タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 花園ハス祭りで大賀ハスや多くの観賞用ハスを楽しんで

<<   作成日時 : 2011/07/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉市花園地区町内自治会が主催する 「花園ハス祭り」 の一環として行われる観蓮会は、大賀ハスをはじめ多品種の観賞用ハスを栽培している東大緑地植物実験所を会場に 昭和 42(1967)年から毎年開催されてきた。
その東大緑地植物実験所の移転計画にともない、所内の一般見学は 3月30日をもって終了、観蓮会も今年は開催されないものと思っていたが 7月16日 最後の観蓮会が行なわれた。 (7/16)



 「花園ハス祭り」 観蓮会 (7/16)

千葉市花見川区にある東大緑地植物実験所 ( 正式には、東京大学大学院農学生命科学研究科附属 緑地植物実験所 ) には、大賀ハスをはじめ約 230種もの世界各地の観賞用ハス(花ハス)があり、毎年この時期 見学するのを楽しみにしてきた。 ところが、実験所全体が西東京市に移転するとのことで、今年 3月30日をもって所内の一般見学が終了した。

画像

千葉市花見川区には、大賀ハスの実が発掘された東京大学検見川総合運動場 (発掘当時は東京大学厚生農場) があり、また前記したように大賀ハスや多くの観賞用ハスの品種保存と育種などを進めている東大緑地植物実験所もある。

この様に大賀ハスと関係の深い地元である千葉市花見川区花園地区町内自治会連合会が主催する夏祭り 「花園ハス祭り」では、その一環として毎年 観蓮会が東大緑地植物実験所を会場に実施されてきた。 しかし、同所の移転計画が発表され準備が進むなかで、ここを会場として花園地区の”夏の風物詩”として市民に親しまれてきた観蓮会は今年限りとのこと。

画像
画像

今年の観蓮会は、7月16日(土) 6:00〜10:00 に開催。 早朝 6時から開場されるというので、JR総武線新検見川駅前を 5時30分頃に出発し 20分ほどで会場入口に到着した。

会場入口近くには、「東大緑地植物実験所 移転反対」、「大賀ハスのふるさとを守ろう」、「私たちの観蓮会を奪うな」 などの立札が掲げられ、また 「東大緑地植物実験所を守る市民の会」 の人たちが署名活動を行っていた。
それもその筈、昭和 29年には 「検見川の大賀ハス」 として千葉県の天然記念物に指定、さらに平成 5年には 「千葉市の花」 に制定、平成 13年には大賀ハスの花や美しいピンク色をイメージに花見川区の 「シンボルマーク と イメージカラー」 が制定され、また校歌などにも詠われるなど、多くの市民に愛され 親しまれているから。

画像
画像

会場には既に大勢の人が入場しており、所内の ハス見本園 (写真 A) や ハス圃場 には 大賀ハス や 多品種の観賞用ハス (写真 @、B〜G) が見事な花を咲かせていた。 観蓮会の案内によると、いま見頃のハスは 知里の曙、紅君子蓮、精華蓮、淀姫、行田蓮、原始蓮、西湖紅蓮、白光蓮、舞妃蓮、ミセススローカム などとのこと。

画像
画像

東大緑地植物実験所の所内概要資料によれば、「実験所で栽培している観賞用ハス(花ハス)の主な品種」 として下記の品種名、写真、解説が記載されていた。( ここでは、写真と解説文は省略させて頂きます。)

1.日本の在来品種 : 金輪蓮、原始蓮、即非蓮、誠蓮、清月蓮、白繍蓮、一天四海、行田蓮
2.緑地植物実験所で作出された品種 : 輪王蓮、紅君子蓮、知里の曙、桃白条、天昇、厦門碗蓮×小舞妃、紅黄蝶、香風
3.キバナバスと関連品種 : アメリカ黄蓮、小舞妃、ミセス スローカム、舞妃蓮
4.中国の品種 : 羊城碗蓮、桃紅宿雨、小酔仙、娃娃蓮、青菱紅蓮、紅領巾、艶陽天、緋雲千葉、重台蓮、千弁蓮、大酒錦、案頭春

画像
画像

緑地植物実験所内の大賀ハスと多くの観賞用ハスを楽しんだ後は、大賀ハスの実が発掘された東京大学検見川総合運動場 ( 発掘当時は東京大学厚生農場 ) へ。 ( 実験所の東側 道路を挟んで向い側にある。)

最初は、道路脇にある発掘碑と大賀ハスが植えられた小さな池の場所が発掘された地点かと思っていたが、そうではないらしい。 運動場の入口には案内の人がおり、入口から約 200mほど運動場内に入ったところに 発掘地点の目印石、国土地理院測定 石碑 (写真 H、I) があった。 ( 東経 140°4‘48″216、北緯 35°39‘26″231、標高 6m24p )

観蓮会で案内のあった東大緑地植物実験所内、大賀ハスの実が発掘された東大検見川総合運動場とを見ることができた。 この後、開業60周年を迎えるJR総武線新検見川駅へ。


 開業60周年のJR新検見川駅へ (7/16)

画像
画像

新検見川駅が開業したのは、大賀ハスの実が発見(昭和 26年3月30日)された年と同じ 昭和 26年(7月15日)である。

新検見川駅では、JR東日本の主催で 駅からハイキング 「新検見川駅開業60周年記念 大賀ハス発掘の地から海浜幕張を訪ねるウォーキング」 が 本日7月16日に実施され、大いに賑わったようだ。 私はハイキングには参加しなかったが、「新検見川駅開業六十周年記念入場券」 (写真 J、K) を購入した。 駅構内(コンコース)には、5種類の観賞用ハスの鉢植え と 「写真で振り返る新検見川駅」 のパネル展示など があった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花園ハス祭りで大賀ハスや多くの観賞用ハスを楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる