タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京・日本橋べったら市と銀座散策と食事を楽しんで

<<   作成日時 : 2011/11/02 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京都中央区日本橋の宝田恵比寿神社で開かれる「べったら市」を巡った後、銀座で知人ご夫妻と食事会をすることにしていたので、日本橋から銀座までぶらぶら歩き待ち合わせの場所に向った。 (10/19)


 日本橋べったら市

日本橋べったら市 (写真 @) は、江戸時代の中頃から宝田恵比寿神社の門前で、10月20日の商売繁盛を願うお祭り「恵比寿講」にお供えするために前日の 19日に市が立ち、魚や野菜、小宮(神棚)などが売られたのが始まりといわれ、麹をべったりつけた浅漬け大根がよく売れたので 「べったら市」 と呼ばれるようになったとのこと。 また、若者が参詣の婦人に 「べったらだーべったらだー」 と呼びながら着物の袖につけ、婦人たちをからかったことから 「べったら」 の呼名になったと伝えられている。

例年、神社の周辺には数百軒のべったら漬けの屋台が並び、威勢のいい掛け声が飛び交うとのこと。
その賑わいを実際に見てみたいと、JR稲毛駅から総武快速線に乗車して新日本橋駅で下車した。 地下改札口を出て東側(馬喰町駅寄り)に進み地上へ。 首都高速の高架下と昭和通りを横切り、宝田恵比寿神社のある日本橋本町三丁目の方向に向った。

画像
画像

参道入口 (写真 A) に近づくにつれて様々な屋台が数十軒と並び、さらに 「日本橋べったら市」 の幟を掲げた浅漬け大根 「べったら」 を売る屋台 (写真 @) だけが纏まってずらりと並んでる路地もあり、何百軒?とある露店に参詣者と買物客が集まり、大変な賑わいを見せていた。

宝田恵比寿神社 (写真 B) の前では参拝者が列を成しており、また 日本橋幼稚園や日本橋小学校と染抜いた揃いの印半纏を着た子供たちが、神輿や山車を引いている (写真 C、D) 姿を間近に見ることができた。

画像
画像

宝田(恵比寿)神社は、慶長11(1606)年 徳川家康公が江戸城拡張により宝田、祝田、千代田の三ヶ村(現在の皇居内楓山付近)の転居を命ぜられ、馬込 勘解由(かげゆ)と云う人が宝田村の鎮守様をこの地に奉安し、住民を引卒して集団移転したとのこと。 この大業を成し遂げられた功により、徳川家繁栄御祈念の恵比寿様 (運慶の作)を授け賜った。 その後、宝田恵比寿神社は日本橋七福神の恵比寿様が御安置されて、商売繁昌 ・家族繁栄 ・火防守護の神様として崇敬者は広く関東一円に及び、毎年10月19日の「べったら市」、20日の恵比寿神祭が両日に亘り盛大に執り行われ、商人にとって大切な年中行事となっている。 ( 「寶田恵比寿神社べったら市保存会」栞から。)


 銀座散策と食事を楽しんで

画像宝田恵比寿神社の「べったら市」を楽しんだ後は、知人との待ち合わせ場所の銀座 3丁目にある松屋銀座へと向った。

宝田恵比寿神社のある日本橋本町三丁目から 三越本店 (写真 F) などがある中央通りに出た。
この付近 日本橋本町から日本橋室町にかけては、COREDO日本橋 (日本橋一丁目ビルディング)、千疋屋総本店 ・マンダリンオリエンタル東京 ・三井記念美術館などが入っている日本橋の新しいランドマーク 日本橋三井タワー (写真 G)、三井本館、多目的ホール「日本橋三井ホールなどが入っているCOREDO室町 (室町東三井ビルディング)などの三井グループ (三井不動産など)のビルディング群が並んでおり、さらにそれに加えて、現在も数棟建築中である。

三井グループ (三井不動産など)では、「残しながら、蘇らせながら、創っていく」 をコンセプトに日本橋地域の活性化と新たな魅力を創造するプロジェクト 「日本橋再生計画」 が始動しているとのこと。

( 追記 : 10月28日付 朝日新聞朝刊に、「昔は良かった」 なんて言わない。言わせない。 残しながら、蘇らせながら、創っていく。日本橋再生計画 という三井不動産の一ページ全面広告があった。 )

画像
画像

三越本店、三越新館などの並ぶ中央通りを進み、首都高速の高架の下にある日本橋へ。 今年は江戸開府と同時に架けられて以来、20代目となる現在の日本橋が架橋 100周年を迎えたとのこと。

日本橋を通過、銀座の待ち合わせ場所までは約 1.5qほどあるというので地下鉄に乗車して移動することにした。 銀座線日本橋駅から乗車して銀座駅で下車した。

画像
画像

銀座駅を下車して待ち合わせ場所に行く途中、銀座松屋の入口で GINNZA FASHION WEEK スペシャルライブ ( ヴァイオリニスト : Tsukasa、三味線 : 久保田祐司 ) (写真 E) が行われていた。

銀座松屋近くの待ち合わせ場所で、何ヶ月ぶりかで元気な知人と逢った。 早速、食事会の会場に移動、今回は 鮨処 銀座 ○○ 本店で、築地鮮魚問屋直営ならではの旬や鮮度にこだわったネタが自慢ということもあって 「鮨コース」 をオーダー(予約済)、先ずはビールで乾杯!。 次に美味しい日本酒、ゆったりした個室で料理長自慢の旬の素材を吟味した コース料理 (写真 H 先付、写真 I 刺身) に大満足。 さらに、近くの東京凮月堂 銀座本店に移動してお茶、またの再会を約して別れた。 楽しいひと時でした。 有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京・日本橋べったら市と銀座散策と食事を楽しんで  タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる