タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS はとバス定期観光 「東京半日コース」 を楽しんで

<<   作成日時 : 2011/03/07 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

画像はとバス定期観光 「東京半日コース」 に乗車して、皇居前では 二重橋と楠木正成像を見て、浅草では 浅草観音と仲見世と自由散策を、そして東京タワーでは 地上 150mの大展望台から 360度のパノラマを楽しんだ。 (2/26)


友人 10数人でつくるグループ 「○◎会」 では、毎年この時季に 「浅草界隈の散策と浅草演芸ホールで落語や漫才などを楽しむ会」を開催している。
今年は趣を変えて、はとバス定期観光 「東京半日コース」 を楽しむことになった。

今回の催しには グループの約 半数が参加、集合場所の 東京駅丸の内南口はとバスのりばに 9時40分までに集合し、10時発の「東京半日コース」に乗車する。 参加者の全員が定刻通りに集合して乗車した。
「東京半日コース」 は、皇居前広場 (二重橋前、楠木正成像)、浅草観音と仲見世 (自由散策)、東京タワー大展望台 (地上 150mから東京の景色を一望) を巡るとのこと。


 皇居前広場 ( 二重橋前、楠木正成像 )

はとバス東京駅丸の内南口のりば は、現在 保存 ・復元工事中の東京駅丸の内駅舎に近く、さらにその前には高層ビルに改築 ・補修工事中の東京中央郵便局がある。 定期観光バス「東京半日コース」 は、定刻 10時に発車して最初の見学場所である二重橋前に向った。

画像

バスは名に負う 丸の内オフィスビル街 を抜けて、クロマツが整然と植栽された芝生と玉砂利が敷かれた広場 皇居外苑 ・皇居前広場へ。

一旦 バスを降りて、玉砂利を踏んで富士見櫓を見ながら二重橋前へ。 何十年ぶりかの 二重橋 (写真 @)、お濠の水面と青空と松の緑に映えてとても美しい。 皇居前広場側から見て石で造られた手前の橋が正門石橋、鉄で造られた奥の橋が正門鉄橋、二重橋 とは本来は奥の 正門鉄橋 の呼称とのこと。 二重橋の名前の由来は、江戸時代の 1614年に木造で架けられた橋が二重構造になっていたからとのこと。

お濠には コブハクチョウ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ユリカモメ などが見られ、皇居外苑 ・皇居前広場には ツグミ、ハクセキレイ などが見られた。

画像

続いて、内堀通りを横断して 楠木正成像 へ。 ここには 「売店くすのき」 や 休憩スポットである 「楠公レストハウス」 がある。 楠木正成像 (写真 A) は、住友家が別子銅山開坑 200年記念事業として東京美術学校(現 ・東京芸大)に製作を依頼して、高村光雲 ・山田鬼斎 ・岡崎雪聲 などにより 10年を費やして完成したといわれ、宮内庁に献納された。 上野公園の西郷隆盛像、靖国神社の大村益次郎像と並び、「東京の三大銅像」といわれている。


 浅草観音と仲見世 (自由散策)

楠公レストハウスの近くに駐車していた バスに乗り込み、次の見学場所である浅草 ( 「浅草観音と仲見世 (自由散策) 」 ) へ。

バスは、東京駅中央口前、丸の内一丁目、日本橋 兜町、浅草橋、そして 「創業 210年 駒形 どぜう」 の看板が掲げられたお店の前( 駒形二丁目 ) を過ぎ、並木通りから雷門の前で右折して浅草一丁目一番一号の神谷バー前を通ると、吾妻橋の方向に 東京スカイツリー (写真 B) が見えた。
馬道通りから、はとバス浅草寺裏駐車場へ 11時20分に到着した。 1時間30分で浅草観音と仲見世を巡り、さらに昼食と散策を楽しむことにした。

画像
画像

浅草寺本堂の「平成本堂大営繕」 (平成 21年2月 から 平成 22年11月末日予定) も予定通り済んで、本堂正面に掛けられていた営繕用の金龍が描かれた幕も外されていた。 浅草寺 (写真 C) は本尊の観音像を祀るため 観音堂 とも呼ばれており、本堂を参拝してから浅草界隈の散策へと出掛けた。

先ずは昼食、幼少時代 浅草に住んでいたという メンバーの案内で手打そば屋へ。 ここでは十和田湖周辺の特選南部そば粉を使用しているとのことで、そばの風味を楽しむことができた。 食後に浅草界隈を散策、浅草公会堂入り口にある有名人 200人ほどの手形が並んでいる 「スターの広場」 (写真 D) も見ることができた。


 東京タワー大展望台 ( 地上 150mから東京の景色を一望 )

画像

浅草観音、仲見世、浅草界隈を散策した後、はとバス浅草寺裏駐車場から 12時50分、次の見学場所 東京タワー に向けて出発した。

首都高速 入谷 から入り、宝町 で昭和通りに出た。 間もなく目の前に新橋演舞場、右折して晴海通りを銀座四丁目交差点方向に進むと右側に歌舞伎座、現在は あの桃山様式の建物は取り壊されて 2013年春完成予定を目指して新築工事中だ。 さらに 桜田門を右側に見て、国会議事堂、霞ヶ関 ・虎ノ門の官庁街を見ながら進み、13時30分 東京タワー (写真 E) に到着した。

画像
画像

早速、地上 150mの大展望台から東京の 360度の景色を楽しむことができた。

南方向には、増上寺、お台場方面 (レインボーブリッジ、フジテレビ) (写真 F、G)、羽田(東京国際)空港、品川 ・横浜方面。 東方向には、世界貿易センタービル、浜離宮、汐留 ・築地 ・銀座方面、上野 ・浅草方面。 北方向には、皇居 ・国会議事堂、赤坂御所、新宿御苑、新宿副都心。 西方向には、六本木ビル、渋谷方面、富士山などが見ることができる。 また、高さ 145mから下が覗けるガラス張りの ルックダウンウィンドウ があり、足元が縮む迫力の眺めだ。 1時間の見学時間もあっという間に終わり、14時50分東京タワーを後にして出発地点の はとバス東京駅丸の内南口のりば に 15時10分到着、「東京半日コース」 を終了した。

その後、もう一つの楽しみは会食、東京駅八重洲口近くのお店へ。 今回も一日存分に楽しむことができました。 
また来年もよろしくお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はとバス定期観光 「東京半日コース」 を楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる