タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形県・飛島で夏の渡りの野鳥を探して (V)

<<   作成日時 : 2013/05/26 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像山形県・酒田港より北西に約 39q 日本海上に位置する飛島(酒田市飛島)は、野鳥の宝庫としてバードウォッチャーには憧れの島、友達数人で 5月の連休後の 5月7日〜5月10日までの予定で出掛けた。
今回は飛島での 3日目の探鳥 ( ジュウイチ、ヒレンジャク、コムクドリ、キビタキ、オオルリ、ハヤブサ など ) の模様と鳥海山の眺望などを紹介します。 (5/07〜10)


飛島の 3日目(5/10)、昨日と同様に 4時30分 朝食前の探鳥に出発、旅館の前にある勝浦漁港の東方海上から 4時40分頃 日の出 (写真 A、B) が見られたが、その光景は山頂から見る日の出や、これまで見てきた日の出とは違って、何か格別な美しさを感じた。

今朝は、勝浦地区から中村地区へ海岸沿いの舗装道路(車道)を進み、 とびしま総合センター、飛島小中学校の前へと進んだ。

画像
画像

5時頃 飛島小中学校の校庭に到着、そこには 昨日と同様に ムネアカタヒバリ (写真 C) と、多くの アトリ、マヒワ (写真 D) などが見られた。 校庭で約 30分ほど頑張ったが、他に新しいものは出現しなかったので、急な坂道を上って 緊急ヘリポート のある場所へ移動した。

画像
画像

緊急ヘリポート のある場所は、ヘリの発着するコンクリート部分とその外周に草原があり、さらにそれを囲むように雑木林や常緑広葉樹 などがある。 この草原では ヒメコウテンシ、アトリ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ などが見られ、周囲の雑木林では コムクドリ (写真 E)、ヒレンジャク (写真 F) などが見られた。

このヘリポートに座っていると、遠くから、あるいは近くから アオバト、ジュウイチ、ツツドリ などの鳴き声も聞こえてきて、さらに周辺の雑木林や上空を通過する野鳥も見られるなど好い場所だ。

画像
画像

画像
画像

緊急ヘリポートから、緩やかな坂道を通って島の真ん中にある舗装道路(車道)を南下して行くと、杉林で ツツドリ (写真 G)、近くの畑で ジョウビタキ、オオルリ、シメ (写真 H) などを見ることができた。

さらに舗装道路(車道)を進んで行くと、道路を横切ろうとしている アマサギ が見られた。
鳥見しながら、さらに 30分ほど進んだ所で ハヤブサ (写真 I、J) を見ることができた。 もう旅館での朝食時間 ( 8時 〜 ) を過ぎていると言うのに、精悍な ハヤブサ に魅せられて遅くなってしまった。

画像
画像

8時20分頃 旅館に戻り朝食、9時20分 荷物などを整理して チェックアウト。 飛島港 13時30分出航の酒田港行に乗船する予定なので、13時頃までに港に戻れるように再び探鳥に出発した。

今回 期待したほど キビタキ、オオルリ に出合わなかったので、最後の期待のポイント?東端の鼻戸崎展望台へ向った。 勝浦地区、中村地区の海岸沿いの舗装道路(車道)を進み、飛島小中学校から急な坂道、階段を通って鼻戸崎展望台へ進むと、遊歩道沿いの潅木やオオイタドリなどの生い茂る場所で、期待通りに数羽の キビタキ、オオルリ (写真 @) に出合うことができた。 また、鼻戸崎展望台から眺望する 鳥海山、寺島(緑島) (写真 K) は、とても美しかった。

画像
画像

この後、「巨木の森」を通って「緊急へリポート」へ進むと、途中で コサメビタキ、オオルリ などを見ることができた。 へリポートで昼食 (旅館で作ってもらった 「おにぎり弁当」 ) した後、さらに小中学校グランド(山グランド)の方向へ進むと、途中の高森神社近くで お花見をしている地元の方々 (写真 L) に出会った。

舗装道路(車道)を南下、飛島大橋を通って乗船券発売所のある 「とびしまマリンプラザ」に 13時頃 到着した。
今日(3日目)見られた野鳥は、マガモ、アオバト、ヒメウ、ウミウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、ジュウイチ、ツツドリ、アマツバメ、イソシギ、ウミネコ、トビ、ツミ、ヤツガシラ、ハヤブサ、モズ、カケス、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒメコウテンシ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、センダイムシクイ、ヒレンジャク、コムクドリ、クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、コルリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、イソヒヨドリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、ノジコ、アオジ (亜種 シベリアアオジ) の 62種でした。

画像
画像

13時30分 定刻出航、飛島を後にした。 海上は 8日酒田港を出航した朝に比べ風もなく穏やかで甲板へ出た。
次第に遠ざかる飛島 (約40〜50mの段丘からなるほぼ偏平な台地状の島 )、だんだん近づいてくる 残雪を頂いた鳥海山 (写真 M、N) が美しい。

14時45分定刻 酒田港に着岸、港から酒田産業会館(酒田市中町)近くまで歩き、そこからタクシーに乗って JR酒田駅に着いた。 15時52分発 羽越本線 「いなほ 12号」に乗車、新潟駅で下車して上越新幹線 「とき 344号」 に乗り換えて上野駅に向った。 20時06分上野駅到着、ここで今回の飛島鳥見旅を終えることにした。
皆さん、大変お世話になりました。 楽しい旅を有難うございました。

画像
画像

今回の飛島鳥見旅(5/07〜10)で見られた野鳥の全部を記載すると、ヒドリガモ、マガモ、カラスバト、キジバト、アオバト、ヒメウ、ウミウ、ミゾゴイ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ジュウイチ、ツツドリ、アマツバメ、イソシギ、ウミネコ、トビ、ツミ、ヤツガシラ (写真 O)、ハヤブサ、モズ、カケス、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒメコウテンシ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、キマユムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、ヒレンジャク、ムクドリ、コムクドリ、トラツグミ、クロツグミ、マミチャジナイ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、コルリ (写真 P)、ルリビタキ、ジョウビタキ、ノビタキ、イソヒヨドリ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、マミジロタヒバリ、ビンズイ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、シメ、ホオジロ、ホオアカ、コホオアカ、キマユホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、ノジコ、アオジ (亜種 シベリアアオジ)、クロジ の 78種でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
山形県・飛島で夏の渡りの野鳥を探して (V) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる