タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 「花の美術館」と北印旛沼で春の訪れを探して

<<   作成日時 : 2013/03/07 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像2月 3日、4日の節分、立春を過ぎて もう 3週間ほど経ったが、まだまだ寒い日が続いている。 それでも春は確かな足取りで近づいてきており、千葉市美浜区にある 「千葉市 花の美術館」 と千葉県北西部にある北印旛沼を訪ねて、春の兆しを探すことにした。 (2/23、24)


 JR総武線稲毛駅から 「千葉市 花の美術館」 へ (2/23)

千葉市美浜区の稲毛海浜公園内にある 「千葉市 花の美術館」、ここは平成 7年8月25日から 10月22日まで開催された 「第 12回全国都市緑化ちばフェア」 の稲毛会場のテーマ館として建設 ・着工されたものを会期後、フェアの基本理念を継承し、都市緑化の普及 ・啓発の拠点となる 「花」 をテーマとした公園施設として再整備され、平成 8年4月2日 「千葉市 花の美術館」 として一般公開されたものとのこと。

JR総武線稲毛駅西口からバスで 「千葉市 花の美術館」 に向かった。

花の美術館の正門 「花の門」を入ると、四季おりおりの花が楽しめる前庭花壇には、鮮やかな黄色や紫色などの パンジー、ビオラ、ストック、ポピー、菜の花 (写真 A) などの花が出迎えてくれた。 館内に入ると、アトリウムには チューリップ (写真 B)ムスカリー (グレープ ヒヤシンス) (写真 C)、その他 色とりどりの花が美しく展示されていた。

画像
画像

画像
画像

高さ 23m、直径 33mの大温室へ。 ダイナミックに流れ落ちる滝のまわりに生い茂るヤシ( トックリヤシ、ヤマドリヤシ )、ヘゴ ( マルハチ、木生シダ(ヘゴ) )、色鮮やかなハイビスカス や ラン など、様々な熱帯 ・亜熱帯の植物を見ることができた。 その中で ペトレア・ウォルビリス (写真 D) の花が珍しかった。

画像
画像

次に、温室の 2階から、本館 2階の屋上庭園へ、ここから見る前庭花壇が美しい。 さらに脇庭に咲いている 紅梅に メジロ (写真 @) が花蜜を吸っているのが見られた。 春を感じさせる 紅梅、菜の花、チューリップ、ムスカリー などを楽しんだ後、花の美術館を出て稲毛海浜公園内にある 「浜の池」 に行くと、ユリカモメ (写真 E)、オナガガモ (写真 F) などが見られた。


画像 京成公津の杜駅から 北印旛沼 へ (02/24)

京成千葉線に乗車して京成津田沼駅で京成本線に乗り換え、公津の杜駅で下車した。

公津の杜駅前から、成田市役所前を出発した成田市コミュニティバスに乗車して、終点のバス停「甚兵衛渡し」で下車した。
「甚兵衛渡し」 と言えば、佐倉藩の過酷な年貢に苦しむ農民を救うため幕府へ直訴した佐倉惣五郎(宗吾とも)を、渡し守の甚兵衛が禁を破って対岸の吉高まで送った渡し場といわれる。

「甚兵衛渡し」バス停の近くには、「日本の名松百選」 にも選ばれた樹齢 300年を越える松林のある甚兵衛公園、甚兵衛渡しの碑 もある。 甚兵衛公園内には、菜の花やコスモスの植栽と梅園などがあるが、やっと咲き始めたのは 白梅 と 紅梅 (写真 G) で、寒さが続いているためか?何時もより開花が遅れているようだ。

画像
画像

9時、甚兵衛公園をスタート、園内の松の巨樹が 1本 樹幹の中ほどから折れているのが見られ、さらに近くで飢えと寒さからか ノスリの落鳥が見られた。 水路沿いの農道を進み、甚兵衛広沼 (写真 H、I、J、K ) の畔へ出た。 写真 I には 日暮里駅 〜 空港第 2 ビル駅間を最速 36分で結ぶ 成田新高速鉄道 (成田スカイアクセス線) の高架橋、写真 K には 甚兵衛大橋 が見える。

画像
画像

甚兵衛広沼の対岸には葦原が広がっており、その上空を チュウヒ、ハイイロチュウヒ などが飛んでいた。
さらに甚兵衛広沼の堤防にある小道を進み、さらに日暮里駅〜空港第 2ビル駅間を最速 36分で結ぶ 成田新高速鉄道 (成田スカイアクセス線) の高架下を通り、国道 464号線を横切り北印旛沼畔に出た。

画像

北印旛沼畔では凄まじい強風 (写真 L) が吹いており、沼面の カモ類をゆっくり観察することができなく、ここで探鳥を終了した。 今日見た野鳥を記載すると、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、タシギ、イソシギ、セグロカモメ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ムクドリ、アカハラ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、マヒワ、ホオジロ、アオジ の42種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 北印旛沼探鳥会 )

散会後、京成線ユーカリが丘駅まで友人の車に乗せていただいた。 有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「花の美術館」と北印旛沼で春の訪れを探して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる