タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉の名所 ・香嵐渓とお伊勢さん詣で 〜 その1

<<   作成日時 : 2011/12/07 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京駅から新幹線で豊橋駅まで、その後は観光バスに乗り換えて東海地方随一の紅葉名所である香嵐渓へ、さらに日本最大級のイルミネーションで知られる桑名 ・なばなの里を巡り、伊勢志摩へ。 翌日は、観光バスで二見浦 ・夫婦岩、お伊勢さんを巡り、豊橋駅まで戻り、再び新幹線で東京駅に帰った。 (11/22、23)


ある旅行会社の 「秋の香嵐渓とお伊勢さん詣で、日本最大級のイルミネーション なばなの里」 ツアーに参加した。

初日は、東京駅から東海道新幹線 「こだま」 で豊橋駅下車、豊橋駅前で待っていた観光バスで最初の目的地の東海地方随一といわれる紅葉の名所 ・香嵐渓へ、次いで日本最大級のイルミネーションの桑名 ・なばなの里、そして今晩宿泊するホテルのある伊勢志摩へ。 今回は、ここまでの様子を掲載します。
2日目は、観光バスで伊勢志摩から二見浦 ・夫婦岩、伊勢神宮 ・外宮、伊勢神宮 ・内宮、おかげ横丁を巡り、豊橋駅まで観光バスで移動、再び豊橋駅から新幹線に乗り換えて東京駅へ。 この様子は次回掲載します。

画像
画像

東京駅日本橋口(八重洲北口改札前)に早朝の 6時50分に集合、旅行会社の添乗員の案内で東海道新幹線の改札口を通って、17番ホーム 名古屋行 「こだま 635号」 に乗り込んだ。

こだま号は 7時26分 東京駅を発車、豊橋駅に定刻の 9時42分到着した。 早速、豊橋駅前に待っていてくれた観光バスに乗り込み、9時50分 最初の目的地である 紅葉の名所 ・香嵐渓 に向けスタートした。 観光バスは、豊橋市街地を少し走った後、豊川 I C から東名高速道路に入り、最初のトイレタイムを美合 PA でとった。 豊田JCT で東海環状自動車道に入り、豊田勘八 I Cで国道153号に下りて、香嵐渓のバス駐車場に 11時40分頃到着した。

画像
画像

東海環状自動車道の豊田勘八 I Cを 11時頃下りて国道を約 40分ほどで香嵐渓に到着したが、「この時季の土日休日は大変な混雑で 3時間以上〜 も掛ることが多く(普通で)、今日は平日だから早かったんだよ」 とバス乗務員(ガイド)が話していた。

お陰で約 2時間30分ほどの観覧時間がとれて、香嵐渓の紅葉を充分に楽しむことができた。
なお、紅葉の見どころは、待月橋付近 (写真 A、B)、もみじのトンネル、香嵐渓広場 (写真 C、D)香積寺 (写真 @)赤いつり橋(香嵐橋)付近 (写真 E、F) などで、遊歩道、参道は多くの人々で混雑して前になかなか進めないほどでした。

画像
画像

やっとのことでバス駐車場に戻ると、次から次と観光バスが乗り入れており、さらに多くの人々が増え続け、ますます混雑が酷くなった。 14時30分、次の目的地である日本最大級のイルミネーションで知られる 桑名 ・なばなの里 に向けて出発した。

参考まで : 香嵐渓(こうらんけい)は、愛知県豊田市足助町にある矢作川支流の巴川がつくる渓谷で、愛知高原国定公園の一角に当たる。 また、「 寛永 11(1634)年に、足助にある 曹洞宗の古刹 香積寺 (創建は 1427年) の11世住職 三栄和尚が、巴川から香積寺に至る参道にカエデやスギの木を植えたのが始まりで、さらに大正から昭和のはじめに地元住民などの手によって数多くのカエデが植え足され今では約 4,000本の もみじ があると言われ、散策道がつくられて現在の東海随一といわれる 「紅葉の名所」 となった。」 とのこと。


 日本最大級のイルミネーションの桑名 ・なばなの里

画像14時30分 香嵐渓を出発したバスは国道153号を走り、豊田勘八 I Cから東海環状自動車道へ、さらに名古屋南JCT で伊勢湾岸自動車道に入り、湾岸長島 I C から一般道に下りて 「なばなの里」 に向った。

途中、名港潮見 I C ?、名港中央 I C ?の付近で、左側に輸出用の自動車がいっぱい並んだ埠頭と何隻もの自動車運搬大型船などが見えた。
また、湾岸長島 I C の近くからは、ナガシマスパーランド (長島温泉) のスーパーコースターの絶叫マシン 「スチールドラゴン 2000」、世界最大級の木製迫力マシンコースターの 「ホワイトサイクロン」 などの、異様?なそして威容を誇る巨大な建造物に驚かされた。

15時50分 なばなの里の駐車場に到着、17時30分までの約 90分ほど園内を観覧することにした。

園内には、「アイランド富士」という 高さ 45mまで上昇し、最頂部で展望台が 1回転し 360度の景色、夜には 名古屋 ・桑名 ・伊勢湾などの夜景などが堪能できるという乗り物があるが、あまり時間がないので先ずは 「ベゴニアガーデン」 へ向った。

画像
画像

日本最大級という 4棟の温室には、世界中のベゴニアが咲き、温室内は常に 28度に維持されているとのこと。
ベゴニア (写真 H、I) のほかにも様々な花々を楽しむことができた。

続いて、なばなの里で最大の呼び物 630万球で 8年連続日本一のイルミネーションの 「ウィンターイルミネーション」 へ。 園内の チャペルとその前に広がる池 (写真 J) に繰り広げる 「水上イルミネーション」 (写真 K)、国内では水上のイルミネーションは稀で、そのスケールは幅 5m、長さ 120mの光の川。 これは、大自然に抱かれた長島町を流れる木曽三川 (木曽川 ・揖斐川 ・長良川) の流れを表現したとのこと。

画像
画像

また、光の回廊 「華回廊」 (写真 G) は、白熱電球 120万球で全長 200mの 「光のトンネル」、「冬華の競演 ウインターイルミネーション」 の見所の一つで、その規模に圧倒された。 イルミネーションの点灯は、17時からで、約 30分ほどの観覧であったが、充分に楽しむことができた。

17時40分、ここ日本最大級のイルミネーションの桑名 ・なばなの里を後にして、今晩宿泊する伊勢志摩に向けて出発、だいぶ暗くなった東名阪自動車道、伊勢自動車道、そして伊勢西 I C から伊勢道路に下りて、曲がりくねった道を通り、20時20分ホテルに到着、早速に夕食となッた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
紅葉の名所 ・香嵐渓とお伊勢さん詣で 〜 その1 タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる