タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治神宮で オシドリ や ヤマガラ などに出合えて

<<   作成日時 : 2013/01/21 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 4

画像正月三箇日の人出が日本一という明治神宮、最近では境内の清正井がパワースポットとして評判になり、さらに人出が多くなった。? そういう明治神宮で、今年もお参りと境内の御苑や北池などで ヤマガラ、クロジ、オシドリ などに出合いたいと出掛けた。 (1/10)


ご存知のように、明治神宮は 明治天皇と昭憲皇太后の御神霊をお祀りするために 大正 9 (1920)年11月1日に創建された。 大正4 (1915)年から造営工事が始り、全国から約10万本、365種の樹木が奉献され、現在は 296種、17万本の樹木があるとのこと。

境内の御苑には、最近 パワースポットとして評判になった 清正井(きよまさのいど) がある。 なお、御苑は 「江戸初期以来、加藤家、井伊家の下屋敷の庭園であったが 明治時代には宮内省の所管となり、代々木御苑 と称せられ、明治天皇、昭憲皇太后がたびたびお出ましになられた ご縁の深い由緒ある名苑 」 とのこと。

画像
画像

JR総武 ・中央線緩行電車に乗車して代々木駅で、山手線に乗り換え原宿駅で下車した。

原宿駅表参道口 (写真 A) から山手線跨線橋に出ると、目の前(北側)には明治神宮の南参道入口と大鳥居、南西側には渋谷のビル街、国立代々木競技場 (第一室内競技場)、NHK放送センターなど (写真 B) が見えた。

画像

南参道入口から、大鳥居を通って鬱蒼と茂る樹木が覆う玉砂利の参道を進むと、右側に日本各地の日本酒の蔵元から献納された銘酒 ・清酒の菰樽、左側には フランス・ブルゴーニュ地方の葡萄酒の醸造元から献納された酒樽がずらりと並んでいた。 さらに左側に折れて進むと 大鳥居(第 2鳥居) (写真 C)、その先の右側には 酒造会社 や ゼネコン など、様々な業界から献納された多くの提灯?が飾られていた。

画像
画像

間もなく左側に御苑入口(北門)、受付で入苑料を納めて、面積 83,000u もある苑内へ。

苑内には、武蔵野特有の雑木林の中に 隔雲亭、御釣台、南池、菖蒲田、清正井 などがあり、また雑木林や熊笹の間を縫って曲がりくねった小道を進み、期待の カワセミ、ヤマガラ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、アオジ、クロジ などを探した。 隔雲亭、御釣台の近くの雑木林では、ヤマガラ、シロハラ、アオジ、クロジ などや、番外(外来種・亜種)の ガビチョウ、ソウシチョウ なども。 南池畔では、カワセミ、ヤマガラ、シジュウカラ、シロハラ、ルリビタキ、シメ、アオジ などが見られ、中でも ヤマガラ (写真 D) は、手のひらから ピーナッツ (写真 E) を貰っていくのが見られた。

画像
画像

画像
画像

パワースポットとして話題の 清正井 には寄らず、御苑を出て 「迎春」の絵馬 (写真 @) が掲げられている 南神門 (写真 F、G) から 御本殿 へと進み参拝した。

御本殿前の西側には、縁結び、夫婦円満、家内安全の象徴となっている 「夫婦楠」 (写真 H) がある。
立札 (写真 I) には、「 この楠は、大正 9年の御鎮座当時に献木され、御祭神の御加護のもと樹勢瑞々しき大樹に育った御神木 」 、「両樹木は、夫婦楠 として親しまれている」 と記載されていた。

画像
画像

参拝の後、西参道から オシドリ のいる北池に向った。

途中、芝生広場 の先に尖塔状のビル、代々木駅近くの NTT ドコモ 代々木ビル (写真 L) が見えた。
北池 に出ると、目当ての オシドリ (写真 J、K) が 7羽+ほど、他に マガモ、カルガモ、アオジ などが見られた。 北池の オシドリ は、昨年の同じ時期に比べて非常に少なくなっている。 北池の近くの芝生で昼食、食後に今日見た野鳥を確認する鳥合せを行った。

画像

鳥合せの結果は、オシドリ、マガモ、カルガモ、キジバト、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、カケス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ウソ、シメ、アオジ、クロジ の28種でした。 番外は カワラバト、ガビチョウ、ソウシチョウ ( 日本野鳥の会千葉県 明治神宮平日探鳥会 ) ( 注 : この程、日本鳥学会が創立 100周年を記念して「日本鳥類目録」を改訂されました。 その改訂版(第 7版)に準拠して作られた野鳥観察用チェックリストの順番で記載しました。)

担当幹事は 「今冬は、どこでも例年より小鳥の種類が多いようで、御苑でも ヤマガラ、アオジ、ルリビタキ などの常連種の他に キクイタダキ、ヒガラ、ウソ などが見られた。 番外種でも ガビチョウ、ソウシチョウ も出現した。 ただ、この数年 北池の カモ の数、特に オシドリ の数が激減しているのが心配 」 と話していたが、私も同感です。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
明治神宮、広いです・・。
武蔵野の雑木林の明治の森には様々な鳥がいるようですね。
ヤマガラが、手乗りでピーナッツを啄んている様子には驚きます。
以前から見せていただいてますオシドリですが、綺麗な鳥ですね。
オシドリを見たいと思っていますが、なかなか見られません(笑)

2013/01/21 18:00
パワースポットでパワーがもらえそうですね。
今年はまだ行っていないので是非行きたいです。
starfield
URL
2013/01/21 19:40
杏さん 有難うございます。
再開、お待ちしておりました。おめでとうございます。
素敵な山野草、楽しみにしております。
タケちゃん
2013/01/23 21:26
starfield さん 境内の鬱蒼と茂る樹木が覆う参道を進むだけで、パワーがもらえそうな気になりますね。是非、今年もお出掛け下さいね。
takechann
2013/01/23 21:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
明治神宮で オシドリ や ヤマガラ などに出合えて タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる