タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣は検見川神社、事始めは本埜・白鳥の郷で鳥見を

<<   作成日時 : 2011/01/06 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

画像新年あけまして おめでとうございます。
2011年の元旦は穏やかに明け、初日の出を拝み、初詣は検見川神社へ。 2日の事始めには、本埜白鳥の郷で鳥見を行った。 (1/01、02)


 初詣は検見川神社へ (1/01)

2011年の元旦は穏やかに晴れ上がり、南南東から昇る初日の出を自宅のベランダから 6時55分頃 拝むことができた。

千葉市では、1月1日の日出は 6時49分、日入は 16時37分。 千葉県で 初日の出が眺められる所として有名なのは、千葉ポートタワー(千葉市)、地球の丸く見える丘展望館(銚子市)、銚子ポートタワー、清澄寺(鴨川市)、片貝中央海岸(九十九里町)、鋸山山頂(富津市)など ( 12月31日付け 朝日新聞(朝刊) ちば首都圏版 参照しました。 ) がある。

初詣では、毎年出掛けている検見川神社 (千葉市花見川区) へ。
晴れて風もなく初詣には最高、検見川神社 ( 写真 @、A、B) は 多くの参拝する人で混雑していた。 私は 「 今年も健康で散歩道を歩き続けられますように そして 良い年でありますように 」 とお祈りした。 境内では温かい甘酒もあったが、例年通りに 破魔矢 ( 写真 C) を頂いた。

画像
画像

検見川神社の創祀は およそ 1200年前、平安時代の第 56代清和天皇の代にまで遡るとのこと。
全国でも大変珍しいといわれる本殿が三殿 ( 東神殿、中神殿、西神殿 ) あり、御祭神は宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) 、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと) の三柱の神 ( 総称して検見川大明神 ) が祀られております。

画像

千葉県には、多くの参詣人を集めている 成田山新勝寺、香取神宮 や、近い所では 千葉神社、稲毛浅間神社、千葉寺 (せんようじ) などがある。 千葉市中央区にある千葉寺では、江戸時代を中心に奇習 「千葉笑い」 が行われていたとのことで 「農民らが大晦日の夜、寺の境内でお面をかぶったり、ほおかぶりをしたりして、普段は言えない不満や悪口を言い合い、笑って新年を迎えた。」 とのこと。( 12月31日付け 朝日新聞(朝刊) ちば首都圏版 参照しました。 )

この奇習「千葉笑い」が、昨年 4月に千葉寺周辺の住民が中心になって復活させようと準備を進め、大晦日の 31日夜に千葉寺境内で当時の様子を再現したとのこと。 朝日新聞千葉版 で形を変えて復活させたのが水曜日 に掲載している 「千葉笑い」 とのことで、読者から投稿されたユーモアと笑い、風刺の利いた狂歌、どどいつ、川柳 などがあり、毎週 楽しみにしている。



画像 事始めに本埜白鳥の郷で鳥見 (1/02)

元日に続き今日も穏やかな天気に恵まれたので、印西市笠神 ( 旧 印旛郡本埜村笠神 ) の本埜・白鳥の郷で コハクチョウ を見ようと出掛けることにした。

11時頃に自宅を出て間もなく京葉道 ・東関道 宮野木JCT近くを通ると、すでに高速道路の上り車線は渋滞が始っているようだ。

こちら一般道は大丈夫のようで、しばらく走って千葉北署前から国道16号線へ。 花見川の上流 新川(印旛沼水路)に架かる八千代橋を通り、さらに進み小室交差点から北総線沿いの国道464号線に入り、北総浄水場から左折して本埜 ・白鳥の郷へ向った。

画像
画像

自宅を出てから約 1時間20分ほどで 本埜 ・ 白鳥の郷 に着いた。

水田が大きく拡がる中に、何枚かの水田に水が張ってあり、ここに コハクチョウ (写真 D、E、F)オナガガモ (写真 G) が多く見られた。 水田の近くにある仮設の詰所には 「現在の白鳥の数 493羽 」 という表示プレートがあった。 オナガガモ は、500羽以上はいたように思われ、さらに オオハクチョウ、アメリカコハクチョウ がそれぞれ 1〜2羽ほど混じっているようだ。

画像

ここ 「本埜 ・ 白鳥の郷」 は、平成 4年11月14日に印旛沼上空を飛ぶ 6羽の白鳥が確認され、その後 水の張られた水田で再び 白鳥の姿を見つけたのが始りで、水田地主の協力を得て約 3ヶ月間 餌を与え続け現在に至っているとのこと。 そして 平成 4年 6羽、平成 5年 12羽、平成 6年 23羽 と次第に増えてきて、平成 10年 125羽、平成 12年 271羽、平成 14年 357羽、平成 16年 540羽 となり、平成 18年には 1,300羽 まで達したとのこと。( 旧本埜村のHPを参照しました。 )

画像
画像

その後のデータは調べていないが、最近はだいぶ少なくなっている様だ。 今シーズンは、昨年 11月10日に 6羽が飛来したのが最初で、今回 は 493羽で これからもっと増えてくるのかどうかは不明だ。? 穏やかな天気に恵まれた今日は、白鳥見物 ( 写真 H、I) に私たちも含めて 2〜30人の方が訪れていた。

時折り コハクチョウ の 5〜10羽ほどの群が飛翔する光景はとても美しく、約 40分ほど楽しむことができた。 帰りは、北総線千葉ニュータウン中央駅近くに新規開店したと思われる餃子やラーメンなどを出す「王 * 」で昼食、正月ということもあってか混雑していた。

( 注 : 平成22年3月23日 印西市 ・印旛村 ・本埜村が合併、新しい印西市となった。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今年も本埜村に白鳥が飛来していますね。
水面に浮かんでいる白鳥の姿は綺麗です。
以前に行きましたが、すぐ近くまで餌を求めて来る白鳥は綺麗でした。
自然の中にいる白鳥、なかなか見られませんので感激したことを覚えています。のどかな水田風景の中に、沢山のオナガガモ、白鳥・・。
白鳥が並んで飛ぶ様子は綺麗ですね〜。
お昼頃にご覧になったのでしょうか、沢山の白鳥を撮られていますね。
以前、お昼頃に行った時は2〜3羽だけでした。
画像を拡大して見せていただきましたが、大きな画像で迫力がありますね。

2011/01/10 22:10
こんにちは。
青空をバックに群れで飛ぶ白鳥を間近で見ると、とても力強く・とても優雅で素晴らしいものですね、そして水面に着水する姿も ・ ・ 。新春の風物詩として楽しませていただきました。
その舞台裏には、水田に水を張ったり、餌を与えたり、案内したりなどと精を出されている人々のことも ・ ・ 、感謝です。 有難うございます。
タケちゃん
2011/01/12 14:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初詣は検見川神社、事始めは本埜・白鳥の郷で鳥見を タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる