タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 北の丸公園、皇居東御苑などを散策して

<<   作成日時 : 2011/05/16 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像好い天気に誘われ、桜が満開の北の丸公園と皇居東御苑を散策、さらに近衛師団司令部庁舎として建てられた建物に開館した東京国立近代美術館工芸館で展示されているガラス作家の高橋禎彦展と同時開催の所蔵作品展を鑑賞した。 (4/14)


JR総武線西船橋駅で東京メトロ東西線に乗換え、九段下駅で下車した。
地下改札口から地上に出ると、近くには 昭和館 〜戦中 ・戦後の国民生活上の歴史的資料 ・情報を収集、保存、展示している国立の施設〜 を左に見て靖国神社方向へ緩やかな坂道を進み、北の丸公園入口の田安門に向った。

左側には、今回の大震災で大きな被害のあった 九段会館 (写真 A) がお濠の先に見えた。 間もなく田安門、この付近は桜が見頃、その先の日本武道館、近衛歩兵第一連隊跡、北の丸休憩所を左に見ながら南側へ進み、東屋や滝のある園内を通り東京国立近代美術館工芸館に向った。

東京国立近代美術館工芸館の建物 (写真 @) は赤レンガ造りで、1910年 陸軍技師 田村 鎮の設計により近衛師団司令部庁舎として建てられたものを修復して 1977年11月に工芸館として開館。 館内には、明治以降から今日までの国内外の工芸作品 〜 染織・陶磁器・ガラス・漆工・木竹工・金工・ジュエリー・人形・デザイン 等の各分野 〜 を展示しているとのこと。

画像

今日の館内展示は、ガラス作家の 「高橋禎彦展」 と 同時開催の 「所蔵作品展 近代工芸の名品」 が行われていた。

この工芸館を鑑賞するのは、初めて。 先ずは 「高橋禎彦展」、現代を代表するガラス作家として国内外で高く評価されているとのことで、作品は 色鮮やか ・ユニークなものが多く、これがガラスで造られているの?と思える 「花のような」、「浮かぶこと」、「とろけること」、「うごくもの」 などの作品題名がついた 約 110点を鑑賞することができた。 ( 写真撮影は不可 )

画像
画像

同時開催の 「所蔵作品展 近代工芸の名品」 では、ダンテ・マリオーニ の 「ブルー・トリオ」 (写真 B)、小宮康正 の 「長板中形着尺 桜と絵柄蝶」 (写真 C) など 約 35点の作品と、人間国宝・巨匠コーナーでは 岩田藤七の「黒牡丹」、 富本憲吉の「色絵金銀彩四弁花文飾壺」、内藤四郎の「花喰鳥銀盛器」、松田権六の「蒔絵螺鈿有職文飾箱」 など 約 25点の作品を鑑賞することができた。 ( こちらの作品は、写真撮影 OK )

工芸館の建物が近衛師団司令部庁舎として建てられたものであったからか、前庭(左横)には 明治 28(1895)年 1月に近衛師団長として近衛師団を率いて台湾に出征した 北白川宮能久親王 の 「銅像」 (写真 D) が建立されていた。
 
画像

工芸館を出て、乾門付近に来ると首都高速道の先に 千鳥ヶ淵の桜並木 と ボート乗場 (写真 E) が見えた。

北桔橋門から、天皇皇后両陛下のお住まいになっている皇居の一角(東側地区)にある皇居附属庭園 皇居東御苑 に入った。 間もなく、江戸城天守閣跡の天主台 ( 天守閣は三度建て替えられたが明暦(1657年)の大火で焼失した後は再建されなかったとのこと )、そして大芝生 ( 平成 2年11月 天皇陛下の御即位後に行われる一世に一度の重要な儀式 大嘗祭 が執り行われた場所 )、竹林 ( 皇居吹上御苑で増えた株を分けた 13種類の日本と中国の竹、笹がある )、桜の島、バラ園 など、見所がいっぱいだ。

画像
画像

富士見多聞 と 松の大廊下跡 の近くで見られた アカボシシャクナゲ (写真 F)、ショウワザクラ、シャガ などの花が美しい。

さらに 野草の島、中雀門跡、大番所、百人番所 を見て、白鳥濠 の方から 二の丸雑木林、新雑木林 (写真 G) へ。 この雑木林は、昭和天皇のご発意により 都市近郊で失われていく雑木林を復元しようと造成されたものとのこと。 武蔵野の雑木林からの土壌を移したとのことで、昆虫、下草、潅木も含めて武蔵野の雑木林らしくなりつつあり、林間、林床には カタクリ、ミツバツツジ、スミレ などの花が咲いていた。

画像
画像

雑木林の隣には、九代将軍 家重の時代の庭絵図面をもとに池泉回遊式庭園として復元された 「二の丸庭園」 がある。 さらに庭園内の 「二の丸池」 には、天皇陛下のご発案により インドネシアのヒレナガゴイ と 日本のニシキゴイ を交配して生まれた ヒレナガニシキゴイ (写真 H) が泳いでいた。

明治時代に吹上御苑に建てられていたものを移築した 諏訪の茶屋、都道府県の木が植樹されている 都道府県の木 を見て、同心番所から大手休憩所で一休みしてから大手門から苑外に出た。 苑内は、先日の大震災による被害があまり見られなかったが、大手門にきて白壁が落ちているのが見られた。 この後、大手門から内堀通りを横切り、大手町、日比谷通りを横切り、丸の内、JR東京駅へ。 途中、大手町、丸の内では 高層ビルの建設工事ラッシュが続いており、大震災の被害もなく工事が進んでいるように見受けられた。 ( 注 : この記事は 4/14 と 一ヶ月ほど前のものですが、あえて掲載しました。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
北の丸公園、皇居東御苑などを散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる