タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 早春の千葉公園を散策して

<<   作成日時 : 2016/02/20 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

画像早春の千葉公園を散策した。
早咲きのサクラ ・河津桜が既に咲いており、その花の蜜を吸っている メジロ が見られた。
また、大賀ハスの枯れた茎だけが残る ハス池 や 綿打池 では、多くの キンクロハジロ と ユリカモメ、他に アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、セグロカモメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、池の畔にある斜面林では コゲラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ などが見られた。 (2/16)



千葉市中央区弁天にある千葉公園は、かつての 鉄道第一連隊演習所跡を中心に 約 21ヘクタールの戦災復興計画で造成された公園。
貸ボートが浮かぶ 綿打池、展望台のある 荒木山、6 〜 7月には淡紅色の大賀ハスが咲く ハス池、他に 市民球場、プール、体育館、お花見広場、茶室のある 好日亭 など、盛りだくさんの施設のある大きな公園です。

立春(2/4)も過ぎ 14日には「春一番」も観測された早春の候、千葉公園を散策しようとJR総武線千葉駅で下車して北口改札口から千葉公園へ向かった。 北口広場から、北方向へ植草学院の横を通り、鉄道第一連隊演習所の架橋演習橋脚跡の近くから、千葉公園 (写真 A) に入った。

画像

入口から坂道を下ってい行くと、その先には 蓮華亭 と ハス池 (写真 B)。 毎年 6 〜 7月頃 には、見事な淡紅色の大輪の花を咲かせる 大賀ハス を楽しむことができる場所でもある。

画像
画像

昨年(2015)6月11日に大賀ハスを見に行った時の 蓮華亭 と 大賀ハス (写真 C)、その様子は 「千葉公園で大賀ハスを観賞して」 のタイトルで、2015/06/15 付けで掲載した。

画像
画像

現在のハス池は、大賀ハスの枯れた茎だけが残る泥田だが、そこには ダイサギ (写真 D)、コサギ (写真 E) と ハクセキレイ、セグロセキレイ が見られた。

画像
画像

次は、綿打池 (写真 F、G)、池の中程にある中之島には雪吊りがあった。
雪吊りの本来の目的は、積雪の多い地方で庭園などの樹木が雪の重みによって枝が折れない様にするために設置するものだが、雪の少ない千葉公園では 「伝統文化の伝承と市内の名物にと始められた」 とのことで 11月中旬頃 から 2月下旬頃 まで見られるとのこと。

画像
画像

池の水面や中之島では、多くの キンクロハジロ (写真 H)ユリカモメ (写真 I)、他に カルガモ、 カワウ、アオサギ、オオバン、セグロカモメ などが見られた。

画像

さらに、池の畔 (写真 J) を巡ると、早咲きのサクラ ・河津桜 (写真 K) が既に咲いており、その花の蜜を吸っている メジロ (写真 @) が見られた。

画像
画像

池の斜面林では、 コゲラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ (写真 L) などが見られた。

この散策で見られた野鳥を全部記載すると、カルガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ の 22種でした。
千葉公園を 12:30 頃から約 1時間ほど散策して、再びJR総武線千葉駅に戻った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
早春の千葉公園を散策して タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる