タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐倉城址公園の桜花を楽しんで

<<   作成日時 : 2015/04/06 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

画像佐倉城址公園の桜は、約 50品種 1,100本 程 あるといわれており、3月初旬から 4月下旬まで楽しめるとのこと。
桜の開花は、東京、横浜 ともに 3月23日、満開は 東京は 3月29日、横浜は3月31日、千葉市内もほぼ東京、横浜と同じぐらいに開花、満開になっていると思えるが、佐倉の桜は如何だろうか。? (3/31)



佐倉城址公園(千葉県佐倉市)は、江戸時代初期に築かれた佐倉城の城跡を整備、昭和39年に一部開設、58年に ほぼ現在の形で公開したとのこと。 また、日本城郭協会が 「日本 100名城」 の一つに選定、千葉県ではここ佐倉城だけとか。

佐倉城址公園の桜は、本丸跡、茶室 ・三逕亭付近及びその周辺に約 50種類 1,100本あるとのこと。 さらに、江戸時代から名桜と言われてきた美しい桜 13品種(白妙、祇王寺祇女桜、八重紫桜、鬱金、一葉、福禄寿、朱雀、松月、楊貴妃、御車返し、普賢象、関山、天の川)も見られるとのことだが、これらは 4月上〜中旬頃から咲き始めるものが多いようだ。

JR佐倉駅北口から、「田町車庫」行に乗車して バス停 「国立歴史民族博物館」(国立博物館)前で下車した。

画像
画像

国立歴史民族博物館前から、博物館の南寄りの「馬出し空掘り」沿いを通り、芝生広場、不明門跡 ( この時期には、花見客の臨時駐車場になっていた。)、一の門跡を通り、本丸跡に向かった。

途中の「馬出し空掘り」沿いや、本丸跡には、多くの 染井吉野(ソメイヨシノ)や大島桜(オオシマザクラ)が満開で迎えてくれた。 本丸跡 (写真 @、A、B) には、すでに売店なども設けられており、多くの家族連れの花見客が弁当を広げ楽しんでいた。 ( なお、「市民さくらまつり」は 4月1日 〜 6日まで開催され、売店での地元特産品、飲食品等の販売、桜のライトアップ などが行われるとのこと。)

画像
画像

染井吉野(ソメイヨシノ)、大島桜(オオシマザクラ)などの他にも、大寒桜(オオカンザクラ) (写真 C) なども見頃になっていた。 次いで、本丸跡 を出て、台所門跡、二の門跡、茶室 ・三逕亭、三の門跡 の付近を巡った。

茶室 ・三逕亭の付近では 紅色や白色の花桃(ハナモモ)、菊桃(キクモモ) が見頃で、さらには 三の門跡 の近くでは 八重紅枝垂(ヤエベニシダレ) (写真 D) が咲いていた。

画像
画像

本丸跡の他にも、ここ 茶室 ・三逕亭 と 三の門跡 の間にある 満開の染井吉野(ソメイヨシノ) 桜林 のある 広場 (写真 E、F) にも、多くの家族連れの花見客が弁当を広げていた。

画像
画像

茶室 ・三逕亭 の前には、幕末に筆頭老中としてハリスとの日米修好通商条約交渉に関わった 堀田正睦公像 (写真 G) と タウンゼント・ハリス像 (写真 H) があった。 ( 注 : 写真 G、H は、2013/4/24 新緑の時に撮影したものを貼付しました。)

備考 : 堀田正睦 は、日米修好通商条約交渉に関わり鎖国から開国へと導いた他に、深刻な財政難に悩む佐倉藩においても、文武や農業の振興 ・財政改革 ・学制改革など多くの施策を行って立て直すことに成功、また洋学を積極的に取り入れ、洋式軍事の早期導入や、現在の順天堂大学の基になった国内最初の私立蘭方医院兼医学塾 「佐倉順天堂」の創設に寄与したとのこと。 (佐倉市発行の「日本百名城 佐倉城、佐倉城址 さくらまっぷ」を参照した。)

画像
画像

なお、見るのを楽しみにしていた園内に 1本だけある 椿寒桜(ツバキカンザクラ) は見頃を過ぎていたが、濃紅紫色中輪の鐘形の花を付ける 寒緋桜(カンヒザクラ) (写真 I) は、まだ見ることができた。

名桜の一つでもある 淡紅色大輪の花を付ける 普賢象 (フゲンゾウ) (写真 J) は、園内には約 50本ほどあり 4月中〜下旬頃に咲くので 、その頃に また訪ねたいと思っている。 ( 注 : 写真 J は、2013/4/24 に撮影したものを貼付しました。)

画像

三の門跡から佐倉城址公園入口を出ると、左側に 国立歴史民俗博物館 ・くらしの植物苑 がある。
今日は、くらしの植物苑には入らずに その前の通りを 市民体育館 の方向へ進むと、左側に 満開の 染井吉野(ソメイヨシノ) の桜並木 (写真 K) が続いており ( 因みに、右側には 公孫樹並木 がある )、とても美しい。

備考 : 国立歴史民俗博物館 ・くらしの植物苑 は、「 日本人の生活文化のなかには、多彩な植物が素材として使用されている。 その理解を深めるために植物を系統的に、〜 食べる、織る・漉く、染める、治す、道具をつくる、塗る・燃やす 〜 の 6つの地区に分けて植栽し展示している。 」 とのこと。

画像
画像

また、染井吉野(ソメイヨシノ) の桜並木通りの道端には 白花のタンポポ (写真 L)、佐倉中学校の校庭から道沿いに伸びている 何という 桜?? (写真 M) なのか見事な花を咲かせていた。 右側に 市民体育館、左側に 桜幼稚園、麻賀多神社、そして蕎麦屋さん、温かい蕎麦でも食べようと店内を覗くと満員、残念だが佐倉市立美術館前から バスで JR佐倉駅に向かうことにした。

 付 : わが町の桜自慢 ( 2015-04-03 )

画像
画像

わが町の桜自慢として、中学校前にあるグリーンベルト沿いの 桜並木 (写真 N、O) を紹介します。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
佐倉城址公園の桜花を楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる