タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 「館山野鳥の森」を探鳥して

<<   作成日時 : 2016/01/31 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「千葉県立 ・館山野鳥の森」 ( 館山市大神宮 )では、タシギ、ノスリ、コゲラ、カケス、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、アオジ、クロジ などが見られた。
また、近くの漁港に立ち寄り、ヒドリガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、ウミウ、アオサギ、ヒメアマツバメ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、イソヒヨドリ などが見られ、今日一日で 37種を見ることができた。 (1/24)



「千葉県立 ・館山野鳥の森」 は、1974( 昭和 49)年 千葉県で 3番目の 『県民の森』 として開園した。
「この森は、房総半島の最南端 ・南房総国定公園のほぼ中央にある 22.4 h の常緑広葉樹の森で、林野庁の 『 日本森林浴の森100選 』 に指定されている自然豊かな緑濃い森で、夏にはサシバやホトトギス、冬にはツグミやノスリなどの渡り鳥が観察できる。 年間を通して野鳥に出合うことができて、特別鳥獣保護区に指定されるとともに 『 日本森林浴の森100選 』 に選定されるなど、豊かな自然環境を有しており、バードウォッチング、ハイキング、自然散策 など、多くの方に利用されている。」 とのこと。 ( 「館山野鳥の森」の HPを参照しました。)

画像

現在、「南房総フリー乗車券」 が発売中で、フリー区間内のJR線と指定のバス路線が 2日間乗り降り自由というので購入(前日までに購入要)して、JR千葉駅で内房線館山行の(各駅停車)電車 6時58分発に乗車、館山駅に向かった。 途中、五井駅構内には 小湊鉄道 (写真 A) の可愛い?気動車が見えたが、沿線には 養老渓谷、市原市民の森、高滝ダム など、多くの景勝ポイントがあり、カメラマンに人気があるとのこと。

内房線上総湊駅の手前付近から、電車は東京湾岸線の近くを走行するようになり、海上には白波が立ち強風が吹いている様に見えた。 富浦駅で上り電車 3本の通過待ち、その後に車掌から 『 この電車は強風のため(館山駅の一つ手前の)那古船形駅止まりになります。 館山駅までは代行バスを運転します。』 とのアナウンス。

画像

如何しようか、先ずは代行バスに乗ろうかと思って那古船形駅の改札を出ると、館山在住の友人が待っていてくれた。 友人の車に乗せて頂き、館山駅を経由して「館山野鳥の森」に到着した。

早速 「館山野鳥の森 ・ふれあい野鳥館」をスタート、友人の案内で園内の探鳥道を進み、先ずは標高 63mの 富士見展望台 (写真 B) へ。

画像
画像

富士見展望台からは、富士山は残念ながら見えなかったが、強風による 平砂浦に打ち寄せる白波 (写真 C、D) が美しく見えた。

画像
画像

園内の 「シジュウカラ峠」 から、風当たりの少ない 「サクラの小路」 を進むと、 寒桜 (写真 E、F) が咲いていた。

画像
画像

「サクラの小路」 から、「ピクニック広場」 (写真 G、H) へ。 ここは風もなく静かで、上空を ノスリ が舞い、近くの斜面林や広場の草藪などでは カケス、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、シロハラ、アオジ などが見られた。

画像

次は、「水辺の森」 (写真 I)、「西沢の池」 などを廻って標高 87mの 国見展望台 へ。

画像

国見展望台 (写真 J) からは、朝 10時頃には見えなかった富士山も (11時30分頃には)霧も強風で吹き飛ばされたためか見ることができた。

画像
画像

国見展望台から、大型ネットきん舎の近くを通って安房神社へ。 途中、マテバシイの林の中で クロジ (写真 K、L) の姿をゆっくり見ることができた。 ( 注 : クロジ の 写真 K、L は、野鳥写真図鑑の画像を参考まで貼付しました。)

画像
画像

安房神社に参拝した後、 「館山野鳥の森 ・ふれあい野鳥館」 に戻り 昼食 にした。
昼食後は「館山野鳥の森」を出て、近くの漁港へ。 途中の水田で タシギ (写真 @) 、漁港の屋根下では ヒメアマツバメ (写真 M、N) が巣に入る姿を見つけ、巣の中からは鳴き声まで聞くことができた。 ( 注 : ヒメアマツバメ の 写真 M、N は、野鳥写真図鑑の画像を参考まで貼付しました。)

画像
画像

また、漁港の近くでは カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、ウミウ、アオサギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、イソヒヨドリ などが見られた。 さらに、寒風に揺れる ナマダ (ウツボの房州での呼び名)の干物や、海岸砂浜 (写真 O、P) では ユリカモメ が約 350〜羽ほど、その中には ウミネコ、オオセグロカモメ が数羽混じっているようだ。

再び 「館山野鳥の森 ・ふれあい野鳥館」 に戻り、探鳥を終えて、今日見た鳥の確認(鳥合わせ)を行なった。
友人には帰りも館山駅まで(電車は午後になって館山駅から発車とのこと) 送って頂いた。 観察した鳥 ヒドリガモ、カルガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ウミウ、アオサギ、ヒメアマツバメ、タシギ、ユリカモメ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、アオジ、クロジ の 37種でした。(日本野鳥の会千葉県 館山野鳥の森探鳥会)
館山在住の友人、ならびに皆さんには大変お世話になりました。 誠に有難うございました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「館山野鳥の森」を探鳥して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる