タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の「花島公園」と「あけぼの山農業公園」を散策して

<<   作成日時 : 2012/05/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉市 ・花島公園、柏井市民の森、柏市 ・あけぼの山公園、大風車と花の彩る 「あけぼの山農業公園」、関東三大弁天のひとつ布施弁天、利根川堤防 などを散策、野鳥 ・昆虫 ・草花 などを楽しんだ。 (5/13、16)


 「花島公園」を散策して (5/13)

千葉市 ・(花見川団地)中央公園から、花島公園、花島観音緑地、花島橋を渡り花見川沿いの遊歩道(花見川サイクリングコース)を遡り横戸緑地へ、ここから南下して柏井橋を渡り柏井市民の森まで巡ることにした。

JR総武線新検見川駅北口のバス発着所から、京成八千代台駅行の京成バスに乗車して千葉市・花見川団地の中ほどにある「中央公園」バス停で下車した。 先月 4月 8日、満開の桜で大いに楽しませてくれた千葉市花見川区の中央公園の桜はすでに葉桜、今回はツツジの花が咲いていた。 10時10分頃 中央公園をスタートして、先ずは約 5〜600mほど南方向 花見川沿いにある花島公園へ向かった。

花島公園には、渓流園、噴水池、谷津池、中島池 などがある。 中島池には、何時でも見られるカルガモの姿だが今日は見られなかったが、池畔には紫色の ヒオウギアヤメ ?、カキツバタ ?(写真 @) の花と、白色の ヒツジグサ (スイレン) (写真 A、B) の花 などが見られた。

画像
画像

中島池から、花見川沿いの花島観音緑地、さらに花島橋を渡り花見川沿いの遊歩道(花見川サイクリングコース)を約 400mほど遡って行くと、遊歩道沿いの草薮に覆われていた川畔が 地面剥き出し (写真 C) になっており、また遊歩道沿いには新しく木造小屋や石窯?などが造られて(商売?)いた。

遊歩道を進み、柏井橋から上流に約 1.2qほど遡ったところで右側の高台にある横戸緑地へ出た。

画像

横戸緑地は、幅 約 70m、長さ 〜 700m と南北に細長い 桜や雑木林に覆われた公園で、園内の雑木林の根本には オオスズメバチ と サトキマダラヒカゲ (写真 D) が樹液を吸っているのが見られた。 また樹幹に ヨコヅナサシガメ (横綱刺亀) (写真 E) が毛虫を捕らえて、口吻を突き刺し体液を吸っているのも見られた。

備考 : ヨコヅナサシガメ (横綱刺亀) は、肉食性で他の昆虫を捕らえて口吻を突き刺し体液を吸う昆虫 (節足動物門>昆虫綱>有翅昆虫亜綱>半翅目>異翅亜目>サシガメ科)。 また、雑木林やサクラ、エノキ、ケヤキなどの樹洞や樹幹の窪みに棲むことが多く、幼虫は群がって越冬し 翌年 4〜 5月頃に成虫になるとのこと。

画像
画像

園内の広場で昼食、食後に横戸緑地の雑木林などの中を通り、横戸南公園の近くに出た。 さらに南方向に進み、柏井橋を渡って柏井市民の森へ移動して探鳥を終え、鳥合せを行った。 
カワウ、アオサギ、カルガモ、ハイタカSP、キジバト、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、センダイムシクイ、キビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 21種を確認した。 ( 日本野鳥の会千葉県 花見川探鳥会 )



 「あけぼの山農業公園」を散策して (5/16)

画像柏市 ・あけぼの山公園、四季折々の花と大風車がある「あけぼの山農業公園」、関東三大弁天のひとつ布施弁天、利根川堤防などを巡ることにした。

JR総武線船橋駅で下車して東武野田線柏行に乗り換え、さらに柏駅で JR常磐線に乗り換えて我孫子駅へ向った。

我孫子駅北口から 「あけぼの山公園入口」行の阪東バスに乗車、終点で下車した。 なお、バスの運転本数は、平日 ・休日とも 1時間に 3〜 4本ぐらいある。

終点の 「あけぼの山公園入口」 バス停から約 7〜8分ほど歩いて、「あけぼの山農業公園」本館に到着した。
館内で双眼鏡などを準備して 9時ごろスタート、北側にある資料館 ・売店へ緩い坂の遊歩道を進んだ。 途中の遊歩道沿いには フタリシズカ (写真 G) が咲き、白百合の滝、のぼり窯 などがあった。

画像
画像

資料館 ・売店の前には、芝生広場や、鯉が泳いでいる 「ひょうたん池」 (写真 H) があった。

次に園内の展望台へ、さらに約 500本の桜が植えられているという 「さくら山」、小林一茶俳句碑、スイレンが咲いていた水生植物園(池)などを巡って、池泉回遊式という 日本庭園 (写真 I) へ。 庭園は、四季折々楽しめるように 桜、紅葉、様々な草花などが植栽されていた。

画像

日本庭園を出て、関東三大弁天の一つで 「布施弁天」 の名で親しまれている 紅龍山布施弁天東海寺 (写真 F) に向った。

布施弁天は、弘法大師作といわれる弁財天を本尊とし開創された祈願寺とのこと。 千葉県指定重要文化財の楼門は総欅二階建の瓦葺き「最勝閣」、階下に四天王、階上には釈迦三尊を安置。 同じく千葉県重文指定の鐘楼は全国でも珍しい多宝塔式、柱頭には十二支の彫刻を配して方位を表しているとのこと。 本堂も千葉県重文指定、本堂外陣の天井鏡板の龍は狩野探舟の作で、三方破風造り総朱塗り。 三重塔には不動明王像を安置しているとのこと。 ( 紅龍山布施弁東海寺 発行の リーフレット を参照しました。 )

画像
画像

小高い場所にある布施弁天からは、東側に 大風車、市民農園、果樹園、花畑 が広がっている 「あけぼの山農業公園」 が見下ろせる。 この時季の花畑 (写真 J) には花が見られなかったが、先月 (4/18) 来たときには様々な色彩の チューリップ (写真 K) の花が咲いており、大風車と相俟ってとても美しかった。

画像

続いて、地元の新鮮野菜を販売している トマトハウス の横を通り、利根川の堤防 (写真 L) に出て 約 1qほど下って、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、チョウゲンボウ、キジ、コチドリ、オオヨシキリ、セッカ などを確認することができた。

堤防から 「あけぼの山農業公園」外周を廻り資料館に戻り、鳥合せを行った。 カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、チョウゲンボウ、キジ、コチドリ、キジバト、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、エナガ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 24種を確認した。 ( 日本野鳥の会千葉県 あけぼの山農業公園平日探鳥会 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初夏の「花島公園」と「あけぼの山農業公園」を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる