タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊豆の国パノラマパーク と 修善寺温泉街を散策して

<<   作成日時 : 2014/07/25 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

画像ミシュランの 2つ星の評価をいただいている修善寺温泉街の 修禅寺、竹林の小径、指月殿 の三ケ所と、とっこ(独鈷)の湯、漱石の道、桂川にかかる恋の橋 など散策、さらには 世界文化遺産登録に沸く富士山と駿河湾の大パノラマが楽しめるという 「伊豆の国パノラマパーク」 を楽しんだ。 (7/17)


フランスで発行された日本の観光地を紹介するガイドブック 「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」 で、修善寺温泉街にある 修禅寺、竹林の小径、指月殿 の三ケ所 が 2つ星 (★★) の評価をいただいたとのこと。
今日は ある旅行会社の企画で、その修善寺温泉街も巡るという 「伊豆の大自然を堪能!! 絶景かつらぎ山と修善寺散策」 日帰りバス旅行に参加した。

バスは JR津田沼駅南口を 早朝 6時に出発して首都高速湾岸線へ入り 暫らく進むと、前方左側に江東区東雲などの 高層マンション群 (写真 A)、さらに進むと右側に 日本橋 三越本店 (写真 B)、日本銀行、神田橋、新しい渋谷駅 などのビル群、東名高速道路を 31.4 q 進んだ 海老名SA で最初のトイレ休憩をとった。

画像
画像

15分ほど休憩して再び東名高速道路へ、途中の御殿場付近から見えるはずの富士山は残念ながら朝霧?に隠れてほんの頂上部分だけが少し見えただけ。 御殿場JCT から 新東名高速道路 を約 13 q ほど走った 長泉沼津 IC で 伊豆縦貫自動車道、さらに伊豆中央道 を進み、修善寺温泉街 に出た。 ( 途中で、最初のショッピングポイントの 三島わさび工場 に立ち寄った。)

画像
画像

9時20分、バスは御幸橋駐車場に入り 約 60分ほど 修善寺温泉街を散策することに。
最初に目にしたのは、道路沿いにあるコンクリートブロック塀に 「漱石の道」 (写真 C)夏目漱石 (写真 D) の案内板。 明治 43(1910)年 8月6日〜10月11日まで転地療養のため 修善寺温泉 ・菊屋に滞在、温泉街のこの道を散策したことから、「漱石の道」 と呼ばれているとのこと。

画像
画像

また、修善寺には 「縁結びの橋」 の言い伝えがあり、「桂川に架かる五つの橋に願いをかけながら渡ると、恋が成就する。」 とのこと。  「漱石の道」を進むと、先ずは 渡月橋 ( 別名 みそめ橋 ) (写真 E)、次に 虎渓橋 ( 別名 あこがれ橋 ) (写真 F)、そして 桂橋 ( 別名 結ばれ橋 ) (写真 G、H) を見た。 他に、楓橋 ( 別名 よりそい橋 )、滝下橋 ( 別名 安らぎ橋 ) があるとのこと。

画像
画像

桂橋 ( 別名 むすばれ橋 ) を渡ると、その先に ミシュラン の 2つ星 (★★) を獲得したという 竹林の小径 (写真 @) があった。 竹林の小路の中程には竹製の円形ベンチがあり、二人連れが大胆にも 仰向けになって空を仰いでいたが、「空の青色と緑色の竹の景色が美しい」 との リーフレット に書いてあったことの実践のようだ。

画像
 
次は、 ミシュラン の 2つ星 (★★) という 指月殿 (写真 I) へ。
伊豆最古の木造建築といわれている指月殿は、北条政子が息子 頼家の冥福を祈って建立した経堂で、境内には鎌倉二代将軍源頼家の墓と、源頼家の家臣 十三士の墓 などがあった。

画像
画像

修善寺温泉のシンボルと云えば 「とっこの湯」 (写真 J) 、「桂川で病父を洗う少年に心打たれた弘法大師が独鈷杵(仏具)で川の岩を打ち霊湯を沸き出させ、温泉療法を伝授した。」 という 案内板 (写真 K)、伊豆最古の温泉とのこと。 なお、修善寺温泉の泉質は弱アルカリ性、古い角質を融かしてお肌をツルツルにする 「美肌効果」 があるとのこと、だが自由時間が 約 60分では温泉に入ることもできず残念。

画像

ミシュラン の 2つ星 (★★) という 修禅寺 (写真 L)、弘法大師 空海が大同2 (807) 年に開基したと伝わる古刹で、鎌倉時代に源氏一族興亡の舞台となった。 宝物館には、岡本綺堂の名作 「修禅寺物語」 ゆかりの寺宝の面があるとのこと。

これで修善寺温泉街の散策を終えた。 この時季 紫陽花の他には目立った花はなかったが、野鳥では トビ、ツバメ、ウグイス、スズメ、ハクセキレイ など 10種ほど確認できた。 10時30分、「伊豆の国パノラマパーク」 へ向かった。

画像
画像

10時50分頃、伊豆の国市長岡にある 「伊豆の国パノラマパーク」 に到着した。
富士山と駿河湾の大パノラマが楽しめるという 葛城山 ( 海抜 452m ) の頂上へ 全長 1,800m の ロープウェイ (写真 M) で向かった。

目の前に現れるはずだった 富士山 は、朝霧?に隠れて残念だが、駿河湾、淡島、沼津市や三島市の市街地などの景色を楽しむことができた。 また、葛城山頂上にある 富士山展望デッキ、山頂展望台、見晴茶屋、国土地理院 二等三角点、下駄供養塚など、さらには 葛城神社、源頼朝公ブロンズ像、百体地蔵尊 など、約 20分ほどで一周して下山 (ロープウェイ) した。

画像
画像

11時30分、「かつらぎ山パノラマパーク」内の レストラン で昼食、「伊豆の旬彩 バイキング」 で 伊豆の新鮮な食材による様々な料理を楽しむことができた。 館内には伊豆の銘菓やお土産コーナーなどもあり、また 「伊豆の国飾り展」 (写真 N、O) が開催されていた。( 伊豆の国市周辺の家庭の一部には、「家内安全」、「商売繁盛」、「延命長寿」、「農業繁栄」 などを十二の干支で叶えようと、手作りの干支の細工物を使用しなくなった帯に縫いつけ、床の間に飾る風習があるとのこと。)

「かつらぎ山パノラマパーク」内での昼食と買い物などを終えて、12時30分帰路についた。 途中、2か所のショッピングポイントに立ち寄り、17時30分頃 JR津田沼駅南口前に無事に到着した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
伊豆の国パノラマパーク と 修善寺温泉街を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる