タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月の東京港野鳥公園を散策して

<<   作成日時 : 2014/09/28 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 1

画像9月の東京港野鳥公園を散策して、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、アオサギ、ダイサギ、オオタカ、チョウゲンボウ、ヤマガラ、エゾビタキ など、21種の野鳥を見ることができた。 なお、期待していた シギ・チドリ類は、イソシギ の 1種だけでした。 (9/24)


東京都立 ・東京港野鳥公園は、埋立地に自然にできた池や草原に野鳥が集まるのを見て地域の人たちの保護運動が行われて出来たのが 東京港野鳥公園 の前身である 大井第七埠頭公園とのこと。 その後、拡張して現在の面積 24.9 ha になったとのこと。

JR総武線稲毛駅から総武・横須賀線快速電車に乗車、新橋駅で下車して京浜東北線に乗り換え浜松町駅へ、さらに東京モノレール線に乗り換えて流通センター駅に向かった。 それにしても、平日の通勤時間帯ということもあって大変な混雑 ・満員電車、昔の通勤していたころの記憶が甦ってきた。

浜松町駅から約 10分ほどで流通センター駅に到着、東京港野鳥公園の案内板 (写真 A) のある駅前で皆さんの集まるのを待って 9時30分にスタートした。 環状七号線を東側に京浜運河に架かる大和大橋を渡ると、運河沿いの石垣で イソシギ 2羽 が飛び回っているのが見られた。 さら進んで、高速湾岸線高架下と国道357号線を渡り、約 〜 30分 ほどで 東京港野鳥公園 に到着した。

画像

なお、先月 8月23日に散策(下見)した時には シギ・チドリ類は 6種でしたが、今日は如何だろうか。
全部記載すると、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、ヒメアマツバメ、コチドリ、セイタカシギ、オグロシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、ウミネコ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ の 24種 でした。 ( 詳細は、8/29掲載の「谷津干潟と東京港野鳥公園を散策して」を参照してください。)

画像
画像

公園管理事務所で入園手続きを済ませて入園した。 最初に西側 ( 自然学習センター、自然生態園、西淡水池 などがある ) の園内を廻ることにした。 野鳥公園の情報では 「芝生広場の アキニレ の樹に エゾビタキ が見られた 」 とのことで、早速に自然学習センター前の雑木林(枯れ木)の梢で羽を休めている エゾビタキ (写真 B、C) を見つけることができた。

画像
画像

次に自然生態園へ進むと、まだ稲刈りが済んでいない田んぼ、その畦道には ヒガンバナ が咲いていた。
その先の 西淡水池畔にある 3号および 4号観察小屋 (写真 D、E) からは、黄色と紅色のスイレンの花と、チラリと カワセミ が見られただけ。 観察小屋は暗くて、蚊 (ヒトスジシマカ ) が心配なので長居しないで外に出た。

画像
画像

次は、シギ・チドリ類が期待できる 「潮入りの池」 と 東淡水池 のある 東側の園内 に移動した。

途中、管理事務所側の芝生広場近くの枯れ木に 先程見たものと同じなのか エゾビタキ が見られた。
「いそしぎ橋」 を渡ると、近くの大田市場の大きな建物 と 約 1.5q ほど先にある羽田空港に発着する飛行機が大きく見えた。 東淡水池 (写真 F、G) では、池畔のアシ原などの草刈作業が行われており、東観察広場からは ダイサギ、カワセミ などが見られただけ。

画像
画像

そこで シギ・チドリ類が期待できる 淡水池からの水と運河からの海水が混じる汽水の池である 「潮入りの池」 (写真 H) へ。 先ずは、ネイチャーセンターの南側にある 1号 および 2号観察小屋 に移動して観察、干潟には シギ・チドリ類が 1種 イソシギ (写真 I) のみでした。

画像
画像

水面には、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ (写真 @、J、K) の カモ類が 4種、他に カイツブリ、カワウ、アオサギ などが見られた。

1号 および 2号観察小屋での観察を終えて ネイチャーセンター に移動して、館内から観察した。
潮入りの池の東端、池畔の斜面林には カワウ (写真 L) の営巣木、さらに松林には池に飛来する野鳥を狙っているのか オオタカ が見られた。 シギ・チドリ類があまり見られなかったのは これが原因?。 ( 野鳥公園での過去 3年間の秋季 シギ・チドリ観察記録によれば、8月〜 9月上旬頃までが多いとの データ がある。)

画像

ネイチャーセンターの館内で昼食、その後 今日見られた野鳥を確認する鳥合わせを行い、散会した。
確認できた野鳥は、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、イソシギ、オオタカ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、エゾビタキ、スズメ の 21種 でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 東京港野鳥公園平日探鳥会 )

なお、野鳥公園のデータによれば、上記の他に コサギ、コゲラ、ハクセキレイ、モズ、ムクドリ、オナガ が確認されたとのこと。 ( シギ・チドリ類は、やはり イソシギ のみでした。)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
東京港野鳥公園に隣接する太田市場、9/24 の探鳥会終了後に見学した。
太田市場は、昭和56年度に策定された第 3次東京都卸売市場整備計画に基づいて、青果 ・水産 ・花卉を取り扱う総合市場として建設されたとのこと。(業務開始は、青果 ・水産は 平成元年度、花卉は 平成2年度とのこと。) 面積は、38.6 ヘクタール と その大きさに圧倒された。
タケちゃん
2014/10/01 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
9月の東京港野鳥公園を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる