タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS JR下総松崎駅から房総のむらへ

<<   作成日時 : 2014/07/15 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

画像JR成田線下総松崎駅から、坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池畔、多くの古墳が点在する 「房総のむら」の雑木林の中などを廻って、野鳥の ホトトギス、コチドリ、オナガ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ などや、昆虫、草花 などを楽しむことができた。 (7/10)


気象情報によると 「9日午前 9時 現在、中心気圧が 965ヘクトパスカル、最大風速 35メートル」 という大型で強い台風 8号は、沖縄本島地方 読谷村で 1時間雨量 96.5ミリの過去最多の猛烈な雨、また 長野県南木曽町でも 70ミリと記録的な大雨になった。 10日には、九州に上陸する見通しで 日本列島を縦断する可能性がある。」 とのこと。

千葉県北西部では 「 10日は、南の風のちやや強く曇りのち雨 」 とのこと。 午前中は何とか 曇り空が保てそうなので出掛けることにした。
JR総武線千葉駅で 8時20分発 鹿島神宮行に乗車、8時57分 成田駅に到着して 9時15分発 成田線 我孫子行に乗換えて、下総松崎駅に向った。

画像
画像

9時21分 JR下総松崎駅で下車、上り ・下りの両ホームには 電車 (写真 A、B) が同時に着いていた。
明治 34年8月10日に開業したという 下総松崎駅、 駅舎 (写真 C) は開業した当初のものか?木造の懐かしい(可愛い)建物でした。

画像

駅舎には ツバメ の巣が数ヶ所あり、乗降客へのフン害を防ぐために段ボールで棚が作られており、ツバメ が大事に見守られていると感じた。 駅前の電線には、巣立ったばかりと思われる ツバメ の幼鳥 (写真 D、E) 数羽が見られ、また近くのお店の軒先にも ツバメの巣が見られた。 最近、ツバメ やスズメ が減少傾向にあるといわれているだけに、これだけ多くの ツバメ が営巣しているのを見られるのは嬉しい限りだ。

画像
画像

備考 : 日本野鳥の会発行の「野鳥」誌 2011.5月号に 「最近のツバメ事情」という記事が載っていたが、それによると、「環境省が、1974〜1978年 と 1997〜2002年に行った分布調査の結果を比較すると、1997〜2002年の調査の分布域が減っている」 とのこと。

画像
画像

JR下総松崎駅前には、首都圏自然歩道の愛称である 関東ふれあいの道「古墳をたずねるみち」 (写真 F)、「水鳥のみち」 (写真 G) の 2つのコース案内板がある。

今回は、「古墳をたずねるみち」 コース ( JR下総松崎駅から 坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池、「房総のむら」、龍角寺、滑河観音前までの全長 15.2q ) のうち、 JR下総松崎駅から 坂田ヶ池総合公園の坂田ヶ池畔を通って 「房総のむら」 の風土記の丘資料館 までの 約 3qほどを歩く予定でした。

画像
画像

台風 8号の影響が心配だが今のところ大丈夫な空模様なので、予定通り下総松崎駅前を 10時にスタートした。
駅前から 県道18号 成田安食線に出て間もなく、右折して農道を少し進むと畑の中に コチドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ などを見ることができた。 さらに進んで、農道から 車道に出て約 400mほど坂道を進んだところを左折、約 200mほど進むと 坂田ヶ池総合公園駐車場(坂田ヶ池畔)に到着した。

備考 : 坂田ヶ池総合公園は、成田市が平成元年度のふるさと創生事業をきっかけとして、坂田ヶ池 を取り囲む地域に キャンプ場、ジャンボスライダー、水生・湿生植物園、芝生広場、野鳥観察舎などを整備して、豊かな自然と水に親しめる市民の憩いの場として開園した 総合公園 とのこと。

画像
画像

画像
画像

坂田ヶ池 (写真 H、I) では期待していた ウチワヤンマ は見られなかったが、シオカラトンボ などが見られた。

坂田ヶ池畔の南岸遊歩道を進むと、斜面林の中では多くの ヤマユリ (写真 @、J)カミキリ (写真 K) や 様々な チョウ、小さな白花をびっしりつけた オカトラノオ (写真 L)、白色の頭花を多数つけた ヒヨドリバナ (写真 M) などが見られた。 また、野鳥では ホトトギス が 彼方此方で鳴いて、時々飛んでる姿も楽しむことができた。

画像

池の中程にある浮き橋を渡って対岸(北側)へ進むと 水生 ・湿生植物園 があり、ニッコウキスゲの花と同じ一日性の黄白色のヘメロカリスの花が咲いていた。 浮き橋の近くから、雑木林の中の急坂を上って 「房総のむら」 へ。 そこには 6〜7世紀の古墳で周囲に埴輪が配置された築造当時の姿を再現した復元古墳 第101号古墳 (写真 N) があった。

画像
画像

途中の雑木林で通り雨、本降りになっては心配なので、その先にある 芝生の 「あそびの広場」 、ラベンダー畑 、明治 32(1899)年に建てられ この地に移築された 旧学習院初等科正堂(国重要文化財) (写真 O、P) のある処まで進み、探鳥を終了して鳥合わせを行った。
鳥合せの結果は、カルガモ、キジバト、アオサギ、ホトトギス、コチドリ、トビ、コゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ の 19種を確認した。( 日本野鳥の会千葉県 夏の房総のむら平日探鳥会 )

鳥合わせ後、幸いにも雨も上がり昼食して散会した。 食後、JR下総松崎駅に向かい 12時21分発の成田行に乗車、JR成田駅に 12時28分到着した。 ( 雨も上がったので、JR成田駅で途中下車して市内および成田山新勝寺を散策した。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
JR下総松崎駅から房総のむらへ タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる