タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 青葉の森公園で観梅と探鳥を楽しもう!

<<   作成日時 : 2014/02/10 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

画像青葉の森公園内の梅園では、紅梅や白梅が咲いており、楽しむことができた。 また、園内の青葉ヶ池や渓流園などの斜面林、芝生広場 など、中央博物館併設の生態園などで、この時季飛来するカモ類、シロハラ、アカハラ、ルリビタキ、アトリ などを探すことにした。 (2/01)


千葉市中央区青葉町にある千葉県立青葉の森公園は、大正 6(1917)年に設立された農商務省(現 農林水産省)畜産試験場のあった跡地に、昭和 62(1987)年から平成 8(1996)年まで整備を進めてきた 54ヘクタールもある広大な公園である。
また、青葉の森公園のHP によれば、「千葉県の自然史と歴史が学べる 「中央博物館」、フランスやイタリアの庭園様式を取り入れた 「西洋庭園」、著名な彫刻家の作品が並ぶ 「彫刻の広場」 など 芸術や文化を身近に楽しめ、また広大な敷地には巨木も多く残り 四季折々の風景が楽しめる。」 とのこと。

画像

JR総武線千葉駅で下車、東口駅前から 「大学病院」行のバスに乗車して 「中央博物館」 バス停で下車した。
バス停から約 7分〜ほどで 千葉県立中央博物館 (写真 A) 前に着いた。 ( なお、京成千葉 ・千原線を利用した場合は、千葉寺駅で下車 約 〜15分ほどで中央博物館前に着くことができます。)

画像
画像

今回は、中央博物館には入館しないで、青葉の森公園の梅園と、園内での探鳥を楽しむことにした。

先ずは、35品種 296本の梅が植栽されているという梅園に向った。
紅梅 (写真 B) が咲いていたが、白梅 (写真 C) は紅梅に比べると咲いている花は少なかったが、今年最初の観梅を楽しむことができた。

画像
画像

次は、青葉の森公園に隣接している 中央博物館に併設する野外施設 「生態園」 へ向った。

「生態園」 の入口にある オリエンテーションハウス内 には、「生態園、青葉の森公園には、野生のタヌキがすんでいます」 との 案内と展示 (写真 D、E) があった。 また、本日 「園内の舟田池で見られる鳥 は、カワセミ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ、アオサギ」 との案内掲示があり、探すことにした。

画像
画像

舟田池 (写真 F) の池畔には、野鳥観察舎 (写真 G) があり、館内には望遠鏡なども備えられている。 案内掲示のあった鳥を探すと、カワセミ、マガモ、コガモ、アオサギ は見られたが オカヨシガモ は見られなかった。

なお、生態園内の雑木林などでは、コゲラ、エナガ、シジュウカラ、ルリビタキ などが見られた。

画像
画像

その後 生態園を出て、 青葉の森公園内にある 「九十九里の干鰯などの産物を東京湾の方に運ぶ重要な街道 ・土気往還 (東金街道) だったと言う 」 古道 を通って、青葉ヶ池の上流にある 渓流園 へと進んだ。

渓流園の付近では、シロハラ (写真 @)、ツグミ 、シメ、アオジ (写真 H) などが見られたが、期待していた トラツグミ、アトリ、さらには梅の枝に止まる マヒワ (写真 I) なども見ることができなかった。 ( 写真 I は、2011.02.05 に 青葉の森公園の梅園で撮ったものを貼付した。)

画像

さらに、渓流園から、おはなみ広場、さくら山 (写真 J)、青葉ヶ池、「はらっぱ」 などを廻った。
途中、青葉ヶ池 には カルガモ だけが羽を休めていた。 花博記念庭園の近く 「はらっぱ」 で探鳥を終えて昼食とし、食後に今日見た野鳥を確認する鳥合せを行って、散会した。 確認された野鳥は、マガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、アオサギ、コサギ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ の 26種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 青葉の森探鳥会 )


参考まで : 青葉の森公園のHP によれば、「 ・ ・ (略) ・ ・ ・ 四季折々の風景が楽しめる 」 とあるように、例えば 春季の一日 (2013/04/29) 出掛けると、園内の ハンカチノキ と ナンジャモンジャ が見頃、素晴らしい風景を楽しむことができた。

画像

ハンカチノキ (ハンカチツリー) は、東京の小石川植物園 (東京大学大学院理学系研究科附属植物園 ) の ハンカチノキ が有名だが、初めて見る 青葉の森公園 の ハンカチノキ (写真 K) も見事なものでした。

画像
画像

また、ナンジャモンジャ も ハンカチノキ と同様に 小石川植物園 で見たものが見事だと思っていたが、青葉の森公園 の ナンジャモンジャ (写真 L、M) は、多くの樹木 (10本ほど) があり、満開の時季に出合えたこともあって最高でした。 なお、ナンジャモンジャ は ヒトツバタゴ の別名だが、地域によっては不明な樹木に対しての呼び名としても使用されているところもある。 ( 2013/06/10 公開 )


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
青葉の森公園は、自然がいっぱいですね〜。
野生のタヌキには、驚きました。
野鳥観察舎には沢山の望遠鏡が備えられて・・。
ゆっくり野鳥観察も出来ますし、沢山の野鳥をご覧になったようですね。
ハンカチノキやナンジャモンジャの花は、なかなか見られません。
ナンジャモンジャの真っ白な花が見事です。
10本もあるそうですが、開花時期には綺麗でしょうね。

2014/02/11 19:14
大雪にはビックリしましたね。千葉市では観測史上、最高の積雪を観測したとのこと。杏さんの所では、如何でしたか。?

青葉の森公園は、この時季には紅梅・白梅、飛来する様々な野鳥などが楽しめ、四季折々の風景を楽しむことができます。
春に楽しんだナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ の別名)ですが、地域によっては不明な樹木に対しての呼び名としても使用され、一例として 杏さんもご存知のJR成田線下総神崎駅近くの「神崎神社のナンジャモンジャ」は、クスノキの巨樹と聞いております。
青葉の森公園のナンジャモンジャの白い花は、最盛期に出合えてラッキーでした。
タケちゃん
2014/02/12 15:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青葉の森公園で観梅と探鳥を楽しもう! タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる