タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑の塩原温泉郷を散策して

<<   作成日時 : 2012/05/30 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像今年 2月初旬、塩原温泉卿を流れる箒川沿いで カワアイサ、アオシギ、キセキレイ、カワガラス などを見ることができたが、この新緑の時季には どんな野鳥が見られるのだろうか。 再び、塩原温泉卿に出掛けることにした。 (5/17、18)


JR総武線西船橋駅南口で友人数人と待ち合わせ、今晩 宿泊するホテルの送迎バスに乗り込んだ。

西船橋駅南口前を 8時に出発したバスは、県道 180号線を進み、9時にJR常磐線松戸駅西口前に立ち寄り宿泊客を乗せて出発した。 間もなく松戸三郷道に入り、江戸川に架かる上葛飾橋を渡り 東京外環道へ入った。
川口JCTから東北道へ入り 10時頃 SAでトイレタイム、西那須野塩原 I C から 国道 400号線 (写真 A) に下りて、塩原温泉郷へ向った。

なお、前記した今年 2月初旬 の塩原温泉卿に出掛けた様子は、当ブログに 「カワアイサ、アオシギ、カワガラス を追いかけて」 のタイトルで、 2012/02/25 掲載した。

画像

バスは、箒川沿いの新緑 (写真 B) の中を進み、「ようこそ塩原温泉に」 との歓迎看板に迎えられて 塩原温泉郷 (写真 C) に入った。 12時頃 ホテル指定の食事処に到着、食後は再び送迎バスに乗り込み宿泊するホテルに向うのが通例だが、私達は近くを流れる箒川沿いで探鳥するため、ここで下車した。

画像
画像

箒川沿いに整備されている遊歩道の塩原渓谷歩道で 約 40分ほど探鳥、カルガモ、コガモ、キセキレイ、ハクセキレイ などを見ることができた。 引き続き探鳥するため、JR 塩原温泉バスターミナル 13時05分発の那須塩原駅行に乗車して、塩原渓谷歩道 やしおコースの入口へ向った。

塩原渓谷歩道やしおコース入口の最寄りバス停は 「塩原大網」、13時16分ごろ到着したが、やしおコース入口 までは今 バスで通ってきた国道 400号線を約 10分?ほど戻った。

画像
画像

塩原渓谷歩道やしおコース入口から 急坂の歩道を下り、箒川ダムに架かる金網に覆われた通路を通って、対岸に渡った。 早速、ダム湖の水面で泳いでいる オシドリ (写真 @) のつがいを見つけた。 大分離れているのだが、此方に気づいたのか木陰に隠れて写真を撮ることができなかった。 ( 注 : 写真 @ は、翌日 箒川沿いで撮影した写真です。) 箒川の上流へ向けて歩道を進むと、カケス の姿、センダイムシクイ と キビタキ の鳴き声が聞こえた。

なお、歩道には やしおコースの案内板 (写真 D)田山花袋文学碑 (写真 E) があった。

備考 : 塩原街道開通百年を記念して建てられたという 「田山花袋文学碑」 には、「塩原の谷は始めて訪ねて行ったものを驚かさずには置かなかった。 単に渓谷としては日光の大谷の谷もこれに及ばず、箱根の早川の谷もまたこれに及ばず、木曽の峡谷もまたこれに及ばず、耶馬の渓もまたこれに及ばず、球磨、富士、天龍、それは舟かぢを通ずると通ぜざるとの別はあるにしても、矢張りこの塩原の箒川の谷には及ぶべしとも思はれなかった。 「日光と塩原」 より。」 と記載されていた。

画像
画像

画像
画像

急坂の歩道を上るというよりは山を登るといった感じ、その後 急坂を下り、布滝観瀑台 から 布滝 (写真 F) を見た。 渓流沿いでは、渓流釣り (写真 G) をしている人をよく見かけたが イワナ・ヤマメを狙っているのだろうか。

歩道沿いには、様々な野草や ヤマツツジ、レンゲツツジ (写真 H)、少し盛を過ぎた シロヤシオ (写真 I) などの花が咲いており、楽しみながら歩くことができた。 さらに歩道を進んで 「塩原グリーンビレッジ」 の前に出た。 そろそろ ホテルに戻る時間、塩原渓谷歩道を歩くのはここまでとして、国道 400号線の 「視力センター前」バス停へ。 残念ながら バスは発ったばかり、次は 15時41分発、あと 40分ほどあるので次の「塩原福渡」バス停まで歩くことにした。

画像
画像

幸いにも 「塩原福渡」 バス停の近くには、見所がいっぱい。 特に バス停の前には、創業 470年という和泉屋旅館があり、大町桂月、有島武郎、竹久夢二、野口雨情、長谷川伸、山岡荘八 など多くの文人や、画人にも愛された旅館とのこと。 玄関前には 「野口雨情 詩碑」 (写真 J)、さらに昔懐かしい現役の 丸型ポスト ( 愛称 : 「フクちゃんポスト」 ) (写真 K) も見ることができた。

塩原の渓谷と温泉を愛した 野口雨情 は、たびたび和泉屋に滞在したとのことで、写真 J にある詩歌は 昭和12年6月に滞在したときの作で、昭和 60年 和泉屋創業 450年記念に建碑されたとのこと。

画像
画像

「塩原福渡」バス停を 15時42分発の塩原温泉バスターミナル行に乗車して、15時51分終点に到着、16時30分頃 ホテルに入った。 ホテルの部屋から見る 塩原温泉卿 (写真 L、M) は、とても美しく感じられた。 早速、温泉で汗ばんだ身体を洗い流し、夕食と部屋に戻ってからの談笑と ・ ・ を大いに楽しんだ。

翌朝 5時30分頃 外は雨模様、ゆっくり温泉と朝食を済ませ、8時30分頃 チェック アウトして霧雨の中を塩原渓谷歩道へ出た。 オシドリ (写真 @)、カルガモ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ツバメ、カワガラス、ホオジロ などが見られた。 10時頃、友人の計らいで岩魚釣り堀屋で 11時頃まで休憩、その頃には雨も止んでいた。

今回も大いに楽しむことができた。 11時40分頃 ホテルの送迎バスに乗り込み、16時40分頃 JR西船橋駅南口に無事到着した。 皆さん、いろいろ有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
新緑の塩原温泉郷、素晴らしいです。
レンゲツツジやシロヤシオが綺麗ですね〜。
温泉と、素晴らしい渓谷の塩原は、大勢の著名人に愛されたのですね。
塩原渓谷歩道では、オシドリをご覧になられたようですね。
以前にも明治神宮でご覧になっていましたが、一度オシドリを見てみたいと思っていますが、なかなか実現しません(笑)

2012/06/03 22:29
こんばんは。
新緑の塩原温泉卿、箒川沿いに整備された遊歩道を進むと、美しい渓谷と清流に響くカジカガエルの鳴き声、水面を飛び回るキセキレイやカワガラス、ツツジや様々な草花なども楽しむことができました。
それに明治神宮の人馴れしたオシドリではなく、警戒心の強い(野性らしい)オシドリに出合えました。
杏さん、オシドリに出合えることを期待しています。
タケちゃん
2012/06/04 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新緑の塩原温泉郷を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる