タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 多摩森林科学園のサクラ保存林を見学して

<<   作成日時 : 2011/05/01 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

画像東京 ・八王子市にある 独立行政法人 森林総合研究所 多摩森林科学園 には、250種類 1,500本ほどのサクラがある「サクラ保存林」が公開されている。 この時季には どんなサクラが咲いているのか出掛けることにした。 (4/21)


独立行政法人 森林総合研究所は、明治 38(1905)年 東京 ・目黒に設立された農商務省山林局林業試験所が母体で 100年を超える歴史を刻んでおり、森林 ・林業 ・木材産業の日本唯一の国立研究所として多くの成果を上げてきたとのこと。

また、森林総合研究所の本所は茨城県つくば市に、他に支所が 5箇所、育種場などが 5箇所ある。
東京 ・八王子市廿里(とどり)町にある森林総合研究所 多摩森林科学園は、森林環境教育の場における動植物の多様性保全 ・生態系の役割解明のための研究が本来の目的、園内には市民への所内の研究成果を公開 ・展示する「森の科学館」、他に「サクラ保存林」、「樹木園」の一部 を公開しているとのこと。 今日は 「サクラ保存林」 を見学することにした。

画像
画像

JR総武線本八幡駅で下車して都営地下鉄新宿線本八幡駅から京王線直通快速電車に乗り換え、京王高尾駅に向った。 京王線改札口を経由して北側にあるJR高尾駅改札口から出た。 JR高尾駅の駅舎は、大社線大社駅を設計した曽田甚蔵による社寺風デザイン、大正天皇の大喪列車始発駅として新宿御苑に設置された仮設駅舎を移築したものといわれ独特の雰囲気が感じられた。

JR高尾駅改札口を出て国道20号線を横切り真直ぐ延びた道を行くと淺川に架かる敷島橋、この橋を渡ると街路樹に様々な種類のサクラが名札を付けて植栽されていた。 約 10数種類を確認したが、咲いていたのは数種類、他はもう葉桜になっていた。 緩い坂道を上りきると多摩森林科学園、約 10分ほどで到着した。

画像
画像

開園は 9時 ( 5〜3月は 9時30分開園 )、入園料は 4月は 400円、5〜3月は300円とのこと。
「見学のしおり」 と 「主なサクラの開花時期」 というリーフレットを受け取り入園した。 「サクラ保存林」まで行く途中では、キランソウ、ヤマルリソウ、タチツボスミレ、ムラサキケマン などの花を見ることができた。

「サクラ保存林」 の入口には係員がいて、左側から廻るようにと指示されて「夫婦坂」から「仲通り」へと進んだ。
サクラの写真については、様々な整理の仕方 ( 例えば : 多摩森林科学園 発行のリーフレットによると、早咲きのサクラ、遅咲きのサクラ、花の色、花弁の多いサクラ、花の大きいサクラ、花の小さいサクラ、匂いのあるサクラ、美人のサクラ、変りだねのサクラ など ) があると思いますが、ここでは 見た(撮影した)順番に記載することにした。

画像
画像

松月(ショウゲツ)、楊貴妃(ヨウキヒ)、福禄寿(フクロクジュ) (写真 A)、大提灯(オオジョウチン) (写真 B)、白妙(シロタエ)、白雪(シラユキ)、上匂(ジョウニオイ)、薄墨(ウスズミ)、類嵐(タグイアラシ)、鬱金(ウコン)、吉祥寺(キチジョウジ)、千里香(センリコウ)、兼六園菊桜(ケンロクエンキクザクラ) (写真 C)、佐野桜(サノザクラ)、霞桜(カスミザクラ)

画像
画像

浪速桜(ナニワザクラ)、太白(タイハク)、高台寺(コウダイジ)、矢岳紫(ヤダケムラサキ)、駒繋(コマツナギ)、有明(アリアケ)、関山(カンザン)、駿河台匂(スルガダイニオイ)、帆立(ホタテ)、従二八重桜(ジュウニヤエザクラ)、市原虎の尾(イチハラトラノオ) (写真 D)、御車返し(ミクルマガエシ)、糸括(イトククリ) (写真 E)、衣笠(キヌガサ)、緑桜(ミドリザクラ)

画像
画像

衣通姫(ソトオリヒメ)、大沢桜(オオサワザクラ)、松前更紗(マツマエサラサ) (写真 F)、朱雀(スザク)、水玉桜(ミズタマザクラ)、薄毛大島(ウスゲオオシマ)、薄重大島(ウスガサネオオシマ)、山桜(ヤマザクラ)、白山旗桜(ハクサンハタザクラ) (写真 G)、思川(オモイガワ)、雛菊桜(ヒナギクザクラ)、八重紅虎の尾(ヤエベニトラノオ)、飴玉桜(アメダマザクラ)、祇王寺祇女桜(ギオウジギジョザクラ) (写真 H)、新墨染(シンスミゾメ)

画像

御殿匂(ゴテンニオイ) (写真 I)、手弱女(タオヤメ) (写真 J)、兼六園熊谷(ケンロクエンクマガイ) など、 48種類ほどの美しい サクラ を楽しむことができた。

「昭和林道」と「釣舟草通り」が交差する所にはベンチのある休憩所があり、ここで一休み。
ここから見る 「釣舟草通り」の景色 (写真 @、K) は、いい眺めでした。 今回は、案内板 Jから Iまでの「昭和林道」、案内板 Iから Hまでの「遠見通り」や「柳沢林道」にも様々なサクラがあるようだが、時間がなく廻ることができなかった。 だが充分に楽しむことができたし 遅咲きのサクラ もまだまだ楽しめるようなので、またの機会を楽しみにすることにしよう。
サクラの他にも、野鳥や山野草を楽しむことができたが、今回はサクラの写真だけを掲載することにした。 皆さん、誠に有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多摩森林科学園、毎年大勢の方が桜の花を楽しみにしていますね。
花曇りのようでしたが、沢山の桜の花をご覧になられて良かったですね。春になると友人と必ず1回は行きます(笑)
友人と15日に行きましたが、今年は少し開花が遅いようでした。
細い道は大勢の人で、前を歩いている人の足を踏みそうでした(笑)
山々が淡い若草色、桜の花の淡いピンクに染まる様子は綺麗です。
多摩森林科学園の桜の花を楽しんでいただけて嬉しいです♪

2011/05/09 16:32
お早うございます。
多摩森林科学園のサクラ保存林は、とても素晴らしいところですね。サクラ、スミレ、他の樹木や草花も楽しめて、それにちょっとした登山気分も味わえて、私の大好きな場所のひとつです。
先日(4/21)見たサクラの写真(ちょっとピンボケですが ・笑・)は、ウエブリアルバムに掲載しておきました。楽しんでいただければ嬉しいです。
有難うございます。
タケちゃん
2011/05/10 07:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
多摩森林科学園のサクラ保存林を見学して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる