タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 新緑の都立・水元公園を散策して

<<   作成日時 : 2014/05/01 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京 ・葛飾区にある東京都立水元公園は、小合溜に沿ってつくられた都内で唯一の水郷景観をもった 面積 81.7ヘクタールという広大な公園。 
園内を散策して ゴイサギ、クイナ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、コマドリ、オオルリ、クロジ など 37種を見ることができた。 (4/24)


1398年頃、この辺りは 「小鮎 (こあゆ)」 と呼ばれ、後に 「小合」 の字があてられ、その 溜め池 ということで 「小合溜井」 と呼ばれていたが、現在は 「小合溜」 と呼ばれるようになったとのこと。
また、この 「小合溜井」 は、江戸幕府が享保 14 (1729)年 治水のために中川を開削したことにはじまり、平時は東葛西領 50余町村の灌漑用水として利用された水源地で、田畑を潤す水の流出口であったことから 水の元 ”水元” となったとのこと。 ( 「水元かわせみの里」 リーフレットを参照しました。)

画像

京成千葉線に乗車、京成津田沼駅で京成本線に乗り換えて京成高砂駅へ。
さらに京成高砂駅で京成金町線に乗り換え、終点の金町駅で下車した。 なお、京成金町駅から約 100mほどのところにはJR常磐線金町駅もあり、京成線とJR線のどちらも利用可能で、京成金町駅前とJR金町駅南口との間にある バス発着所 (写真 A) から、戸ヶ崎操車場行の京成バスに乗車して、大場川バス停 で下車した。

画像
画像

大場川バス停の手前には、小合溜井の水害防止のために造られ 明治 43年完成のレンガ造アーチ橋としては東京に現存する唯一の貴重な橋という 閘門橋 (写真 B、C) があるが、現在は新大場川水門 の完成により 閘門としての役割を終えて、隣接する葛三橋に車道を譲り、歩行者 ・自転車道として利用されているとのこと。(写真 C は、資料から貼付しました。)

画像
画像

この閘門橋を渡ると、ケヤキなどの巨樹が生い茂る中に水元公園 西口入口があり、ここから園内に入った。
東側に進むと、間もなく カワセミ などの野鳥や水生植物・小魚などの観察ができ、水元の動植物をわかりやすく展示している 「水元かわせみの里」 という施設がある。 また、この施設の正式名称である 「水元小合溜水質浄化センター」 ということもあって、水質浄化の役割も果している施設とのこと。

残念ながら 「水元かわせみの里」 では カワセミ は見られなかったが、ここを出て東側に進むと遊歩道の左側に水辺の広がる 小合溜 (写真 D)、右側に ポプラ並木 (写真 E) が美しい光景を見せてくれた。

画像
画像

小合溜の向う岸の灌木や水面を覆っている スイレン、コウホネ などの葉陰には、カルガモ が羽を休め、クイナ なども見られた。 さらに進んで、水元グリーンプラザ、水生植物園 (写真 F、G) などの付近を通り、野鳥観察舎のある バードサンクチュアリー へ。

画像
画像

途中、期待していた オオルリ (写真 @、H) が見られ、また バードサンクチュアリー の野鳥観察舎では カワウ、ゴイサギ、アオサギ (写真 I)、ダイサギ などが見られた。 続いて、その先の メタセコイヤの森、せせらぎの広場、サービスセンター、集会施設と休憩所を兼ねた 「涼亭」 のある広場の近くまで進んだ。

画像

途中、約 50人以上もの大勢の カメラマン や バーダー (写真 J) が集まって、コマドリ を見ている処に出会った。 お蔭で、灌木の中で動き回る コマドリ でしたが、姿を確認することができた。

画像
画像

今回は、センダイムシクイ、エゾムシクイ、コマドリ、オオルリ、クロジ などが見られ、他にも多くの草花や花木なども観察することができた。 特に花木では、ピンク色の花 (総苞) をつけた ハナミズキ (花水木) (写真 K)、白い花 (総苞) をつけた ヤマボウシ (山法師) (写真 L)、さらには 若葉が赤く美しい チャンチン (香椿) (写真 M)、綺麗に紅葉?している カエデ (写真 N) ( オオモミジ の園芸品種 ノムラカエデ ?) など、楽しむことができた。

このことは、水元公園をフィールドに ご活躍されている方々のご案内もあり、おおいに楽しむことができたものと感謝しております。 本当に有難うございました。

画像
画像

そろそろ昼時、涼亭の近くの芝生広場で昼食、食後に鳥合せを行い散会した。 今日見られた野鳥は、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、クイナ、バン、ユリカモメ、オオタカ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、シロハラ、コマドリ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、クロジ の 37種 でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 水元公園平日探鳥会 )


備考 : 昨年2013年10月3日に出掛けた 秋の水元公園 では、カワセミ (写真 O)、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ など 27種を見ることができた。 詳細は、2013/10/08 掲載の 「 都立 ・水元公園を散策して」 に。

画像

見られた野鳥は、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ の 27種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 水元公園平日探鳥会 )

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
面白い 面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新緑の都立・水元公園を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる