タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 銚子・君ヶ浜、外川漁港で カモメ、クロガモ などを探して

<<   作成日時 : 2012/03/31 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像関東地方最東端に位置する銚子電鉄海鹿島駅から、海鹿島海岸、君ヶ浜、犬吠埼、長崎町(酉明浦)、外川漁港 まで廻って、ハジロカイツブリ、クロサギ、クロガモ、シノリガモ、ミユビシギ、セグロカモメ、イソヒヨドリ などを見ることができた。 (3/22)


千葉 ・銚子といえば鳥仲間では カモメ で知られており、「銚子は東アジア最大のカモメ探鳥地、カモメの基本 8種や年齢別の識別には最適」 と言われている。
カモメを観察するには時期的に少し遅いと思われるので、カモメ 類は期待できないが、アビ類 ・カイツブリ類 ・海ガモ類、海岸の崖や岩場、砂浜などに渡来するシギ類などが期待されるとして、友人と出掛けた。

JR総武線千葉駅から、佐倉駅 ・成田駅を経由して銚子駅に向かった。 JR銚子駅で銚子電鉄 (写真 A) に乗り換えて、関東地方最東端の駅といわれている 海鹿島(あしかじま)駅 (写真 B) に 9時27分到着した。

画像
画像

海鹿島駅は関東地方最東端に位置する駅で、海鹿島の名前は嘗てアシカ が数百頭も生息していたからと言われている。 また、海鹿島(町)には嘗て多くの文人が保養や別荘として滞在されたこともあり、今でも周辺には 国木田独歩、竹久夢二、小川芋銭、尾崎萼堂 などの文学碑が建っている。

海鹿島駅前から東に緩やかな坂道を下って行くと、砂浜と岩礁が点在する海岸線に出た。 少し沖に浮かぶ小島(岩礁?)にはカワウが羽を休め、波間には ハジロカイツブリ や カワウ が泳いでいるのが見られた。

画像
画像

海岸線を君ヶ浜方向に進むと、ミユビシギ、シロチドリ が砂浜と磯で採餌に忙しく動き回っていた。
特に、ミユビシギ (写真 C、D) が波が押し寄せている岩礁で採餌しているのには ビックリ、砂浜で急ぎ足で動いているだけかと思ったのに。

日本の渚百選にも指定されている 君ヶ浜 (写真 E、F) に出ると、海岸線沿いには遊歩道や「君ヶ浜しおさい公園」 が整備され、ここから眺める 犬吠埼灯台 は美しい。 今日は曇り空なので、白亜の灯台の美しさを発揮できないようにも思えて、次の機会には青空に映えた灯台を見てみたい〜 。

画像
画像

世界灯台 100選にも指定されている犬吠埼灯台、海岸沿いの岩場や崖などにも飛来するという ハギマシコ などが、ここ犬吠埼灯台付近でも見られないかと探したが、残念ながら見られたのは ジョウビタキ と スズメ だけでした。

犬吠埼灯台から外川方向へ緩やかな坂道を下って行くと、途中に多くのホテルや旅館などがあったが休業している所が多いように感じられた。 酉明浦、長く延びた長崎鼻を見ながら進むと、近くの磯で潮干狩りをしている多くの人が見られ、磯近くの水面では カルガモ、民家の屋根には イソヒヨドリ などが見られた。

画像
画像

長崎町から外川漁港の方向へ進むと、道端に立並ぶ殆んどの電柱のテッペンに セグロカモメ や オオセグロカモメ などが羽を休めていた。

備考 : 前記した 「カモメ類の基本 8種」 とは、シロカモメ、ワシカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ウミネコ、カモメ、ユリカモメ、ミツユビカモメ の 8種のこと。 また、カモメ類は種によって成鳥になるまでに、@全長 60p以上の大型カモメ類 4種 ( シロカモメ、ワシカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ ) と 中型カモメの ウミネコ では 4年、A全長 45p以上の中型カモメ では 3年、B全長 40p以下の小型カモメ類 ( ユリカモメ、ミツユビカモメ ) では 2年 を要するとのこと。

画像
画像

外川漁港 (写真 G、H) に出ると、漁船が係留されている岸壁近くの水面で ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、シノリガモ (写真 @) などが見られた。

源義経が千騎の兵を率いて立て籠もったという伝説が残る 「千騎ヶ岩」 の近くで、沖の波間を見ると クロガモ (写真 I、J) の約 500羽以上の大群 〜。 野鳥図鑑によると、「群れをつくり、主に沖合いで生活する。 東北地方以北では、数千羽もの大群が見られることがある。」 というが、ここ外川で約 500羽以上の大群を見たのは初めて 〜 感激 〜!! 。 他に岩場では クロサギ 3羽 も見られ、期待していた殆んどが見られたので大満足でした。

画像
画像

ここで鳥見を終えて、外川漁港から銚子電鉄 外川駅まで歩いた。
開業時から建つ 平屋の木造駅舎 (写真 K)古い車両 (写真 L) 、何年前だったか?NHK の朝の連続テレビ小説 『澪つくし』 のロケ地としても知られ、見覚えのある駅舎と(新・旧)車両。 外川駅から銚子駅までは約 20分ほど、車内には男性の車掌の他に、女性の銚子市観光アテンダント(銚子市観光協会)が乗り込んで観光客などに沿線の観光案内などをしていた。 私たちも銚子市の活性化に協力しようと、JR銚子駅で一旦下車した。
楽しい一日を有難うございました。

今日見られたのは、カイツブリ、ハジロカイツブリ、ミミカイツブリ、カワウ、ダイサギ、クロサギ、アオサギ、カルガモ、クロガモ、シノリガモ、トビ、オオバン、シロチドリ、ミユビシギ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、キジバト、ハクセキレイ、タヒバリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス。 アビ類は見られなかった。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
銚子・君ヶ浜、外川漁港で カモメ、クロガモ などを探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる