タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 大磯 ・照ヶ崎海岸のアオバトを求めて

<<   作成日時 : 2015/07/15 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像神奈川県大磯町の照ヶ崎海岸と言えば 日本最初の海水浴場 で、大磯海水浴場として ここ 照ヶ崎海岸 に開設されたことで有名です。
もう一つ、照ヶ崎海岸を有名にしているのが 丹沢方面から海水を飲みに飛来する アオバト で、まだ梅雨時で雨が心配だが、アオバト に逢いたくて 大磯町( 照ヶ崎海岸) に向かった。 (7/09)



アオバト は、「ハト科 体長 33p、数羽から数十羽の群れで行動していることが多い。 森林性の鳥で、開けた場所に出ることは少ないが、初夏から秋には塩分をとるため海岸に出て海水を飲む。 山地のものでは、塩分のある温泉水や、醤油や味噌の工場などの塩分を含んだ排水を飲むものもいる。 主に木の実や新芽を樹上で食べる。」 と 山渓ハンディ図鑑 「日本の野鳥」 に記載されている。

また、大磯町観光協会発行の 大磯観光ガイドマップ 〜 歴史と味の散歩路 〜 には、「5月初旬から 10月頃まで 照ヶ崎海岸に飛来し、ピークは 7月 〜 8月、海岸でアオバトに出合える時間は、日の出から 10時頃 と 夕方の時間帯です。 照ヶ崎海岸は 『アオバト集団海水吸飲飛来地』 として、神奈川県の天然記念物に指定されています。」 とある。

なお、見出しに貼付した画像は、大磯町のポスター (写真 @) で、大磯駅前観光案内所の窓口で 1部 300円で販売している。

画像
画像

JR総武・横須賀線快速 逗子行に乗車、先ずは東京駅 ( 7:10) で下車して 東京駅構内の 「銀の鈴」 (写真 A) の前に移動、そこで 8:00 まで 鳥仲間 を待つことにした。

8:00 までに数人が集まった。 今にも降り出しそうな空模様、天気予報でも 「停滞した梅雨前線の影響で、九州から関東、東北南部の一部は雨で、雷を伴い強く降る所も。」 とのこと。 ( 会としては、「雨天中止」 にした。)
集まった人の中には、照ヶ崎海岸は初めてという人もあり、有志で出掛けることにした。

予定していた 8:24 発 JR東海道本線 熱海行に乗車するため I番線に移動した。 隣のホームは 新幹線 S番線 (写真 B) で、東北 ・山形 ・秋田 ・上越 ・北陸新幹線などが出発するとのこと。

画像

JR東海道本線 熱海行 8:24 発 に乗車、9:28 大磯駅で下車した。 大磯駅前 (写真 C) に出ると、天気予報通りに 小雨 が降っていた。 「アオバト は 10 時頃 までが見頃 」 とのこともあり、照ヶ崎海岸 に急いだ。

画像
画像

大磯駅前のバス道路を右側へ進み、間もなく 聖ステパノ学園前、そして大磯小学校前で左折して 愛宕神社脇の切り通しを進み、島崎藤村や吉田茂などにも愛されたという 和菓子の老舗 「杵新」 の前を通る 国道1号線を横切り、そのまま坂を下って西湘バイパスの高架下の照ヶ崎歩道橋を渡り 町営照ヶ崎プール側の護岸を越えると、日本の渚百選にも選定されている 照ヶ崎海岸 (写真 D、E、F) に出る。

近くの護岸上には、「大磯照ヶ崎のアオバト集団飛来地」 の案内板 (写真 G) もある。

画像
画像

写真 D、E の岩礁のある場所に アオバト が飛来するのだが、今日は写真の様に 風雨が強く、大きな波と濃霧で丹沢方面からの見通しも悪く、残念ながら 3 〜 40分待ったが アオバト の姿を見ることができなかった。 なお、海辺では ウミネコ、ツバメ、イソヒヨドリ、ハクセキレイ などが見られ、沖合には オオミズナギドリ が飛び交っているのが見られた。

以前、この照ヶ崎海岸で アオバトを 毎日カウントしているという 地元の方に会ってお話を聴いたときに 「朝方から 海岸も丹沢方面も濃霧で見通しが悪い時は、アオバトの飛来が少ない」 と云っていたことを思い出した。

画像
画像

10:30 頃 この海岸を後にして、アオバズク が見られるという大磯町内の ある公園に向かった。
大磯小学校前 から バス に乗車、公園に着いた頃には雨も ほぼ止み、お陰様で アオバズク (写真 H、I) を見ることができた。 公園内で昼食を済ませ、公園前からバスに乗車して大磯駅へ。

画像
画像

13:35 頃 大磯駅に着いた。 大磯駅前観光案内所に立寄り、照ヶ崎海岸でのアオバトの様子を報告すると、「 昨日は アオバト が見られたそうです。 その内容は、地元の人が 『大磯の風』 という ブログ に掲載しているので見てください。」 とのことでした。

画像
画像

13:45 発 のJR東海道本線 籠原行に乗車して 大磯駅 を後にした。
途中の 戸塚駅で下車 ( 14:21 ) して、14:29 発の 総武 ・横須賀線快速 エアポート成田 ・成田空港行に乗換えて、帰路についた。

帰宅後、「大磯の風」のブログを見させていただきました。 さらに、「大磯町観光協会」 のホームページ には、木原秀雄氏から提供されたという アオバト の画像 が様々掲載されていた。 その中から 4枚ほど (写真 J、K、L、M) 参照させて頂きました。

画像

備考 : 1) 明治18(1885)年に日本最初の海水浴場として大磯海水浴場が照ヶ崎海岸に開設されたことは前記したが、その大磯海水浴場の開設 50周年を記念して作成 ( 昭和10(1935)年印刷 ) された ポスター (写真 N) ( 2008/9/15 、大磯町郷土資料館 で展示されていたものを見ることができた。 ) を 参考まで貼付した。
2) 昨日の 7月8日付け 毎日新聞 朝刊には、「イチからオシえて : アオバトの謎、探鳥会が調査 早朝に飛来、海水でナトリウム補給?」 の見出しで、大磯 ・照ヶ崎海岸のアオバトのことが掲載されています。 (詳細は、記事を読んで下さい。)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大磯 ・照ヶ崎海岸のアオバトを求めて タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる