タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 埼玉 ・ 県営公園の秋ヶ瀬公園でレンジャクを探して

<<   作成日時 : 2012/03/21 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 2

画像さいたま市桜区の荒川河川敷にある 「秋ヶ瀬公園」 は、ヒレンジャク や キレンジャク の出現する探鳥地としてよく知られている緑地公園。 今年は、まだ レンジャク が出現したという情報はないが、今頃 ( 3月初旬〜中旬頃) が レンジャク の渡来する時季なので、出現を期待して出掛けた。 (03/13)



野鳥図鑑によれば、「 レンジャク は、群れで行動するのが普通で、大群が1本の木にとまることもある。 年によって渡来数に変化があり、ほとんど渡来しない年もある。」 と記載されている。
今年は、私の知っているレンジャクの良く見られる場所でも、まだ渡来したという情報はないが、2009年 3月 5日 ここ 「秋ヶ瀬公園」 で多くの レンジャク (写真 @) に出合った時のことを期待して、出掛けることにした。

JR総武線西船橋駅で武蔵野線に乗換え、西浦和駅に向かった。

西船橋駅から約 50分ほどで西浦和駅に到着した。 改札口から北口広場に出ると、以前 (2009年 3月 5日)来たときは満開の2本の河津桜が目に入ったが、今日は花が咲いていないのか見当たらなかった。 今年の寒さは、例年に比較して相当厳しかったことが窺われる。

画像

西浦和駅北口広場を出て、国道17号線新大宮バイパスを跨いでいる歩道橋を渡り JR武蔵野線沿いに約700mほど真直ぐに進む。 その先にある荒川の土手に上がると、JR武蔵野線鉄橋の彼方に真っ白な雪を頂いた富士山 (写真 A) が青空に映えて美しく見えた。

画像
画像

土手を下ると 「さくらそう公園」 、さらに鴨川から荒川に流れる手前に造られた 水門 (写真 B) 沿いを通り、さいたま東村山線 40号道沿いを南西方向に進むと、 その先に 道路と外灯が描く曲線と富士山 (写真 C) が、これまた美しい光景を見せてくれた。

さいたま東村山線 40号道沿いを左側に緩い坂道を下って行くと、田島ヶ原サクラソウ自生地 (写真 D) があった。 その自生地にはロープが張られ、その広い草原にサクラソウの新芽を見ることはできなかったが、チョウジソウ や ノウルシ などの新芽が少し伸びているのが確認できた。

画像

田島ヶ原サクラソウ自生地は国内最大規模の約 4.2ha 、江戸時代から名勝地とされており、現在は国の特別天然記念物に指定され、「さくらそう公園」 として保護されている。

北西方向へ進み 「秋ヶ瀬公園」 へ。 園内は、荒川に架かる秋ヶ瀬橋から 上流の羽倉橋までの約 2.8q〜ほどの区間に 野球場、サッカー場、テニスコートなどのスポーツ施設と、野鳥の森、野鳥園、子供の森、芝生広場、西洋庭園、ピクニックの森 など、広大な緑地公園である。

画像
画像

右側にゴルフ場を見ながら水路沿いの雑木林の中を北上、「野鳥の森」 の ヤドリギ (写真 E) のある場所へ向ったが残念ながら レンジャク は まだ渡来していない模様だ。 ヤドリギのある場所から少し進むと、美しい ラクウショウ (写真 F) などの並木や、子供の森、芝生広場、西洋庭園 などが続いている。

画像

途中で シメ (写真 G) が、シュロ (棕櫚) の葉陰に隠れているのをじっくりと見ることができた。 ( 注 : シメ の写真 G は、2007年 3月 12日に 秋ヶ瀬公園 で撮ったものです。)

そろそろ昼時なので、三ツ池グランドで昼食に。 食後、三ツ池園地、野球場、ソフトボール場 などを通り、ピクニックの森へ向った。 途中の グランド や 野球場 などで、多くの ツグミ が地面に下りているのが見られた。
これまで千葉県などでは、地面に下りている これだけ多くの ツグミ を見たことはなかったので、大変驚いた。 ピクニックの森で、以前 レンジャク が見られた場所を重点に探したが姿はなかった。 渡来していれば、写真 @、H、I のような レンジャク注 : 2009年 3月 5日に 秋ヶ瀬公園 ピクニックの森 で撮影したものです。) が見られていたのに ・ ・ 。

画像
画像

ピクニックの森から、近くにあるテーブル、椅子などが整備されている炊飯場まで進み、探鳥を終了した。 この場所で、今日見られた野鳥を確認する鳥合せと帰りの交通案内などを行い散会した。
今日見られたのは、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ハシビロガモ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、キジ、オオバン、コゲラ、キジバト、ハクセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 32種 ( 番外 コジュケイ、ドバト )でした。( 日本野鳥の会千葉県 秋ヶ瀬公園平日探鳥会 )

今日は、期待していたレンジャクには出合えなかったが、代わりにツグミ が約 100 〜 150羽ほども楽しむことができた。 なお、秋ヶ瀬公園には数回来ているが、2009/3/5 には レンジャク を、2008/3/6 には タゲリ が 60羽ほどを、2007/3/12 には ウソ が 6羽ほどと、毎回行くたびに野鳥の種類は違うが楽しんでいる。 皆さん、有難うございます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
レンジャクなんて聞いたこともなかったです。面白い鳥ですね。
拝見しているとなんだか旅をしているような気分になります。
asakun
2012/04/10 19:12
asakunさん こんばんは。
レンジャク科には、頭には冠羽があり、尾羽の先が黄色なキレンジャク、尾羽の先が赤いヒレンジャクがいます。確かに面白い鳥ですね。
ご覧頂きまして、有難うございます。
takechann
2012/04/11 20:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
埼玉 ・ 県営公園の秋ヶ瀬公園でレンジャクを探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる