タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣で、人気の明治神宮と成田山新勝寺へ

<<   作成日時 : 2012/01/26 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3

画像正月三箇日の人出が日本一という明治神宮、次いで多いのが成田山新勝寺とのこと。 私は、この初詣で 一位、二位の社寺へ、12日に明治神宮、16日には成田山新勝寺へと出掛けた。 (01/12、16) 


 明治神宮 (01/12)

JR総武 ・中央線緩行電車に乗車、代々木駅で山手線に乗り換え原宿駅で下車した。 原宿駅表参道口を出て山手線跨線橋を渡り、南参道から明治神宮境内へ進んだ。

明治神宮は、明治 45年 7月 30日に明治天皇、大正 3年 4月 11日には 昭憲皇太后が崩御、国民から御神霊をお祀りして御聖徳を永遠に敬い、お慕いしたいとの熱い願いが沸き上がり、大正 9年 11月 1日 (1920年)に両御祭神と特にゆかりの深い代々木の地に御鎮座、創建されて今年で 92年、さらに明治天皇の御命日である本年 7月 30日には 「明治天皇百年祭」 が行われ、これを記念して 「 維新、そして近代化へ ― 明治天皇の御生涯 」 と題したパネル展を開催中である。 この展示を通して 「 国民と苦楽を共にしながら、国づくりに尽くされた明治天皇の御事蹟を知っていただきたい 」 とのこと。

画像
画像

境内には、全国から約 10万本、365種の樹木が奉献され、現在は 296種、17万本の樹木があるとのことで、現在のような鬱蒼と茂った広大な森に育っている。

参道をしばらく進み大鳥居を過ぎてまもなく、左側には前記したパネル展の 大型のパネル (写真 A) が何枚も並び、右側には明治神宮崇敬会などが献納した 多くの提灯 (写真 B) が並んでいた。

画像
画像

御本殿に参拝する前に明治神宮御苑へ。 ここ御苑は 「江戸初期以来、加藤家、井伊家の下屋敷の庭園であったが、明治時代には宮内省の所管となり、代々木御苑 と称せられ、明治天皇、昭憲皇太后がたびたびお出ましになられたご縁の深い由緒のある名苑 」 とのこと。 面積が約 83,000u、苑内には雑木林の中に隔雲亭、御釣台、南池、菖蒲田、最近 パワースポットとして評判になっている清正井 などがある。

苑内には、四季を通じて景色や野鳥などが楽しめ、今回も手から ピーナッツ を貰う ヤマガラ (写真 C) なども見ることができた。

画像

御苑を出て、南神門 (写真 @) から御本殿へ進み参拝した。
その後、北池では 仲の良い夫婦に例えられる オシドリ ♂♀(写真 D、E) 、他に マガモ、キンクロハジロ などが見られた。 北池の近くの芝生で昼食、食後に今日見た野鳥を確認する鳥合せを行った。 カイツブリ、アオサギ、オシドリ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ルリビタキ、ツグミ、大型ツグミ SP、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス の 27種、番外は ドバト、ガビチョウ でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 明治神宮平日探鳥会 )


 成田山新勝寺 (01/16)

画像JR総武線稲毛駅から成田空港行きの快速電車に乗車、成田駅で下車して成田山新勝寺に向った。

成田山新勝寺は、天慶 3(940)年に寛朝大僧正によって開基され、不動明王が本尊とのこと。 毎年多くの初詣客が訪れ、明治神宮に次いで全国 2位 ( 2009年の資料では正月三が日で 298万人 ) とのこと。

この人気は、どうして。?
これは 「江戸時代の元禄期に歌舞伎役者の初代市川団十郎に、なかなか子供が生まれなかった。 成田市幡谷出身の親が新勝寺を信仰していて、一生懸命に祈ったら、子宝に恵まれた。 感謝の意味も込め、不動明王が登場する歌舞伎を演じると大変な人気になった 」、また同じ頃 「貫首の照範上人が江戸の人々に寺の教えを知ってほしいと考えて、本尊の不動明王を深川まで運んで披露する 『出開帳』 をしたら、大反響を呼んだ 」 とのこと。
さらに 「お不動さま参りの電車としての成田電鉄が 『初詣は成田山へ』 とPRしたことで、人気が高まった 」、「全国に先駆けて、自動車の 『交通安全祈願 』 をスタートしたことが有名になった 」 などによるものとのこと。

画像
画像

JR成田駅前から成田山門前までの表参道には、老舗や趣のある店などが和風看板に統一して軒を並べ、この景観が国土交通省から認められて 「街並み景観大賞」 を受賞している。

成田市登録有形文化財の三階建木造建築の大野屋旅館、造り酒屋 ・薬屋 ・うなぎ屋などの看板や建物などの 素敵な街並み (写真 G、H) や 、印旛沼で獲れた川魚の佃煮 ・甘露煮 ・スズメ焼き、鉄砲漬、手焼きせんべい、落花生、羊羹、変わったところでは古典的な胃腸薬 「一粒丸」などの土産物など、眺めながらの散策は楽しい。

画像

総欅造りの 総門 (写真 F) を入ると、開運の縁起物の達磨や、年中の福徳をかき寄せる縁起物の飾りの 熊手 (写真 I) などの出店が並んでいる所を進み、階段を上って大提灯の下がっている仁王門、さらに階段を上って大本堂へ。

画像
画像

大本堂で参拝した後、平和大塔霊光殿で行われている 成田屋七代目市川団十郎展、東日本大災害復興支援報告展 (昨年 12月23日〜今年 2月29日まで開催) を拝観した。 特に 東日本大災害復興支援報告展 では、陸前高田松原の松で謹製の大勝守を奉安されており、また 高田松原の被災前と被災後の光景 (写真 J)、高田高校付近、陸前高田市街地の被災後の全景 (写真 K) などの写真が、数十点展示されていた ・ ・ ・ ・ ・ ・ 。 

もう昼時、表参道の「うなぎ屋」で食事。 食後、表参道のお土産店で買物、帰りもJR成田駅から乗車して帰宅した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は15年ほど前まだ現役のころ、
成田山新勝寺には行ったことがあります。
オシドリの♂はよくこんなアタックをしますね。
通信使
2012/01/26 19:50
通信使 さん こんばんは。
このオシドリ♂のアタックの結末は、残念ながら ・ ・ ・ でした。
コメントいただき、有難うございます。
タケちゃん
2012/01/26 23:13
2月3日付け 朝日新聞夕刊に「復興祈り節分 成田山新勝寺」の見出しで、「節分の3日、成田山新勝寺(千葉県成田市)で節分会(せつぶんえ)があった。東日本大震災による津波で流された岩手県陸前高田市の「高田松原」の松を昨年9月、新勝寺でたき上げた縁で、今年は戸羽太市長を招待した。「福は内」とのみ唱えるのが新勝寺の伝統。今年はその前に「震災に勝つ」と唱え、豆をまいた。 ・ (省略) ・ 、用意された落花生約400`、大豆約860`をまくと参拝客から歓声が上がった。」との記事があった。
takechann
2012/02/03 23:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初詣で、人気の明治神宮と成田山新勝寺へ タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる