タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜の花咲く盛春の一日を楽しく

<<   作成日時 : 2012/04/30 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今期の冬鳥〜大型ツグミ類、ジョウビタキ、ルリビタキ、シメ、マヒワ など〜の渡来は遅く、その飛来数も例年に比べ大分少なく感じられた。 他に、カモ類やカモメ類までも飛来数が少なかったと言われている。
遅かったのは冬鳥だけでなく、桜の開花も大分遅く、やっと4月に入って咲き出し、7日前後に満開になった。 今回は、その桜花と野鳥を楽しもうと、千葉県北西部の花見川沿いと西印旛沼畔、佐倉城址公園を散策した。 (4/08、15、21)


 花島公園から花見川沿いへ (4/08)

JR総武線新検見川駅北口のバス発着所から京成八千代台駅行の京成バスに乗車して、花見川団地の中ほどにある「中央公園」バス停へ向った。

新検見川駅北口を発ってから、約 15分ほどで「中央公園」バス停に到着した。
中央公園にある桜は満開で、多くの人が花見を楽しんでいた。 中央公園を 10時ごろスタートして、先ずは約 500mほど南方向にある花島公園へ向かった。 花島公園の渓流園 、その下流にある谷津池に行くと、池畔の桜も 満開 (写真 A) で、ここにも多くの 花見や散策する人々 (写真 @) の微笑ましい光景が見られた。

画像

谷津池と中島池では、カルガモとコガモが見られた。 中島池から花見川沿いの花島観音緑地へ出ると、ここの桜も満開で、ここでもブルーシートを広げた多くの 花見客 (写真 B) が楽しんでいた。

花島橋 (写真 C) を渡り、花見川沿いの遊歩道(花見川サイクリングコース)を遡って柏井橋、さらに花見川沿いをしばらく遡ったところから、右側の高台にある横戸緑地へ出た。 園内の広場で昼食、食後は横戸緑地の中を南下して横戸南公園の近くから、さらに南下して柏井橋を渡って 柏井市民の森 へ移動した。

画像
画像

柏井市民の森では、野鳥の姿、鳴き声もあまり聞こえなかった。 ここで探鳥を終えて鳥合せを行った。

カイツブリ、カワウ、カルガモ、コガモ、ハイタカSP、バン、キジバト、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 29種を確認した。 ( 日本野鳥の会千葉県 花見川探鳥会 )

画像

柏井市民の森から中央公園に戻ると、満開の桜の下で多くの 花見客 (写真 D) が楽しんでいるのが見られた。


 京成臼井駅から西印旛沼畔へ (4/15)

画像京成電鉄千葉線に乗車、京成津田沼駅で京成本線の成田空港方面行に乗り換え、京成臼井駅 ( ただし、特急は停車しないので要注意 ) で下車した。

京成臼井駅の北口駅前をスタートして、宿内公園へ。
宿内公園から、稲荷神社、さらに石段を下りて国道 296号線を横切り、星神社へ。
星神社から臼井城址公園へ出ると、まだ桜が見頃。 さらに進んで臼井幼稚園の横を通り、真直ぐ農道?を西印旛沼畔へ出た。 西印旛沼畔の遊歩道を進むと、オランダ風車のある「佐倉ふるさと広場」の方向へ多くの人が向っていた。
尋ねると、オランダ風車のある場所で開催されている 「佐倉チューリップまつり」 (写真 E) とのこと。

工業用水取水口際の広場に移動して昼食。 食後、今日見た野鳥の鳥合せを行って散会した。
カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、コサギ、アオサギ、カルガモ、キンクロハジロ、トビ、ツミ、キジ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、キジバト、アマツバメ、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロシキレイ、ヒヨドリ、モズ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 37種でした。 (日本野鳥の会千葉県 西印旛沼探鳥会)


 京成佐倉駅から佐倉城址公園へ (4/21)

画像
画像

京成電鉄千葉線に乗車、京成津田沼駅で京成本線の成田空港方面行に乗り換え、京成佐倉駅で下車した。

京成佐倉駅南口から佐倉城址公園の姥が池までは、鏑木町の竹林や雑木林の中にある裏道を進んでヤマニ味噌店の横を通り、国道 296号に出た。 続いて、海隣寺、社会福祉センターの脇道を通り、重願寺、佐倉第二児童公園の脇に出て、間もなく 佐倉城址公園入口 (写真 F) に到着した。 ( 今回は、4/26 の探鳥会の下見、このルートは友人から教えて頂いたもので当日はこのルートで実施する予定です。 )

画像

城址公園入口から、ビオトープ、花の時期にはまだ早いが 菖蒲園 (写真 G)、続いて悲しい伝説が伝えられている姥が池に着いた。 近くの梅林には、アオジ (写真 H)、キジバト が見られた。 その後、園内を周って期待していた夏鳥のキビタキ、オオルリ、センダイムシクイ などを探したが、残念ながら、その気配すら感じられなかった。
 
画像
画像

画像
画像

城址公園の桜は 50品種 1,100本あるといわれ、中でも江戸時代から 名桜 と言われてきた美しい桜も 13品種 ( 白妙、祇王寺祇女桜、八重紫桜、鬱金、一葉、福禄寿、朱雀、松月、楊貴妃、御車返し、普賢象、関山、天の川 ) が見られるとのこと。 そこで、夏鳥は諦めて桜花を愛でることにした。

今回 見ることができた 桜 (写真を掲載した順) は、紅紫色の大輪 花笠 (ハナガサ) (写真 I)、淡紅紫色の大輪 松前花山院 (マツマエカザンイン) (写真 J)、淡紅紫色の大輪 朱雀 (スザク) (写真 K)、淡紅色の大輪 松月 (写真 L)、淡紫色の大輪 関山 (カンザン) (写真 M)、黄緑色の大輪 鬱金 (ウコン) (写真 N) など。

画像
画像

他にも、強い芳香がある白色の中輪 駿河台匂 (スルガダイニオイ)、淡紅紫色の大輪 佐野桜 (サノザクラ)、淡紅色の大輪 普賢象 (フゲンゾウ)、淡紅色の中輪 祇王寺祇女桜 (ギオウジギジョザクラ) などが見られた。

期待していた夏鳥は、4/26 の探鳥会を期待したい。 ( 追記 : 当日は雨天のため中止になりました。 )
佐倉城址公園を周った後、隣接する国立歴史民俗博物館で、3月27日から 5月6日まで開催されている 「洛中洛外図屏風と風俗画」 を鑑賞した。 その後、歴博講堂で開催の 第 82回 歴博フォーラム 「描かれた都市の風俗と名所 − 京都を中心に − 」 を聴講した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜の花咲く盛春の一日を楽しく タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる