タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥日光・湯の湖畔と日光山輪王寺を散策して

<<   作成日時 : 2013/07/10 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像日光開山の勝道上人が、延暦 7 (788)年 に発見されたといわれる古湯 ・日光湯元温泉と海抜 1,475mの湯の湖の湖畔で、温泉と探鳥を楽しもうと友達数人で出掛けた。
二日目は、早朝から湯の湖の湖畔と日光湯元スキー場の周辺などで探鳥した後、日光市街に下って日光山輪王寺を拝観した。 (7/01、02)


前回 (7/05)は、「 奥日光 ・湯の湖の湖畔を散策して 」 のタイトルで、一日目のバスでの出発の様子と湯の湖の湖畔での探鳥、さらに温泉神社、温泉源を巡ったところまで紹介した。

今回は、その後 〜 翌朝 5時頃から湖畔とスキー場の周辺などで探鳥した後、10時に ホテルの送迎バスで日光市街に下って日光山輪王寺を拝観、昼食後は再びバスに乗車して帰路へ 〜 の様子を紹介します。

画像
画像
 
今日 (7/02) は、早朝 5時前に 湯の湖の湖畔 (写真 A、B) へ出た。

朝霧に包まれた湖面、白根沢前の湖岸に並ぶ釣り舟(ボート)は、舟釣りが始まる時間 (午前 7時から午後 5時まで) を待っているように見える。 湯の湖は、日本で初めて(明治 35年) アメリカ から カワマス の卵を取り寄せて、孵化稚魚を放流したところ。 イギリス式の釣りが伝えられて外国高官のマス釣り場として利用され、今日に至っているとか。

画像
画像

湖畔北岸にある白根沢から流れてくる渓流では、カワガラス (写真 @)、ハクセキレイ などが見られた。 次に 日光湯元スキー場 (写真 C) へ向った。
 
日光湯元キャンプ場から スキー場へ 坂道(ゲレンデ)をしばらく上って行くと、坂下の方向には 湯の湖 と男体山 (写真 D)、坂上の方向には 五色山、金精山、金精峠、温泉ヶ岳 などが眺められた。 また、遠くから ホトトギス、ツツドリ、カッコウ などの鳴き声も聞こえ、近くの梢では ホオジロ が囀っているのが見られた。

画像
画像

ホテルに戻って朝食 (7時 〜 )をとるため、坂道(ゲレンデ)を下った。 途中、湖岸に出ると多くの イワツバメ (写真 E) が地面に下りていた。 また、昨日 コルリ を探した湖畔西岸を今朝も探してみたが、鳴き声もなかった。 近くの渓流では、カワガラス (写真 @)、キセキレイ (写真 F) を じっくり見ることができた。

画像

7時 ホテルに戻って朝食、荷物を整理してチェックアウトした後、10時に出る送迎バス出発時間までの約 2時間、再び湖畔東岸の中ほどにある 兎島 で重点的に探鳥、マガモ、カケス、センダイムシクイ、キビタキ などが確認できた。、また、美しい白樺の並木 (写真 G) や、ツルアジサイ、キウツギ などの花を見ることができた。

10時、ホテルに戻って送迎バスに乗車、日光山輪王寺の拝観へ向った。

今回 (7/01、02) 確認できた野鳥は、マガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ホトトギス、ツツドリ、カッコウ、トビ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、モズ、カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ムクドリ、カワガラス、コルリ、キビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ の36種でした。

画像
画像

ホテルを出発したバスは、戦場ヶ原、中禅寺湖畔、第 1 いろは坂(下り)を下って、11時頃 日光山輪王寺近くの駐車場に到着した。

輪王寺は、杉木立に囲まれた日光山内に建つ二社一寺 (東照宮、二荒山神社、輪王寺) の一つで、天平神護 2(766)年に勝道上人が開き、満願寺、一乗実相院 と寺名を変えながらも、源頼朝などの信仰を集めた。
現在、約 50年ぶりの大修理中 (平成 19〜30年度) で、本堂全体が描かれた仮囲いで覆われている 輪王寺 三仏堂 (日光山総本堂) (写真 H) には、千手観音(太郎山の神)、阿弥陀如来(女峰山の神)、馬頭観音(男体山の神) が安置されており、工事中ではあるが拝観することができた。 約 1時間ほど境内を巡った後、バスに乗り込み表参道近くにある昼食場所へ向った。

以前(2010.10.13)出掛けた時も工事が始まっていたが、まだ 「金堂」 の扁額は掲げられ、仮囲いも覆われていない 三仏堂 (写真 I) を見ることができたので、その時の写真を貼付した。

画像

昼食をとった後、再びバスに乗り込み帰路についた。 日光宇都宮自動車道 ・日光 I Cから入り、14時頃 宇都宮 I Cから東北自動車道へ ・ ・ ・ 、東京に近づくにつれ 東京スカイツリー (写真 J) が見えてきた。 16時30分頃、無事にJR総武線西船橋駅近くに到着した。 今回も大変お世話になりました。 有難うございました。


 追記 : 奥日光・戦場ヶ原 ( 赤沼茶屋 〜 戦場ヶ原(湯川沿いの遊歩道) 〜 湯滝 ) で探鳥 (5/16)

画像
画像

約 1.5ヶ月前の 5月16日、奥日光 ・戦場ヶ原で探鳥した。 遅くなりましたが、今回の参考になればと追記しました。

JR総武線船橋駅で下車して東武野田線船橋駅で 「まるごと日光 東武フリーパス」 (4,640円) を購入、5時37分発の柏駅経由大宮駅行に乗り換え、さらに 春日部駅で 6時53分発東武日光行 快速 ( 浅草駅 6時 20分始発、北千住駅 6時 31分発 ) に乗り換えて、東武日光駅に 8時26分 到着した。

東武日光駅前で、東武バスに乗車して 赤沼 に向った。 ( 「まるごと日光 東武フリーパス」 のフリー区間は、鉄道 : 下今市 〜 東武日光、バス : 東武バス日光 全区間 とのこと。 )

画像
画像

東武バスは、神橋、第 2 いろは坂(上り)、明智平、中禅寺湖、竜頭の滝、雑木林の中を通り抜け、赤沼バス停に到着した。 バス停前にある赤沼茶屋の広場で双眼鏡などを準備して、9時40分頃 探鳥へスタート (写真 K) した。

湯川 (写真 L) 沿い、戦場ヶ原 (写真 M、N) の中に整備された遊歩道、木道を進み、湯滝 (写真 O) 際にある湯滝レストハウス前まで探鳥した。 戦場ヶ原では木道敷設替工事中で、資材運搬のための ヘリ空輸 が頻繁に行われており、また林道では多くの林間学校の児童に出会った。

画像

湯滝 際にある湯滝レストハウス前の広場で昼食、その後 雷注意報が出ているとの情報が入り、ここで探鳥を切り上げた。 確認できた野鳥は、マガモ、コガモ、キジバト、カッコウ、オオジシギ、トビ、ノスリ、アカゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソザザイ、コルリ、ルリビタキ、ノビタキ、エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、ニューナイスズメ、キセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、アオジ、クロジ の 45種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 日光戦場ヶ原平日探鳥会 )

湯元温泉 13時30分始発の東武日光駅(JR日光駅)行の東武バスに、湯滝入口バス停から乗車して東武日光駅に向った。 14時50分 東武日光駅前に到着、15時36分発 浅草行 区間快速に乗車して、帰路についた。 ( 春日部駅 17時30分着、北千住駅 17時52分着、浅草駅 18時05分着 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
奥日光・湯の湖畔と日光山輪王寺を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる