タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉県花見川の春のシギ・チドリ類個体数調査

<<   作成日時 : 2012/05/10 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉県北西部を流れる花見川に飛来するシギ・チドリ類について、中流の汐留橋から下流の美浜大橋、花見川河口までの約 5qの区間で個体数調査を行った。 昨年 8月30日に同じ区間を調査して イソシギ 2羽 を確認したが、今回は如何だろうか。 (4/29、5/04)


日本野鳥の会千葉県では、県内各地に飛来するシギ・チドリ類個体数調査を毎年実施している。
私は千葉県北西部を流れる花見川中流部の汐留橋から下流の美浜大橋、花見川河口までの約 5qを調査した。


 花見川汐留橋からJR総武線花見川鉄橋までの約 2q : (4/29)

JR総武線新検見川駅北口バス発着所から、「花見川区役所」行の京成バスに乗車して終点の区役所で下車した。
11時20分、花見川区役所から花見川沿いの遊歩道(東岸)に出て、上流の汐留橋へ向ってスタートした。
花見川東岸の遊歩道は花見川サイクリングコースにもなっており、時々スピードを上げた自転車が走るので歩行には注意が必要だ。

画像
画像

花見川の川面で最初に出合ったのは 1羽のホシハジロ ♀であったが、これは居残りか。?
花見川東岸の遊歩道沿いには、約 800mほどの長く伸びた花見川千本桜緑地があり、染井吉野 (ソメイヨシノ)、オオシマザクラ (大島桜) などは葉桜だったが、普賢象 (写真 A) は淡紅色大輪八重の花が満開で、他に藤の花 (写真 B) も見頃でした。

また、この緑地に隣接して、「しらさぎ公園」、「むくどり公園」 という鳥の名前を付けた公園があり、他にも 区役所の近辺には 「かるがも公園」、「つぐみ公園」 がある。

画像
画像

さらに遡って行くと調査対象の イソシギ 1羽 を確認、他に カルガモ 4羽、スズガモ ♂ 1羽、オオバン 2羽 が見られた。

11時45分 汐留橋に到着、ここから折り返して花見川西岸の遊歩道をJR総武線花見川鉄橋へ下ることにした。
汐留橋の上からは、下流にある 汐留と京葉道路の高架橋 (写真 C) が見える。 この付近の花見川西側にはいくらかの水田も広がっており、コサギ 3羽、チュウサギ 4羽 が見られた。 さらに下ると、先ほどの花見川東岸の遊歩道からは確認できなかった場所で、カルガモ 4羽、カワウ 2羽、セッカ 1羽 が見られた。

画像
画像

花見川区役所の近く 瑞穂橋 (写真 D) に近づくににつれて、東岸の遊歩道 ・花見川サイクリングコースには 颯爽と走る自転車の列 (写真 E)、西側には 幕張新都心の高層ビル群 (写真 F) が霞んで見えた。

12時10分 瑞穂橋に到着、さらに約 550m下ると浪花橋だが、この区間では何も見ることができなかった。

画像
画像

浪花橋 (写真 G) は、現在 橋梁の塗装工事中?なのか橋の欄干部分には白いテントで覆われていたが、通行は可能であった。 さらに約 250mほどで、JR総武線花見川鉄橋 (写真 H) であり、浪花橋からJR総武線花見川鉄橋までの区間では何も確認できなかった。

* その結果、花見川汐留橋からJR総武線花見川鉄橋までの約 2qの区間では、シギ・チドリ類は イソシギ 1羽 だけでした。


 JR総武線花見川鉄橋から、美浜大橋、花見川河口までの約 3q : (4/29、5/04)

画像
画像

12時30分、JR総武線花見川鉄橋から美浜大橋、花見川河口までの約 3qを下ることにした。
JR総武線花見川鉄橋から、約150m下ると京成線花見川鉄橋、間もなく新花見川橋、幕張橋、新幕張橋と続いているが、この区間はマンションや住宅が建て込んでおり、花見川西岸から観察した。

新幕張橋 (写真 J) の近くには、磯辺新田公園と、対岸(東岸)に川幅が一部広くなっている部分に ウイングベイ (写真 I) があり、小型のボートや漁船などが何艘か係留されていたが、この場所では カルガモ 2羽 。 この先の下流の調査は、日を改めて実施(5/04)することにした。 ( 4/29 は大変蒸し暑かったことと、潮が小潮、満潮 8:42、23:09、干潮 2:56、15:47 (千葉 ・寒川 ) であることから。)

画像

今日 (5/04) は、JR総武線花見川鉄橋沿いを 9時20分にスタート、国道 14号線の新幕張橋(上り、下り)、国道 357号線の花見川橋(上り、下り)、東関道、真砂大橋と、花見川東岸の遊歩道を河口に向って進んだ。 なお、今日の潮は 大潮、満潮 2:59、16:02、干潮 9:32、21:50 (千葉港 ) とのこと。

次の水道管橋までの区間では、カルガモ 3羽 のみ。 9時50分、水道橋 (写真 K) 付近の川の中ほどに干潟が出ており、キアシシギ (写真 @) 1羽と、カワウ 4羽、カルガモ 2羽 が確認できた。

画像
画像

さらに 磯辺橋 (写真 M)、美浜大橋 (写真 L)、 花見川河口と進むと、花見川終末処理場からの処理放水管の付近には、イソシギ 2羽と、オオバン 8羽、カルガモ 1羽、コガモ 2羽 が確認できた。 10時40分 調査を終了した。

今回のシギ・チドリ類個体数調査の結果は下記の通りです。
* 花見川汐留橋から、JR総武線花見川鉄橋まで : ( 調査 4/29、11:20〜12:30、晴 ) イソシギ 1羽 。
* JR総武線花見川鉄橋から、美浜大橋、花見川河口まで : ( 調査 5/04、9:20〜10:40、曇 ) イソシギ 2羽、
       キアシシギ 1羽 。
* 合計 : 2種(イソシギ、キアシシギ)  4羽 。 ( この内容は、「 2012年シギ・チドリ類個体数調査結果 」 として、日本野鳥の会千葉県に 5月 6日 担当幹事宛 報告した。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
千葉県花見川の春のシギ・チドリ類個体数調査 タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる