タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉県北西部の探鳥地を廻って (U)

<<   作成日時 : 2012/01/11 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像日本野鳥の会千葉県が昨年12月に開催した花見川探鳥会、市川里見公園 と じゅん菜池平日探鳥会、西印旛沼探鳥会、谷津干潟探鳥会に参加した。
前回(1/06)、花見川探鳥会、市川里見公園 と じゅん菜池平日探鳥会について記載したが、今回は西印旛沼探鳥会、谷津干潟探鳥会について記載します。 (12/18、25)


 西印旛沼探鳥会 (12/18)

京成電鉄千葉線に乗車して京成津田沼駅で京成本線の成田空港方面行(ただし、特急は停車しないので要注意)に乗り換え、京成臼井駅で下車した。

京成臼井駅の 南口駅前 (写真 A) は大型店舗、銀行、商店などが軒を並べているが、それに比べ 北口駅前 (写真 B) には高層マンションが数棟、食堂、クリーニング店などが数軒並んでいるだけでとても静かに見えた。 この北口駅前をスタートして、間もなく住宅が並んでいる緩やかな坂道を上って臼井城の砦跡といわれる宿内公園へ向った。

画像
画像

宿内公園を廻った後、稲荷神社(雷電公園)へと移動した。 稲荷神社 の境内には、佐倉市の保存樹に指定されている樹齢推定 300年と言われる見事な ケヤキの巨樹 (写真 C) と、雷電公園、公民館などがある。

ちなみに 「雷電」 とは、江戸時代に驚異的な記録 (21年間で254勝10敗) を残した力士 ・雷電為右衛門のことで、引退後は臼井宿の茶屋の娘を妻に迎え、晩年はこの地でひっそりと暮らしたと伝えられ、この近くには 雷電為右衛門の墓や雷電の碑(顕彰碑)もある。

画像

稲荷神社の石段を下りて国道 296号線を横切り、急な坂道を上って星神社へ向った。 臼井妙見社とも言われている星神社に出ると、近くの畑で ツグミ (写真 @) が熟した柿の実を啄ばんでいるのが見られた。
星神社から、太田図書の墓、その先にある臼井城址公園へと進んだ。

臼井城址公園の芝生にはハクセキレイが見られ、園内から見下ろす西印旛沼の景色はとても美しかった。
緩やかな坂道を下って県道64号千葉臼井印西線を横切り、臼井幼稚園脇を通り臼井城主の幼い若君を後見人の叔父の陰謀から救ったという奥女中 ・ 阿多津(おたつ)の「阿多津の碑」前から車道を横切り、その先の農道を真直ぐ進み突き当りを左に、西印旛沼畔の手前にある水路沿いを船戸大橋際へ向った。

画像
画像

何時もは、西印旛沼畔の遊歩道(印旛沼自転車道)を製鉄会社の工業用水取水口際まで行くのだが、遊歩道や堤防 ( 3/11の大地震によって地割れした箇所) の工事中のため船戸大橋際まで移動して、西印旛沼の岸辺、湖面を観察することに。

船戸大橋際の岸辺で オオバン (写真 D、E)シナガチョウ、アヒル など (写真 F) が見られ、湖面では カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、マガモ、カルガモ、コガモ、ミコアイサ、ミサゴ、トビ などが見られた。

画像

船戸大橋の近くにある「舟戸かっぱ公園」で昼食、食後に今日見た鳥の確認(鳥合せ)を行った。
その結果、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ミコアイサ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、チュウヒ、キジ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロシキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 41種を確認した。 (日本野鳥の会千葉県 西印旛沼探鳥会)



 谷津干潟探鳥会 (12/25)

画像JR総武線に乗車して津田沼駅で下車、南口バスプールから新習志野駅行き(または袖ヶ浦団地行き)に乗車して津田沼高校バス停で下車、谷津干潟に向った。

今日は、大潮 : 満潮 7:27 、18:01 : 干潮 0:24、12:40 ( 谷津干潟自然観察センター HP の潮見表を参照 ) ということもあって 干潟に着いた 9時20分頃には、潮が引き始めたばかり?でした。

干潟東側 (津田沼高校寄り) にある観察舎前を 10時に スタート、目の前の干潟にある水路の杭やその近くの水面で羽を休めている ヒドリガモ、オナガガモ (写真 G) が見られた。 干潟を取り囲むように整備されている遊歩道を、北側の谷津南小学校前、西側の谷津バラ園方向、さらに進んで干潟の一周することに。

谷津南小学校前から谷津バラ園寄りに進むと、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、オオバン、ダイゼン、ハマシギ、イソシギ、セイタカシギ などを、じっくり見ることができた。

画像
画像

さらに進んで公園の芝生広場寄りから干潟を見ると、谷津干潟では珍しい ホオジロガモの♀( 写真 H) 1羽が見られた。

もう少し近くから見られないかと干潟南岸側 (国道357号、東関東自動車道 寄り) へ進んだが、此方が近づけばホオジロガモが遠ざかり、あまり近くから見ることはできなかった。 (人との距離を保っているように思われた。) 参考まで ホオジロガモの♂ (写真 H) の写真を野鳥図鑑から 貼付させていただきました。

画像
画像

干潟南岸側の遊歩道から、自然観察センター寄りにある 淡水池 (写真 I、J) に移動、ここにある観察舎からは カイツブリ を見ることができたが、他には見られず鳥見を終えて谷津干潟自然観察センター前の芝生広場で今日見た鳥の確認(鳥合せ)を行った。 その結果、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、オオタカ、ツミ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、バン、オオバン、ダイゼン、ハマシギ、イソシギ、セイタカシギ、セグロカモメ、ウミネコ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 36種を確認した。( 日本野鳥の会千葉県 谷津干潟探鳥会 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉県北西部の探鳥地を廻って (U) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる