タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 花見川遊歩道と西印旛沼の畔を散策して

<<   作成日時 : 2012/07/24 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像千葉市花見川区の中央部を北から南へ流れる花見川、その中程の川沿いにある花島公園から、花見川遊歩道を遡った。 また、京成臼井駅から、宿内公園、臼井城址公園を廻り、西印旛沼畔まで散策した。 (7/08、15)



 花島公園から、花見川遊歩道へ (7/08)

関東甲信地区は、まだ梅雨明けしていないが、朝方の小雨も間もなく上がるという天気予報を信じて出掛けることにした。

JR新検見川駅北口から八千代台駅行の京成バスに乗車、花見川団地の中程にある中央公園バス停へ向った。

中央公園バス停に着いた時は、まだ小雨が降っていたが 10時ごろには雨も上がった。
公園から、花見川市民センター ・花見川図書館花見川団地分館の前を通り、約 600mほど南下して、花島公園の 渓流園、噴水広場 (写真 @) に出た。 広場には ムクゲ の花が咲き、花壇には ダリヤ (写真 A) などの花、キタテハ? (写真 B などの蝶が美しかった。

画像
画像

渓流園の下流にある谷津池から中島池へ進むと、池畔には ハンゲショウ、水面には 白花の スイレン (写真 C)、 白色で中心部が黄色のガガブタの花、紅色の 大賀ハス (写真 D) の花が咲いていた。

中島池から、花島観音と親しまれている天福寺を右に見ながら花見川沿いの花島観音緑地へ。
さらに花島橋、花見川沿いの遊歩道 (花見川サイクリングロード) に出て、上流の柏井橋の方向へ向った。 川面には、フロート(浮き舟) に乗って釣りをしている人が見られたが、カワウ、カルガモ などは殆んど見られなかった。

画像
画像

遊歩道をしばらく進んだところで、右側の高台にある横戸緑地へ。 ここで昼食、食後は横戸緑地を南下した。
横戸緑地から、柏井橋を渡り柏井市民の森へ。 雑木林の樹陰は、気持ちがいいが蚊や蜂などを避けて、花見川団地内の広場へ移動、ここで鳥合せを行った。

今日見られた野鳥を全部挙げると、カワウ、カルガモ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 18種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 花見川探鳥会 )


 京成臼井駅から、宿内公園、臼井城址公園、西印旛沼畔へ (7/15)

画像今日は、関東甲信地区の梅雨明けが間近いものと感じさせる晴れ間。 京成津田沼駅で京成本線に乗り換えて、京成臼井駅に向った。
(追記 : 関東甲信地区の梅雨明けは、「7月17日ごろ」 との発表があった。 なお、四国、中国、近畿、東海 も 「7月17日ごろ」 との発表があった。)

京成臼井駅に到着、改札口から北口に出て住宅地の中を通って高台にある臼井城の砦跡であったという宿内公園へ向った。

園内は 深緑の雑木林 (写真 E)、ニイニイゼミの鳴き声も聞こえ、草原の上を餌を求めて ツバメ が飛び回っているのが見られた。
宿内公園から、再び注宅地の中を通って稲荷神社へ。 稲荷神社から石段を下りて、国道 296号線の横断歩道を横切り、さらに急な坂道を上って星神社へ。 近くの畑には夏の太陽を受け花開いた ヒマワリ (写真 F)、落花生の花も見られた。

画像

星神社から太田図書 ( 太田道灌の弟、平安時代末期から 200年間、臼井庄 18ヵ村の支配を続けてきた臼井氏の城を、道灌が文明 11(1479)年に攻撃。 このとき、図書は二の丸の空壕の西側にあたる この場所で戦死したと伝えられている。) の墓 、その先には永久 2(1114)年に千葉常兼の三子 臼井六郎常康の築城と伝えられている臼井城、今では市民の憩いの場所として親しまれている 臼井城址公園へ。

画像
画像

高台の臼井城址公園からは、約 800m先の北東方向に 西印旛沼 (写真 G、H) が望める。
公園から県道64号千葉臼井印西線を横切り、臼井幼稚園の横を通り、さらに車道を横切りその先の農道を真直ぐ進む。 水田 (写真 I) には、アオサギ、ダイサギ などが見え、また稲もだいぶ成長して出穂している田圃も見られた。 畦道の近くには、オモダカ科の オモダカ ?、アギナシ?の花が咲いていた。

オモダカ と思ったが、葉が細く矢じり形なので アギナシ?かとも思った。 和名の オモダカ は 「葉を高く伸ばした様子を鼻が高く骨ばった人の顔(面高)に見立てたもの 」 、アギナシ は 「あごなし の転訛で、若葉が裂けないことによる 」 とのこと。 大変面白いと思った。

画像

西印旛沼の畔 (印旛沼サイクリングロード) へ出ると 「 8月3日正午から〜8月6日正午まで、佐倉市民花火大会のため通行止め ( 印旛沼取水場 〜 野鳥の森下 ) 」 との看板、今年は花火大会が開催されるようだ。

JFEスチール浄水場取水場では、ツバメの幼鳥が親鳥から餌を貰っていた。
取水場近くの草原で昼食、その後 今日見た野鳥の確認(鳥合せ)を行った。 カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ミサゴ、トビ、サシバ、大型カモメSP、コアジサシ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス の 27種でした。 (日本野鳥の会千葉県 西印旛沼探鳥会)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
花見川遊歩道と西印旛沼の畔を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる