タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 初冬の幕張新都心を散策して

<<   作成日時 : 2015/12/17 07:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像今回は幕張新都心の海浜幕張駅界隈を一週間続けて散策 ? 、チョウゲンボウ が見られたことと、また 12月7日 〜 13日まで幕張新都心の風景を見ることとなったが、これも私にとっては大切な 一ページになったと思える。 (12/07 〜 13)



12月7日、JR京葉線検見川浜駅前からバスに乗車して海浜幕張駅方面へ向かった。
途中、花見川のJR京葉線鉄橋沿いに架かる若葉第二号橋 を渡って間もなく、幕張新都心のビル群 (写真 A、B) が見えてきたが、当ブログに 11/12付けに 「秋の海浜幕張駅界隈を散策して」 と題して掲載した 幕張新都心のビル群の風景と同じである。

千葉市のホームページ および ウィキペディア ・フリー百科事典などを参照すると 「 幕張新都心は、千葉市美浜区と習志野市に跨る東京湾に面した地域で、面積は約 522.2 ha。 1989年 幕張メッセのオープンでスタートした幕張新都心は、先導的中核施設である 幕張メッセ の設置をはじめ、業務研究ビル、教育 ・研究施設、ホテル・商業の誘致及び幕張ベイタウンでの住宅整備の推進などにより、「職 ・住 ・学 ・遊」 の複合機能の集積が進み、就業者 ・居住者 ・就学者 及び新都心への来訪者を合わせると、現在 日々約 16万2千人の人々が活動するまちとなっている。」 とのこと。

画像
画像

また、幕張新都心 (写真 C) の概要と各地区の特徴については、下記の様に記されていた。

「タウンセンター地区 : JR京葉線海浜幕張駅を中心としたタウンセンター地区とその周辺には、ショッピングビル(プレナ幕張)や、映画館(シネプレックス幕張)、アウトレットモール(三井アウトレットパーク 幕張)、スーパーマーケット(イオン幕張)などの商業施設や、ホテル 6社(アパホテル、ニューオータニ、ホテル ザ・マンハッタン、ホテルグリーンタワー、ホテルスプリングス幕張、ホテルフランクス)が開業しており、遠方からの来訪者や、東京ディズニーリゾートや成田国際空港への利用者の滞在場所などとして利用されている。」 とのこと。

画像

「業務研究地区 : 1989年(平成元年)に日本コンベンションセンター (現・幕張メッセ) が開業したのを皮切りに、国内外の企業が立地するオフィスビル街となっている。 約 450社の企業が活動し、ワールドビジネスガーデンや幕張テクノガーデン、流通大手のイオングループ本社等が立地しており、業務機能や研究開発機能が集積している。 しかし、キヤノン販売 (現・キヤノンマーケティングジャパン)や BMWジャパン が本社機能を幕張から都心に移転する等、都心回帰の影響を受けている。」 とのこと。

画像
画像

「文教地区 : 幕張新都心の中で最も早くから整備が進められた地区であり、大学(放送大学、神田外語大学、千葉県立保健医療大学)、中学校 ・高等学校(千葉県立幕張総合高等学校、渋谷教育学園幕張中学校 ・高等学校 、昭和学院秀英中学校 ・高等学校)、幼稚園 ・小学校(幕張インターナショナルスクール)が立地しており、その他に、研究施設(アジア経済研究所、JA共済幕張研修センター)、公共職業能力開発施設(高度職業能力開発促進センター)等がある。 幕張インターナショナルスクールを中心に、国際競争力を持った高度教育地域を目指して整備が進められている。」 とのこと。

画像
画像

「公園・緑地地区 : 東京湾岸や海浜幕張駅東部に 県立幕張海浜公園 (写真 F) (約 71.9ha、日比谷公園の約 4倍)が整備されている。 人工海浜「幕張の浜」(遊泳は禁止されており、水遊びのみ)やプロ野球・千葉ロッテマリーンズの本拠地である QVCマリンフィールド が立地し、平日の昼食時にはビジネスマンやOLの憩いの場として、休日は家族やカップルなどで賑わいを見せる。 また、世界との交流を目指して整備された池泉回遊式の日本庭園 「見浜園」 があり、庭園内には本格的な数寄屋造りの 茶室 「松籟亭」 (写真 G) も完備されている。」 とのこと。

画像

「住宅地区 : 1995年(平成 7年)より 「幕張ベイタウン」 として官 ・民共同で整備が着手され約 23,000人が住む街となっている。 街並みは中高層のマンションが、その 1階にはお洒落な店舗が建ち並び、1999年(平成 11年)には街としては初めてグッドデザイン賞を受賞しており、ヨーロッパスタイルの洗練された街並みが広がる。 地区内に小学校が 3校、中学校が 1校配置されている等ファミリー層の受け入れ態勢も整っている。」 とのこと。

画像

他に、「拡大地区 : 千葉市側の「豊砂地区」と習志野市側の「芝園地区」からなる。 1989年(平成 元年)に編入されて以来整備が進められており、コストコ幕張店、カレスト幕張、東京インテリア幕張店などが立地している。」 とのこと。

こんな 都会のビル (写真 D、E、I) が林立する中で、チョウゲンボウ (写真 @、H) を見ることができた。 チョウゲンボウ は小型のタカ類で、ハトより少し大きいくらい。 最近は、都会のビルでも繁殖しているとのこと。
今回の散策? で、様々な方々にお世話になりました。 無事に散策を終えることができたことに感謝します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
初冬の幕張新都心を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる