タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 「錦秋のカナダ メープル街道の旅」 (再編集 - 3 )

<<   作成日時 : 2014/11/18 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「錦秋のカナダ メープル街道の旅」 の 三日目。
今日 16日は、午前は オタワ市内観光、午後は 紅葉名所の ローレンシャン高原、宿泊は トレンブランビレッジ。 明日 17日は、トレンブランビレッジ から モントリオール へ。 (10/14 〜 21)


これまで掲載 ( 11/10、11/14 ) したのは、10月14日(一日目): 羽田空港を発って トロント に到着、トロント市内に宿泊。 15日(二日目): クランベリーファームで クランベリーの収穫見学、 紅葉名所のアルゴンキン州立公園のハイキング、その後 カナダの首都オタワへ移動、宿泊したところまででした。
今回は、16日(三日目) 〜 の様子を掲載します。

 10月16日
8:00 朝食、荷物を ドア外側に出して、9:00 ロビー前に集合して専用バスに乗り込み、オタワ市内観光へ。

先ずは、オタワ川沿いの緑の丘 パーラメント・ヒルに建つ 国会議事堂 (写真 A) へ。
1857年 イギリスのビクトリア女王の命でカナダ初の議事堂として 1859 〜 66年に建造された ネオ・ゴシック様式 の建物。 中央のピース・タワーは高さ 92.2 m 、タワーは一般見学も可で塔内にあるカリヨンも有名とのことだが、時間がなく議事堂の周囲を廻っただけでした。

パーラメント・ヒルから見下ろす 紅葉、オタワ川、 リドー運河、アレクサンドラ橋 (写真 B) が美しく輝いていた。

画像
画像

次に、国会議事堂前から ポルタージュ橋、アレクサンドラ橋を渡ってメジャース・ヒル公園に立ち寄り、世界文化遺産のリドー運河を見学した。 軍事物資の輸送を目的として 1826年から建設が始まった リドー運河は、オタワとキングストン(セントローレンス川)を結ぶ全長約 202 q、今では観光名所となっている。
運河沿いから見る 紅葉に包まれた国会議事堂、オタワ川、 リドー運河 (写真 @) の景色が美しい。

参考まで : オタワの名は、「交易」を意味する先住民の言葉に由来するとのことで、17世紀初期からヨーロッパの毛皮商人がこの地を拠点としていた。 国の行政を中心に発展してきたが、春にはチューリップの花で埋め尽くされる カナディアン・チューリップ・フェスティバルが行われ、冬は北米最大規模のウインターフェスティバルで街は華やぐとのこと。

画像
画像

次いで、1840年代から市民の台所として親しまれてきた バイワード・マーケット へ。
建物は、2階建のレンガ造りで 細長く内部はあまり広くない。 長さ 200 m 程の通りの両側には、肉、魚、パン 、ピザ、中華、ジュースバー、ギャラリー などの店が並んでいた。

画像
画像

また、建物の周りにも 花、野菜、果物などの屋台 (写真 C、D、E、F) が軒を並べ、メープルシロップを扱う店もあった。 バイワード・マーケットの見学が午前中ということもあってか 混雑した様子は見られなかったが、その代りにゆっくり見学することができた。

11:00 過ぎ、オタワの市内観光を終えて次の 紅葉名所 ローレンシャン高原 へ向かった。
行程は、約 170 q 2時間30分程 の移動とのこと。

画像
画像

ローレンシャン高原へ向かう ハイウェイ の両側には見事な紅葉が広がっており、ずうっと車窓を見続けていた。
2時間ほど走ったところで、メープルシロップの作業場 に立ち寄った。 もう昼時を過ぎているので先ずは昼食、作業場 (シュガーシャック) の隣に併設している レストラン で メープルシロップ を使った郷土料理 を食した。
なお、メープルビール があるというので物珍しさから飲んだ。 ( 後で知ったが、日本(山形県金山町)にも 「楓酔」 という メープルビール があるとのこと。)

食後に、メープルシロップの作業場 (写真 G、H) を見学した。 作業場では、様々な道具と、毎年 3 〜 4月の雪解けの時期にメープルの樹液 メープルシロップを採取して煮詰めて作るとのことなどを説明頂いた。

画像
画像

14:30 今晩宿泊する トレンブランビレッジ (写真 I、J) に到着、山頂付近は紅葉が過ぎた感じだが トレンブランビレッジ内の紅葉は、まだ十分に楽しめそうだ。

備考 : ローレンシャン高原 は、標高 1,000 m前後の山々が連なり、大小の湖沼が点在している高原地帯で、北米でも有数のリゾート地として知られているエリアとのこと。 この周辺はカナダ東部最大のスキー場があり、また世界的にも有名な紅葉風景、メープル街道のハイライトとしておなじみとのこと。

画像
画像

夕食までは自由時間。 早速、ホテルから、無料ゴンドラ乗り場(時計台)前を通り、お洒落な カフェ や ショップが並ぶ メインストリーの坂道 (写真 K) を上って、坂上の サン・ベルナール広場付近 (写真 L) まで 散策した。 ( 無料ゴンドラ は、 〜 10月11日まで運行、残念ながら 12日から 運休とのこと。)

画像
画像

夕方には、ライトアップされた サン・ベルナール広場 (写真 M) や お洒落な カフェ や ショップ なども美しい。
18:00 夕食は、メインストリー の レストラン で ポーク料理 (写真 N) を食した。( 皿の左にあるのは パン、置いたのを忘れて写真を撮ってしまった。)

 10月17日

画像

17日 7:30頃 ホテルの部屋から外を覗くと、まだ 灯りをともした トレンブラン ビレッジ (写真 O) の街並みが見られた。 8:00 朝食、荷物を ドア外側に出して 9:00 ロビー前に集合して専用バスに乗り込み、トレンブラン ビレッジ からハイウェイ 117号、15号 を 130 q、約 2時間ほど走行して モントリオール へ向かった。

画像
画像

ハイウェイ (写真 P、Q) の両側には紅葉した森が続き、別名 紅葉ハイウェイ とも呼ばれている高原地帯を南下して、10:00 頃 モントリオール に到着した。 モントリオール と云えば、1976年に開催された モントリオール ・ オリンピック の街ということが思い出されるが、どんな街なのか市内観光が楽しみ。
モントリオールは、「 セント・ローレンス川の中州に発展したカナダ第 2の都市、人口は 330万人を数え、パリに次ぐ世界で 2番目に大きなフランス語圏の都市である 」 とのこと。

今日(17日)は、紅葉名所の モントリオール市内観光と、南ローレンシャン ・オカ州立公園を散策する予定。
その模様は、次回掲載します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「錦秋のカナダ メープル街道の旅」 (再編集 - 3 ) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる