タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の西印旛沼畔の散策と手賀沼畔で開催のJBFを訪ねて

<<   作成日時 : 2011/10/28 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉 ・佐倉市にある宿内公園、臼井城址公園、さらに西印旛沼畔まで散策し、エゾビタキ、クロハラアジサシなどが見られた。 また、千葉 ・我孫子市手賀沼畔で10月22、23日 開催中の、鳥をテーマにした国内最大級のイベントである ジャパン バード フェスティバル 2011 (JBF2011) に出掛けた。 (10/16、22)


 京成臼井駅から西印旛沼畔まで (10/16)

京成本線臼井駅(千葉県佐倉市)から、宿内公園、稲荷神社、臼井城址公園を巡り、さらに西印旛沼畔まで散策しようと、京成千葉線に乗車して京成津田沼駅で京成本線に乗り換え、京成臼井駅に向った。

京成臼井駅北口から、住宅地の中を通って高台にある臼井城の砦跡であったという 宿内公園 (写真 A) に進んだ。 宿内公園から稲荷神社を巡り、神社の石段を下りて国道 296号線を横切り、さらに急な坂道を上って星神社へ。 境内のイチョウの葉は少し黄葉し多くのギンナンが見られ、近くの畑の隅にある コスモス は花を咲かせ、秋らしい光景がられた。

画像

星神社から、太田図書の墓、その先の 永久 2(1114)年に千葉常兼の三子 臼井六郎常康の築城と伝えられている臼井城跡へ。 今は市民の憩いの場所で、臼井城址公園 として親しまれ眼下には 西印旛沼 (写真 B、C) がよく見渡せる。 園内では、芝生で ハクセキレイ、セグロセキレイ が、桜の木には シジュウカラ、メジロ などが見られ、さらに近くの民家の屋敷林では エゾビタキ (写真 @) ( 写真は、残念ながら撮れなかったのでオンライン野鳥図鑑の写真を貼付しました。) が 2羽見られた。

画像
画像

臼井城址公園から緩やかな坂道を下り、県道64号千葉臼井印西線を横切り臼井幼稚園の前を通り、直ぐ前の車道を横切り先の農道を真直ぐ進むと、西印旛沼畔の遊歩道 (印旛沼自転車道) に出た。

遊歩道沿いを進みながら沼面を見ると、竹杭に クロハラアジサシ (写真 D) が 1羽止まっているのが見られた。

画像

JFEスチール浄水場取水口では、ダイサギ、コサギ、カワセミ などが見られた。 近くの草原で昼食、その後 今日見た野鳥の確認(鳥合せ)を行った。

ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ツミ、オオタカ、チョウゲンボウ、キジ、ユリカモメ、セグロカモメ、クロハラアジサシ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、エゾビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、カケス、ハシボソガラス の 29種でした。 (日本野鳥の会千葉県 西印旛沼探鳥会) カモ類、シギ・チドリ類が一種も見られなかった。


 ジャパン バード フェスティバル 2011 (10/22)

画像今回で11回目となり、全国各地のNPO ・学生 ・市民団体 ・企業 ・行政等による鳥 ・自然環境に関する研究 ・活動の発表、鳥の彫刻 ・絵画展など、出展 ・出店が盛り沢山 とのこと。 ( 写真 E JBF2011 リーフレット から。 )

JR総武線船橋駅で東武野田線に乗り換え柏駅で下車、ここでJR常磐線下り快速電車に乗り換えて我孫子駅に向った。

我孫子駅の快速ホームには、唐揚げそば が評判だとという立ち食い蕎麦屋 「弥生軒」があることを思い出して、時間も正午近くだったので入ることにした。 評判どおりの唐揚げのボリュームと美味しさに満足した。

腹ごしらえも済んで、我孫子駅南口から JBF2011巡回バスを利用して鳥博広場に向った。
鳥博広場 (写真 F) には、日本野鳥の会、日本野鳥の会千葉県、我孫子野鳥を守る会、NEC学生バードソンなどの NPO,学生関係の展示、BIRDER(文一総合出版)、鳥海書房などの書籍展示 ・販売、世界自然遺産〜小笠原諸島、知床羅臼町観光協会などの行政関係の展示などが行われていた。

画像
画像

 他にも、手賀沼親水広場 (写真 G) や 水の館 では、スワロフスキー、コーワ、ニコンなどの光学機器関係の展示、ニューギニア航空、ワイバードなどのエコツーリズム関係の展示、バードカービング作品展、谷口高司 タマゴ式鳥絵塾、グッズ展示・販売など、行われていた。

画像

手賀沼親水広場で最新の双眼鏡や望遠鏡などの光学機器関係の展示を見て廻った後、手賀沼畔の遊歩道に出た。 バード フェスティバル のイベントの一つである湖畔バードウォッチング や 船上バードウォッチング もあるとのこと。 湖面には、オオバン、カルガモ、さらに カッパのオブジェ? (写真 H) ( 「手賀沼の河童噴水」とのこと。 最初は河童が 4体あったが現在は 3体、1体は外出中?逃亡したのか?。) も見られた。

この後、鳥博広場のJBF2011巡回バス乗場で、アビスタ ・我孫子市生涯学習センターに向った。
ここでは、講演会「鳥あそび」 (講師 : 小宮輝之 上野動物園 前園長)、JBF2011ワイルドライフアート展 (鳥 ・野生生物のアート)、第 9回 野鳥写真展 など 開かれており、おおいに楽しむことができた。

画像
画像

これまで見てきた作品の中から、次の 2点を貼付しました。
1点目は、鳥博広場の日本野鳥の会千葉県 展示ブースの「鳥と人と地球の 2011年」と題した皆さんの素晴らしい数十点の作品から、前記したように 16日に西印旛沼を散策したこともあって 「印旛沼の野鳥達」 (写真 I)(チョウゲンボウ、ベニマシコ、サンカノゴイ、トラツグミ)。
2点目は、アビスタのJBF2011ワイルドライフアート展での素晴らしい 60点の作品から、「湖上 T」、「湖上 U」 (写真 J) (カワアイサ) (作者 巻島克之)。 なお、今月28日から11月2日まで 東京 ・銀座 松崎画廊で 「第 10回 巻島克之野鳥画展」 (日本の野鳥の油彩作品 40点余を展示) が開催されるとのこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
秋の西印旛沼畔の散策と手賀沼畔で開催のJBFを訪ねて タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる