タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初夏の「花の美術館」を巡って

<<   作成日時 : 2014/06/10 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像気象庁は 5日午前、「関東甲信、北陸地方が梅雨入りしたとみられる」 との発表があった。 梅雨空には 紫陽花(アジサイ) がよく似合うと思うが、千葉市 ・稲毛海浜公園内にある 「花の美術館」 に行けば、他にも梅雨空に映える花が見つかるのでは? と思い、出掛けることにした。 (6/05)



JR総武線稲毛駅西口から、海浜交通バスの 稲毛海浜公園プール行 に乗車して「花の美術館」バス停で下車、バス停の直ぐ前にある 「花の美術館」 の正門 から入場した。

正門の 「花の門」 (写真 A) には、「三陽メディア フラワーミュージアム」 と書かれていた。
そう云えば、だいぶ前になるが 「ちば市制だより」 に、平成 25年4月1日から 「千葉市 花の美術館」 が 「三陽メディア フラワーミュージアム」 (指定管理者) に変わるとの記載があった。

画像
画像

写真 B は、2年ほど前に撮影した正門で、「千葉市 花の美術館」 と書かれています。 ( 2012.06.13 に撮影 )
なお バス停は、現在も 「花の美術館」 となっており、念のため。

画像
画像

正門を入ると、目の前に 四季折々の花が植栽されている 前庭 ( 花庭花壇とのこと ) が広がっている。
最初に目についたのは クレオメ ( 和名 : 西洋風蝶草 、別名 : 酔蝶花 ) (写真 C、D)。 クレオメ は「日向と、やや乾燥した環境を好み、開花時期は 7/中旬 〜 9/中旬頃、暑さに負けず長期間咲き続ける 」 とのことだが、この梅雨空でも 艶やかな花形を楽しませてくれて嬉しいものだ。

前庭には、他に マリーゴールド、サルビア ファリナセア (ブルーサルビア)、イングリッシュラベンダー などが咲いていた。

画像
画像

通用路脇の花壇に進と、梅雨時に開花して 「梅雨葵」 との呼び名もあるという タチアオイ の 紅色八重咲の花が見られた。 温室やアトリウムのある館内には後で入るとして、脇庭ボーダーガーデンに進と 梅雨時によく似合う様々な種類の 紫陽花 (写真 @、E、F) が見られた。 ある資料に 「 紫陽花は、初夏あるいは 梅雨時の風物詩として広く親しまれ、鑑賞用に庭園や公園に植栽されてきた。 また、咲き始めの頃は白っぽく、次第に色が変ってくることから 七変化、八仙花 とも呼ばれる。」 との記載があった。

画像
画像

次に、ホタルブクロ (蛍袋) (写真 G、H)、アメフリバナ という 別名もあるように梅雨空によく似合う。
ホタルブクロ (蛍袋) には、白色と淡紅紫色の花があり、和名は この花の中にホタルを入れて遊んだからという説と、ぶら下がって咲く花を 提灯に見立てて 火垂 (ほたる ・提灯の古語) をあてたという説があるとか。 ホタルブクロ は、アメフリバナ の他にも チョウチンバナ、ツリガネソウ、トックリバナ、ボンボンバナ、ホタルグサ、トッカンバナ などの多くの方言名があるとのこと。

画像
画像

画像
画像

脇庭ボーダーガーデン から 奥に進むと ローズガーデン があり、春咲きのバラ (写真 I、J、K、L) が盛りを過ぎたとはいえ 多く咲いており、花弁に水滴を受けて輝いている様子は美しい。 ローズガーデン と 脇庭ボーダーガーデン の間の 花時計 のある入口 (写真 M) にも、バラ が綺麗に咲いていた。

画像

梅雨空には 花菖蒲 も よく似合うと思うが、園内にはないので 他の場所で観賞することにした。
例えば、400種 150万本もの花菖蒲があるという 「水郷佐原」、または 「水郷潮来」 など。 なお、「堀切菖蒲園」は、京成本線堀切菖蒲園駅の南西 500mほど、徒歩約 15分ほどの綾瀬川沿いに位置しており、貴重な江戸系花菖蒲を中心に 200種 6,000株の花菖蒲があり、見頃は 6月中旬 とのこと。

梅雨空に映える花の探索は この程度にして、館内の アートフラワーガーデン で開催している 「ローズフェア」、「花を楽しむハーブ展」、「夏の洋ラン展」 ( 〜 6/08 まで) などを楽しんだ。

画像
画像

画像
画像

続いて温室へ、ここでは何時もの様に 熱帯 ・亜熱帯地方の花々など 洋ラン、ブーゲンビリア、ハイビスカス (写真 N)ベニヒモノキ (写真 O) など、他に 花の色が時間の経過につれて 黄→橙→赤 へと変わる 「シチヘンゲ」 とも呼ばれている ランタナ (写真 P)、白い穂状の花をつけた キフゲットウ (ショウガ科)、紅色の可愛い花をつけた ナンヨウサクラ (写真 Q) などを楽しんだ。

梅雨空に似合うのがもう一つ それは ツバメ、 前庭の芝生の上を低く飛んでいた。 約 1時間ほど 「花の美術館」 を楽しんだ後、帰路についた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初夏の「花の美術館」を巡って タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる