タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京スカイツリー、浅草寺、亀戸天神社 を散策して

<<   作成日時 : 2012/04/05 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

画像JR総武線亀戸駅前から、亀戸 香取神社、亀戸天神社、東京スカイツリー、浅草寺を散策、さらにジャズの聴ける蕎麦屋さんで会食、大いに楽しんだ。 (3/24)



友人 10数人でつくるグループ 「○◎会」 では、毎年この時季に 「浅草界隈の散策と浅草演芸ホールで落語や漫才などを楽しむ会」を開催している。
昨年は趣を変えて、はとバス定期観光 「東京半日コース」 を楽しんだ。 今年は、東京スカイツリーが開業するのを機会に亀戸駅前から、亀戸 香取神社、亀戸天神社、東京スカイツリー、浅草寺を散策、その後 蕎麦屋さんで会食をする予定である。

今回の催しには 10名が参加、集合場所のJR総武線亀戸駅北口から 9時 スタート、最初に亀戸 香取神社に向った。


 亀戸 香取神社

亀戸駅北口から約 15分ほどで亀戸 香取神社に到着、皆で参拝した。 千葉 ・香取市にある香取神社には数回出掛けたことはあるが、亀戸 香取神社に参拝するのは今回が初めて。 スポーツ振興の神様ということも知ることができた。

亀戸 香取神社の HP によると、「亀戸 香取神社は、天慶の昔、平将門が乱を起した時、追討使俵藤太秀郷はこの香取神社に参拝し戦勝を祈願した。 乱はめでたく平定することができ、神恩感謝の奉賓として弓矢を奉納、勝矢と命名された。 この古事により、1000年の時を経て今も 勝矢祭 が守り伝えられている。 歴代の天皇をはじめ 源頼朝、徳川家康 などの武将達、また剣豪 塚原卜伝、千葉周作 をはじめとする多くの武道家達の篤い崇敬を受け、武道修行の人々は 香取大神 を祖神と崇めていた。 このような由来から、亀戸 香取神社 は スポーツ振興の神 として、スポーツ大会 ・試合の勝利を願う多くの参拝者が訪れ、篤い祈りを奉げている。」 とあった。

画像

亀戸 香取神社 (写真 A) の境内には、大根の形をした記念碑 「亀戸大根之碑」 があった。 亀戸大根は、「文久年間(1861 〜 64)の頃から、ここ香取神社周辺が栽培の中心地で明治時代にかけて盛んに栽培されてきた。」 とのこと。


 亀戸天神社

亀戸 香取神社 から 亀戸天神社 へ。 「藤まつり」の時季に参拝したことはあったが、梅の時季?に参拝したのは今回が初めて。

亀戸天神社の HP によると、「 菅原道真公をお祀りする当社は、下町の天神さまとして広く知れわたり、多くの方々に親しまれております。 古くはご本社にあたります 九州太宰府天満宮 に対して、東の宰府として 東宰府天満、あるいは 亀戸宰府天満宮 と称されておりましたが、明治 6年に 東京府社 となってより 亀戸神社 と号し、昭和 11年に現在の 亀戸天神社 と正称いたしました。」 、また 「寛文 2(1662)年10月25日に太宰府の社にならい、社殿、回廊、心字池、太鼓橋 などを営み、以来約 350年後の今日まで 東国天満宮の宗社 として崇敬されてまいりました。」 とのこと。

画像
画像

亀戸天神社 (写真 B、C) には、梅まつり ( 2/4 〜 3/4 )、藤まつり ( 4/21 〜 5/6 )、菊まつり ( 10 〜 11月頃 ) などもあり、多くの参拝者に親しまれているとのこと。
今年の 梅まつり は、すでに終わっているが、梅の花はまだ咲いていた。

亀戸天神社から蔵前橋通り に出て間もなく、くず餅の船橋屋 亀戸天神前本店があった。
ここは 「亀戸天神参道に文化 2(1805)年に開店、創業から 200年あまり、自然の恵みにこだわり続け、より美味しく、そして安心してお召し上がり頂けますよう、江戸より受け継がれる伝統製法と最先端の品質管理を駆使して製造しております。」 とのことで、私も土産に買った。


 東京スカイツリー

画像蔵前橋通り を西へ、次に 四ツ目通り を北へ進み、5月22日に開業するという 東京スカイツリー がよく見える押上、業平橋近くまで移動した。
春霞(春雨 ?)に煙ってテッペンまでは見えない 東京スカイツリー (写真 @、D) 、北十間川に映る東京スカイツリー など、これもまた趣があって楽しむことができた。

備考 : 東京スカイツリーのH Pによれば、「 東武鉄道と東武タワースカイツリー(株)が東京 ・墨田区を始めとする地域の期待に応えて、以下の基本理念に基づき、本プロジェクトを推進します。
<地域とともに活力のある街づくりに貢献>= 浅草や錦糸町、両国などの広域集客拠点に隣接し、交通利便性に恵まれた立地ポテンシャルを生かし、世界一の観光タワーを中核とした大規模複合開発により、地域とともに東東京エリアの新たな交流、観光、産業拠点を形成し、地域社会の活性化を牽引するとともに、国際観光都市東京の実現に貢献します。
<時空を超えたランドスケープの創造> = 江戸期の景観を代表する隅田川を背景に、日本の伝統的な美意識のもと最新技術を駆使して造形した意匠により、足元の北十間川から連なる水の系が織り成す情景や下町の粋な雰囲気と融合し、他の地区にはない、時空を超えたランドスケープを創造します。
<防災面での安心と安全の提供>= 万全の耐震、耐風、耐火性能を備えることにより、平常時はもとより災害時こそ電波塔の有する情報インフラとしての社会的意義を発揮するとともに、地震・火災・水害等の災害に十分耐え得る街づくりを進めることで、地域の防災性能の向上に貢献し、地域に安全と安心を提供します。」 とのこと。

画像

東京スカイツリー (写真 E) は、2008年7月14日に着工、2012年2月29日に竣工した。
そして2012年5月22日に開業。 施設の概要は、タワーの高さ 634m、足元の一辺の長さ 約 68m、地上本体の鉄骨重量(展望台を含む) 約 41,000d、天望デッキ (地上 350m) の収容人数 約 2,000人、天望回廊 (地上 450m) の収容人数 約 900人 。

さらに 新しく賑わう下町 「東京ソラマチ」 が誕生、水族館、ドームシアター、商業施設、オフィス、スクール なども開かれるとのこと。

画像
画像

東京スカイツリーを見て、業平橋から西に吾妻橋方向に歩いて行くと、右側に 22階建ての 「アサヒビールタワー」 と、その隣の屋上に「躍進するアサヒビールの心を象徴 」 した 炎のオブジェ のある スーパードライホールビル が見えてきた。

予定の時間より約 30分以上早いとのことで、スーパードライホールビル近くのカフェで休憩を摂る?ことに。 その後、吾妻橋を渡り浅草雷門から浅草寺へ。 途中の仲見世や土産店などの ショーウィンドー (写真 F、G) など眺めるのも楽しいもの。


 浅草寺

画像

浅草寺 (写真 H) に参拝。 浅草寺は 「東京都内最古の寺で、山号を 金龍山 、本尊は聖観音菩薩。 天台宗に属していたが、第二次世界大戦後に独立して聖観音宗の総本山となり、観音菩薩を本尊とすることから 浅草観音 あるいは 浅草の観音様 と通称されて広く親しまれている。」 とのこと。

そろそろ昼時、もう一つの楽しみは会食。 12時に予約している会食会場であるジャズの聴ける蕎麦屋さんに移動、今回も一日存分に楽しむことができた。 また来年もよろしくお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
東京スカイツリー、浅草寺、亀戸天神社 を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる