されており、また 2000(平成 12)年には 「森の中の駅舎をイメージして造られ、駅構内無段差化などバリアフリーに配慮された斬新な駅」 として 「関東の駅 百選」 にも選定されている。 (写真 A)

画像

参考まで 「関東の駅 百選」 とは、1872(明治 5)年10月14日 日本で初めて新橋〜横浜(現在の桜木町駅)駅間に鉄道が開通した日を記念して、1994(平成 6)年より10月14日を 「鉄道の日」 として定めた。 その関連行事として、運輸省(現 国土交通省)関東運輸局が行った「鉄道の日・駅百選」事業により選定された駅をいう。

特色のある * 駅舎の保存価値が高く記念碑や名所旧跡などがあり歴史を物語る駅、 * 近代的な駅施設で便利で人に優しい駅、 * 図書館、ホール、温泉等公共的施設を備えた多目的な駅、 * ユニークなデザインの駅などが、1997(平成 9)年より 2000(平成12)年にかけて、各年 24〜26駅選定された。 ( 関東運輸局 HP を参照しました。 )

画像

駅前で散策会のコースと注意事項などの説明があった後、9時45分スタートした。

最初に駅南口に出て、今年 7月17日 北総線印旛日本医大駅から成田空港まで延伸され開通した成田スカイアクセス(成田空港線)の南沿いを東に進み、地元に伝わる松虫姫伝説に登場する 牛むぐりの池 のあったという場所へ。
現在は、親水広場やイベント広場のある松虫姫公園 に整備されており、園内には 鈴木典生 作 「印旛の地と松虫姫伝説」 と題した第三回 *印旛村野外芸術展の 大賞作品 があった。( *注 : 平成22年3月23日 印西市 ・印旛村 ・本埜村が合併、新しい印西市となった。) (写真 B)

画像
画像

松虫姫公園を出て緩やかな坂を下って松虫川沿いの斜面林縁を進むと、シラカシ・コナラ などのドングリ、アケビ、ガマズミ などが見られ一層の秋意が感じられた。 さらに行くと夜間に イノシシが出没 するという証拠の獣道や泥濘に残した爪跡などが見られ、食害で今秋の稲刈りができなかったという 水田 も見ることができた。 (写真 C)

松虫川沿いをさらに進むと、成田スカイアクセス の高架線路が並行に通っており、時折り アクセス特急や時速 160qで疾走する新型スカイライナーが見られた。 スカイアクセスの高架を潜り、北に約 10分ほど行くと 松虫寺、松虫姫神社 の前に出た。 (写真 D、@)

画像
画像

松虫寺の岩井住職さんから、「印旛地方でも屈指の古刹で、北総地域に伝播した仏教文化の中心をなす大寺」 だったことなど伝承(伝説)の多い松虫寺の寺伝を詳しく、さらに住職の青春時代の印旛沼や松虫周辺の場景までもお話を聞く事ができた。 さらに保存庫の瑠璃光殿に奉安されている 本尊 ・七仏薬師如来 (国指定重要文化財)も拝観させて頂いた。 (写真 E)

松虫寺は 745(天平 17)年 高僧 行基の開創とされ、境内には、1718(享保 3)年改築の 朱塗りの仁王門、薬師堂、聖武天皇の第三皇女 ・ 松虫姫の伝承ゆかりの松虫皇女廟、姫が都から養蚕技術を伝えたとされ養蚕の神として信仰されている松虫姫神社もあった。 (写真 F)

画像

松虫寺から 社会福祉法人 いんば学舎 松虫 までは、10分ほどで到着した。 いんば学舎の施設長さんから、学舎の概要 ・メンバー (施設で働く仲間をメンバーと呼んでいる) の活動の様子などを聞いた。 その後、散策会の参加者を 2班に分けて機織りの部屋や鶏舎などを見学、色彩に富んだ見事な出来ばえの織物やエメラルドグリーンの卵を産むという鶏などを見せていただいた。 (写真 G)

散策コースで観察された野草、野鳥、昆虫 は、次の通り。 【野草】 ガガイモ、アメリカセンダングサ、オギ、ススキ、ヒヨドリジョウゴ、ヒガンバナ、アキノタムラソウ、ツリガネニンジン、オトコエシ、シロバナサクラタデ、サクラタデ、ノハラアザミ、ナンテンハギ、ヒヨドリバナ 。 【野鳥】 トビ、キジバト、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、モズ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス 。 【昆虫】 ヒメアカタテハ、ウラギンシジミ、トノサマバッタ、ツチイナゴ、ノシメトンボ、アキアカネ、マイコアカネ、キチョウ 。

注 : 1) 観察された野草、野鳥、昆虫の上記 リストは、印西ウエットランドガイドを主宰する阿部氏から教えて頂きました。 2) 松虫寺、松虫姫 などについては、印西ウエットランドガイド 作成の 「里山散策会 」配布資料、および 北総鉄道発行の 「ほくそう ’10 秋」 などを参照させて頂きました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
里山散策会 「秋風とともに 〜 パートU」 に参加して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる