タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS JR成田線滑河駅から成田ゆめ牧場まで散策して

<<   作成日時 : 2011/06/05 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像千葉県北東部の利根川沿いにあるJR成田線滑河駅から、しもふさ七福神を祀って親しまれている 眞城院、楽満寺、常福寺を巡り、成田ゆめ牧場へ。
今回は、このルートで野鳥 ・昆虫 ・草花などを探し、牧場内ではバーベキューも楽しんだ。 (5/25)


JR千葉駅で 7時32分発成田空港行に乗車、8時06分 成田駅に着いた。 成田発銚子行に乗り換えるため 4番(成田線)ホームに移動、ここで友人と待ち合わせ 8時18分発銚子行に乗車して滑河(なめがわ)駅に向った。

8時35分滑河駅に到着した。
滑河駅の約 300mほど西側には利根川と河川敷が広がっており、ここに飛来する野鳥は?と 少しの時間だけ立ち寄ることにした。 利根川河川敷 (写真 A) に出ると、堤防の草原の中に紅紫色の ノアザミ の花が咲いているのが見られた。 野鳥は?といえば、ホオジロ、セッカ、オオヨシキリ などの鳴き声が聞こえたが、残念ながら写真を撮るほどには姿を見せてくれなかった。

約 30分ほど鳥見をしたところで切り上げて、常総大橋 (写真 B) の際から JR成田線跨線橋を通り、県道63号成田下総線と県道79号横芝下総線との交差点近くの弁財天さまを祀る 眞城院 の方向へ。

画像
画像

真城院と道路沿いに長く伸びた蓮池?を見ながら県道63号成田下総線を進み、間もなく右折して水路沿いの農道を南東方向へ。

農道の両側に広がる水田には ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ 10数羽ほどが、また農道脇の雑木林や草薮では 蝶 がよく見られた。 しばらく農道を進むと、雑木林の奥から サシバ の鳴き声が聞こえ 間もなく上空に 1羽、いや 3羽も舞っているのが見られた。 長閑な水田の中を約 3.5qほど進み、恵比寿さまを祀る楽満寺へ。

画像
画像

1212 (建暦 2) 年に 国一禅師により開基、本尊は如意輪観世音菩薩の 楽満寺 (写真 C) に到着した。
境内には 「しもふさ七福神」 の恵比寿さまが祀られ、縁日は毎月19日、庶民救済 ・福財 ・商売繁盛 ・安産 ・子育てと 広く信仰を集めているとのこと。

さらに、1.5qほど先の大黒天さまを祀っている常福寺へ向った。 こちらも長閑な水田の中を進むと、途中 畦道でロケット(鳥獣退散)花火をあげている農家の小父さんに出会った。 お話を聴くと 「黒い大きな鳥?( アオサギ のことのようだ) が舞い下りて稲の苗を倒すので、花火を打ち上げている。 数発打ち上げると 1週間ぐらい鳥は近寄らない。」 とのこと。

画像
画像

ここでも農道脇の雑木林や草薮で よく 蝶が飛んでいるのが見られ、水田では オナガアゲハ (写真 E) が泥水からミネラル?を吸っていた。 しばらく水田の中を進んでから高台の集落に出ると、農家?の庭先の草花や新緑の庭樹にも多くの蝶が飛んでいるのが見られた。

大黒天さまが祀られている 常福寺 (写真 D) に到着、お不動様として親しまれ 1239(延応元) 年 湛導和尚により開基、真言宗智山派の寺院で、本尊は不動明王とのこと。 仁王門、本堂、鐘楼、念仏堂が整備されており、福寿開運 ・福財 として信仰を集めているとのこと。
境内には、雷が落ちたという巨樹、やっと花が開き始めた アジサイ (写真 G) もあったが、ここから約 4qほど南西には 「下総のアジサイ寺」 として知られている 乗願寺 がある。

画像

常福寺から約 700mほど行くと 成田ゆめ牧場 (写真 H)、入口近くには福禄寿さまが祀られている。 もう 12時、早速に入場し バーベキューハウス に直行した。 牛肉 ・野菜 ・ ビール などを注文して野外のテーブルに陣取って談笑しながら バーベキュー を楽しんだ。 テーブルの近くの樹木には コゲラ や サトキマダラヒカゲ (写真 F) なども見られた。 

食後 場内を巡ってみると、遊戯施設は 乗馬(ポニー)、トロッコ列車(約 5分の花畑を一周)、モトクロス、アーチェリー、セグウェイ(体重移動で動く乗り物で、千葉県ではここだけ)、釣堀り などがあった。 体験イベントは アヒルのレース、バター・ジャム作り、乳搾り教室などもあり、近くには 乳牛(ホルスタイン?) (写真 I) がスタンバイしていた。

画像
画像

帰りは、ゆめ牧場 14時発の無料シャトルバスに乗車してJR成田線滑河駅に向った。 滑河駅を14時20分の千葉行に乗車して帰路に。 皆さん、楽しい一日を有難うございました。

備考 : 「成田ゆめ牧場」は、成田市北部に位置しており 旧下総町名木にある。 敷地面積は、約 30万u (約 9万坪) 東京ドームの約 7倍ほどの観光牧場。 1887(明治 20)年からずっと牛乳一筋に搾乳専業牧場として操業してきた「秋葉牧場」 が前身で、「自分達が納得した乳製品を作りたい!」 という酪農家の強い気持ちから、1987(昭和 62)年に観光牧場 「ゆめ牧場」に転身、自らが乳製品メーカーとなり本物の乳製品作りを目指して今日に至っているとのこと。 ( 「成田ゆめ牧場」 のHPを参照しました。 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
常総大橋、懐かしいです(笑)
利根川河川敷には白い野バラが沢山咲いていますね。
滑川駅の近くでは立派な寺院が多いようで、楽満寺は、母などがお参りに行ったようです。楽満寺の名前は、聞いていました。
3月の地震で利根川沿いでは液状化の被害が出たようですが・・。
利根川沿いの風景、懐かしく見せていただきました。

2011/06/07 20:18
こんばんは。
楽満寺は、小見川の「樹林寺観音」、神崎の「おかべ観音」とあわせて、”臨済三観音”として地元の信仰を集めていると聴きました。
それにしても 3月の地震で、香取市や稲敷市、潮来市で激しい液状化現象があり水田や住宅などに大きな被害が出たと聴きました ・・・ 。
タケちゃん
2011/06/08 16:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JR成田線滑河駅から成田ゆめ牧場まで散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる