タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉県立中央博物館と生態園を見学して

<<   作成日時 : 2015/10/18 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「千葉県立中央博物館」と付属施設の「生態園」を見学した。
中央博物館では、常設展示を見学。 生態園では、オリエンテーションハウス で 「トピックス展 〜 妖怪と野鳥 〜 」を、舟田池に面した野鳥観察舎では マガモ、カイツブリ、アオサギ などが見られた。 (10/11)



前々回(10/08)掲載した 「初秋の青葉の森公園の散策して」の中で記載したように、当初は青葉の森公園とその園内にある千葉県立中央博物館とその付属施設の生態園に立ち寄る予定であったが 「 9月30日(水) 〜 10月9日(金)まで、収蔵庫燻蒸作業のため臨時休館 」 とのこと、予定していた中央博物館とその付属施設の生態園に入ることができなかった。

日を改めて本日(10/11)、千葉県立中央博物館とその付属施設の生態園に入るため出掛けた。

画像

JR総武線千葉駅で下車、東口駅前から 「大学病院」行のバスに乗車して「中央博物館」バス停で下車して約 10分ほどで 千葉県立中央博物館 (写真 A) の前に着いた。 ( なお、京成千葉 ・千原線を利用した場合は、千葉寺駅で下車して約 15分ほどで中央博物館前に着くことができます。)

千葉県立中央博物館に入館した。 これまで何回となく入っているので、常設展の好みの 展示室 (写真 B、C、D、E、F) を見て回った。

画像
画像

「自然の中のいとなみ」、「鳥類」 など 。

画像

「都市化による鳥相の変化」 など 。

画像
画像

「様々な鳥類剥製標本」 (「ヤマセミ」、「アカショウビン」 ) など。

画像

前々回(10/08)に記載した 「臨時休館のお知らせ」 の案内板と一緒に掲示されていた 「生態園 トピックス展 〜 妖怪と野鳥 〜 」 (写真 G) が気になっていたので、中央博物館本館の見学を切り上げて会場である 生態園 オリエンテーションハウス へ向かった。 ( 「生態園 トピックス展」 の会期は、〜 10月14日で終了しました。)

画像
画像

案内板にも記載されていたように、「生態園に生息する トラツグミ、シギ・チドリ類、オシドリ、フクロウ類、サギ類、カラス などに関連した伝説を標本、写真などで紹介 」 していた。

その中には、ダイゼン(写真 H)、サンカノゴイ (写真 I)、フクロウ などの写真も掲示されていた。 ( 参考まで : フクロウ類を表紙絵にしたものには 「鳥のことわざ うそほんと」 ( 著者 国松俊英 、山と渓谷社 )、「新潟 ・鳥のことわざと方言」 ( 著者 風間辰夫、野島書店 ) などがあり、民話、諺、方言などを解説したものもある。)

画像

この後、生態園 オリエンテーションハウス から、舟田池に面した 野鳥観察舎 (写真 @) に行くと、途中の雑木林は初秋を感じさせる 紅葉した樹木 (写真 J) も見られ、池面には マガモ、カイツブリ、アオサギ などが見られた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
千葉県立中央博物館と生態園を見学して  タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる