タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 21世紀の森と広場を散策して

<<   作成日時 : 2012/11/26 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 1

画像松戸市千駄堀にある 「21世紀の森と広場」、昨年はオオハクチョウが 11月 2日に渡来したというが今年はどうなのだろうか。 今年は、各所から冬鳥の マヒワ、ウソ 、ツグミ などが昨年に比べ多く飛来しているという情報もあり、期待して出掛けることにした。 (11/20)


松戸市のHPによると、「 21世紀の森と広場は、広さが東京ドーム 11個分 ( 50.5 ヘクタール ) もある大きな公園。 緑豊かな園内は、山 ・林 ・池 ・田園 など 様々な自然に触れ合うことができる環境。」 とのこと。

また、昨年 オオハクチョウが飛来した千駄堀池は、「 3つの谷津が集まって出来ている人工の池で、広さは東京ドーム約 1個分 ( 5ヘクタール) の大きさがあり、湧水量は 1日で約 1,000 トンもある池。 池の中央には、水鳥等が営巣出来るように島が作られ、北側は生きもの専用区域として 人の立入りを制限し、自然環境の保全に努めている。 一方南側には、霧の噴水が設けられ、毎日午前 10時から午後 4時まで、1時間に 1回 水面を霧が覆い、とても幻想的な風景が楽しめる。」 とのこと。

画像

JR総武線西船橋駅でJR武蔵野線に乗り換え、新八柱駅で下車した。 なお、新京成線八柱駅も JR新八柱駅の近くにあるので、京成津田沼駅から新京成線松戸行に乗り換えても行くことができる。

JR新八柱駅 (新京成八柱駅南口) から 「さくら通り」 に出て約 700mほど進み 「さくら橋} を渡って直ぐ左折すると、右側に県立西部図書館、森のホール21、間もなく その先に 「21世紀の森と広場」 の中央口に出る。
途中の 「さくら通り」 (写真 A) のサクラ葉が紅葉して、また森のホール21前のケヤキ並木も紅葉して美しい。

画像
画像

画像
画像

「21世紀の森と広場」 の中央口から入ると、目の前には 「公園の中で一番大きな芝生の広場。 広さは東京ドーム約 1.3個分 ( 6.3ヘクタール) で、林縁からの湧水が小川となって広場のまん中を流れている。」 という 「光と風の広場 」 (写真 B、C) 。 広場の中程に植樹されているケヤキや斜面林の雑木林やカエデなどが 紅葉、黄葉 (写真 D、E) しており美しい。

広場周辺の斜面林沿いを右側から左側へと探鳥しながら進んで行くと、斜面林では アカハラ、ツグミ、ヤマガラ、シジュウカラ などが確認でき、「光と風の広場 」の中程では ハクセキレイ、セグロセキレイ なども見られた。

画像

「光と風の広場 」 から、公園の真ん中にある 高架橋 ・広場の橋 (写真 F) の下を潜り、千駄堀池畔 (写真 G、H) に出た。 水面には、カイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、バン、オオバン などが見られた。 期待の オオハクチョウ は、まだのようだ。

さらに、北側にある四季の山野辺、野草園 などを廻ってから、対岸にある千駄堀の自然などを解説している展示や「みどりの相談室」などのある パ−クセンター (公園管理事務所) の前を通り、自然観察舎へ移動した。 途中で、オオタカ が上空を舞っているのが見られた。

画像
画像

自然観察舎に入ると、数人の来園者が カワセミ を見つけて歓声を上げていた。

自然生態園 (いきものたちの谷津) と その斜面林 (写真 I、J) には、まったくと言うぐらい野鳥の姿がなく、なんとか千駄堀池で ( 先に、カイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、バン、オオバン は見ているので ) 新たに ダイサギ (写真 K、L)、アオサギ、コガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ などが見られた。 自然観察舎に毎日通っているという人は、「昨日は様々な野鳥がみられたのに」 と嘆いていたが、これは 先ほど上空を舞っていた オオタカ の影響か ?。

画像
画像

画像
画像

12時、自然観察舎を出て千駄堀池畔から突き出て建つ東屋 (観察小屋) とその周辺で昼食、食後に今日見た鳥の確認(鳥合せ)を行った。 オオハクチョウ、マヒワ (写真 @) ( 2012.10.26 ある公園で撮影したものを貼付しました。) などの冬鳥がもう少し多く見られると期待していのたが残念。

見られた野鳥は、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、オオタカ、バン、オオバン、キジバト、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、アカハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス の 35種でした。 (日本野鳥の会千葉県 21世紀の森と広場平日探鳥会)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
期待していたオオハクチョウは、今年は12月13日、 2羽が飛来したとのこと。( 12/14付 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏版 参照 )
昨年は 11月2日、一昨年は 12月初め、毎年 1〜4羽飛来しているとのこと。
takechann
2012/12/14 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
21世紀の森と広場を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる