タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の軽井沢、スキー場と旧軽井沢の散策を楽しんで (続)

<<   作成日時 : 2013/03/17 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

画像冬の軽井沢、スキー場と旧軽井沢銀座の散策を楽しもうと A I 家族と一緒に出掛けた。
前回 (3/12)は、3月1日 20時頃 JR総武線稲毛駅で快速電車に乗車して、武蔵小杉駅前から A I さんの車に同乗 〜 3月 2日 14時30分頃 佐久スキーガーデン・北パラダから 今晩宿泊するホテルへ向ったところまで記載した。 今回は、その後のホテルでの夕食から 〜 3月 3日の旧軽井沢銀座通りの散策の模様などを紹介します。 (3/01〜3)


3月 2日 14時30分頃 佐久スキーガーデン・北パラダを後にして、途中 レンタルスキー店に立ち寄ってから 国道 18号バイパスに入り、15時頃 今晩宿泊するホテルに到着した。
周囲の雑木林、自然環境に溶け込んだ洒落た外観の ホテル (写真 A)、近くには美味しいと評判の 手造りジャムの SAWAYA JAM (写真 B) (軽井沢バイパス店) もあった。

画像
画像

夕食は 18時から。 一流ホテル出身のベテランシェフが、地元の食材、季節の素材をふんだんに使って作る本格フレンチ ・イタリアンという。 ゆっくり お風呂に入って、その時を楽しみに待つことにした。

画像
画像

画像
画像

今日のメニューの パスタ (2〜3品) (写真 C)メイン (2〜3品) (写真 D、E) から、それぞれ選ぶ。
パスタは、パスタトマトソース、きのこのチーズクリームソース など、メインは、じっくり煮込んだ とろとろのお肉とデミソースが自慢のビーフシチュー、白身魚のソテー など、他に 前菜 ・サラダ ・パン ・ デザート (写真 F) ・コーヒー、それに ワイン と 軽井沢ビール なども。 どれも期待通りの美味しさに大満足、大いに楽しむことができた。

食後は、部屋に戻って A I さん家族と一緒に、さらに談笑して大いに盛り上がった。

画像
画像

翌朝、朝食前の 1時間ほど、ホテル周辺の 雑木林の中に静かに建つ別荘 (写真 G、H) 付近を ひとりで散策した。 冬の軽井沢、期待通りの美しい風景に魅了させられた。

ある軽井沢情報誌を見ると、「軽井沢が本当に美しいのは冬ですよね ・・ 」 と軽井沢を愛する別荘族の人たちが話しているとのこと。 この中には 「樹氷や霧氷が美しく、冬の澄んだ空気で星空が美しい 」 などもイメージされているようだが、私の見た風景は、霧氷も星空も見られなかったが、それでも十分に美しいと感じられた。

画像
画像

8時からの朝食も、大変美味しく頂いた。 9時30分 チェックアウト、旧軽井沢銀座通り近くの駐車場に向った。

駐車場をスタートして間もなく、軽井沢会テニスコート (写真 I) があった。 ここは、天皇 ・皇后両陛下のロマンスの場所としてあまりにも有名で、現在も夏になれば皇室の方々の姿が見受けられるとのこと。 クラブハウスは、軽井沢に多くの建築物を残した建築家 W.M.ヴォーリズが増築設計したとのこと。 テニスコート通り を進むと、旧軽井沢銀座通りの 軽井沢観光会館 (写真 J)、木造のクラシックな外観で旧軽井沢商店街のシンボル的存在とのこと。 観光情報の案内所、特産品を紹介する展示スペース、有料公衆トイレなどもある。

画像
画像

さらに 旧軽井沢銀座通り (写真 K、L) を遡って行くと、ブランジェ浅野屋、中山のジャム など、通りには ベーカリー、ジャム、蜂蜜 ・養蜂店が多く見受けられた。

さらに、レトロな衣装やウエディングドレスで写真撮影ができるという軽井澤写真館、創業が江戸時代初期という中山道の茶屋が始まりという 「つるや旅館」、 軽井沢開発の父といわれるカナダ人宣教師 A.C.ショー が 明治19(1886)年 最初の夏を過ごし、布教活動の拠点とした軽井沢最古の教会といわれる ショー記念礼拝堂 などがある。

画像

ここで引き返し、さらに散策を続けて 教会通り の先にある 聖パウロ カトリック教会 (写真 @、M) へ。
ここは、昭和10(1935)年 に英国人ワード神父によって設立されたカトリック教会、設計は 米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが担当した 軽井沢での歴史的建造物、傾斜の強い三角屋根、大きな尖塔、打ち放しのコンクリートが特徴とのこと。 次は、ショッピングモール 「チャーチ ストリート軽井沢」 を通り抜けて旧軽銀座通りに出て、お土産 ・ショッピングを楽しんだ後、駐車場へ。

冬の旧軽井沢銀座は、あの夏の混雑に比べて、朝早いので更に一層静かで のんびり散策を楽しむことができた。

画像
画像

11時30分、駐車場を出発して 旧軽井沢を後にした。 プリンス通りを進み、両側に軽井沢 72ゴルフのコースなどを見ながら上信越自動車道 ・碓氷軽井沢 I C に入った。 車窓からは岩肌をむき出しにした 荒々しい岩峰群 (写真 N、O)、これが妙義山系か。 ( 妙義山は、白雲山 ( 1,104m)、金洞山 ( 1,081m)、金鶏山 ( 856m) の 3山 ( 表妙義山 ) を指すとのこと。 )

藤岡 JCT で関越自動車道へ、13時30分頃 三芳 PA の Pasar(パサール)三芳店に入り、回転寿司 ・丼 ・定食の 「大江戸」 で昼食休憩、この後 練馬 I Cから下りて、武蔵小杉駅前に向った。 今回の 「冬の軽井沢、スキー場と旧軽井沢の散策」 は、A I さん家族のお陰で楽しい旅ができました。 本当に有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
3日 朝食前のホテル周辺の雑木林、別荘付近(本文中の写真 G、H)を散策した時には、アカゲラ、カケス、シジュウカラ、エナガ、アオジ などが確認できた。
takechann
2013/03/19 13:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
冬の軽井沢、スキー場と旧軽井沢の散策を楽しんで (続) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる