タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 谷津干潟でダイゼン、メダイチドリ、キョウジョシギ などが見られた

<<   作成日時 : 2015/05/01 07:00   >>

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 1

画像谷津干潟 ( 千葉県習志野市 )で バードウォッチング を楽しんだ。 カモ類では カルガモ、ハシビロガモ、コガモ が見られ、 シギ・チドリ類では ダイゼン、コチドリ、メダイチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、他には カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ など、全部で 29種が見られた。 (4/26)


千葉 ・習志野市にある 「谷津干潟」 は、1993 (平成 5 )年 6月10日の第 5回 ラムサール条約締約国会議 (釧路会議) で ラムサール条約登録地 となった。

「谷津干潟」 の周囲 約 3.5q を囲むように 「谷津干潟公園」 があり、園内には谷津干潟自然観察センター、観察舎、 遊歩道、樹木が植えられた広場 などが整備されており、干潟に飛来する カモ類、シギ・チドリ類、広場などに飛来する小鳥類なども 観察できる。

画像
画像

京成千葉線に乗車、京成津田沼駅で京成本線上野行の各駅電車に乗り換えて、京成谷津駅で下車した。
京成谷津駅改札口 (写真 A) から 国道 14号を跨いだ歩道橋を南側に進みエレベーターで地上に降りて 少し左側に出ると、長さ 約 150m ほどの 商店街 ・谷津遊路、さらに京葉道路のガード下を潜って谷津公園、谷津バラ園の入口に出た。

谷津公園の花木広場に出ると、「谷津干潟公園、谷津バラ園」 案内板 (写真 B) があり、その案内に沿って花木広場を横切り、谷津バラ園の前を通り 谷津干潟公園、谷津干潟 へ向かった。

画像
画像

画像
画像

途中、谷津公園の花木広場には、まだ花を付けている 桜 (写真 C、D)ハナミズキ (写真 E、F) が見られた。

画像
画像

谷津公園の花木広場を通り過ぎると、谷津干潟 (写真 G、H) が見えてきた。

現在 9時30分、干潟には アオサ が所々に見える。 今日は、小潮、満潮 9:02、 − 、干潮 4:26、16:41 (
船橋港の潮汐、谷津干潟は船橋港の潮汐より 1.5時間ほど遅れるとのこと ) とのことだが、これでも ほぼ満潮時 ? に近いのは小潮 だから。

画像
画像

10時過ぎ、谷津干潟の東側観察舎 (津田沼高校寄り) 前から探鳥を スタート した。

干潟には、頭に 2本の長い飾り羽と背中にも ふわっとした飾り羽のある 成鳥夏羽の コサギ (写真 I) 、額と頸側は白く、頬、喉、胸は黒い 成鳥夏羽の ダイゼン (写真 @)、後頭部から胸が鮮やかな橙色で、過眼線が黒い成鳥夏羽の メダイチドリ (写真 J)、頭部に白と黒の複雑な模様があり、胸にはよだれかけのような黒斑がある成鳥夏羽(♂)の キョウジョシギ (写真 J) などが見られた。

画像
画像

ちょっと遠いが アオサの上に 15羽ほどの、頭の約 2倍の長さがある 嘴が下に曲がり、黒い頭側線と淡褐色の頭央線が目立つ チュウシャクシギ (写真 K、L) も見られた。 なお 夕方になると、谷津干潟でも 数百羽 〜 以上もの大群が塒入りする光景が見られる(こともある)とのこと。

画像

東側観察舎 (津田沼高校寄り) 前から、 北側観察舎前 (谷津南小学校寄り)、さらに 谷津バラ園寄りの芝生広場近くの小さな干潟、入江?に行くと、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コチドリ (写真 M) などが見られた。

なお、谷津南小学校寄りの遊歩道を歩いていると、干潟の岸寄りに堆積している アオサが、最近の気温の上昇にともなって(紅色硫黄細菌の繁殖により)腐敗して悪臭が発生していた。

画像
画像

谷津バラ園寄りの芝生広場近くの小さな干潟、入江?から、いま通ってきた遊歩道を戻って 東側観察舎前 (津田沼高校寄り)、さらに 谷津干潟自然観察センター 近くの淡水池前の南側観察舎まで移動した。

淡水池 (写真 N) では、コガモ、アオサギ、ダイサギ (写真 O)、他に カイツブリ、セイタカシギ などが見られた。 なお、ダイサギ は、嘴は黒くて目先が緑青色、背中には飾り羽が出て夏羽に変化していた。

画像

12時30分、ここ淡水池前で探鳥を終了して自然観察センター横の芝生広場に移動、今日見た鳥の確認 (鳥合せ)を行って散会した。

シギ・チドリ類は、ダイゼン、コチドリ、メダイチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ の 6種でした。
なお 全部を記載すると、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ダイゼン、コチドリ、メダイチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、キョウジョシギ、コゲラ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ の 29種でした。 ( 日本野鳥の会千葉県 谷津干潟探鳥会 ) 12時30分頃の 干潟 (写真 P) は、干潮時が 4:26、16:41 ( 船橋港の潮汐 ) というのに、すでに干上がって干潟の広い部分が現れていた。

参考まで、谷津干潟自然観察センター の情報によれば、今日(4/26)は 前記の他に ヒドリガモ、オオソリハシシギ、キアシシギ、ハマシギ が見られたとのこと。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
現在(5/12)、谷津干潟で見られる シギ・チドリ類 は如何なのだろうか。?
谷津干潟自然観察センターの HP(本日のフィールドノート)によれば、ムナグロ、ダイゼン、メダイチドリ、セイタカシギ、オオソリハシシギ、チュシャクシギ、ホウロクシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、オバシギ、トウネン、ハマシギ の12種が確認されたとのこと。 なお、本ブログに記載したように 4/26 に確認されたのは 6種でした。
タケちゃん
2015/05/12 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
谷津干潟でダイゼン、メダイチドリ、キョウジョシギ などが見られた タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる