タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民公園 ・新宿御苑で サクラ と オシドリ を楽しんで

<<   作成日時 : 2016/04/10 07:00   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像東京での サクラ の開花は 3月21日、平年より 5日早く、昨年より 2日早い。 満開は 3月31日、開花から すでに半月も過ぎているが、最近の天候具合で まだまだ サクラ の見頃が続いているとのこと。 なお、横浜や千葉での開花 ・満開とも 東京に比べ て 2 〜 3日遅いぐらいで、同時期に楽しめている。
毎年出掛けている 国民公園 ・新宿御苑、今年も サクラ などの花木と野鳥を楽しむことができた。 (4/06)



気象庁のHP 「2016年のさくらの開花状況」 によれば、東京で 3月21日、平年より 5日早く、昨年より 2日早いとのこと。 横浜では 3月23日、平年より 3日早く、昨年と同じの 開花とのこと。
また、満開は 東京で 3月31日、平年より 3日早く、昨年より 2日遅いとのこと。 横浜で 4月2日、平年より 1日早く、昨年より 2日遅いとのこと。

気象庁が 「さくらの開花前線」 の基準にしているのは、染井吉野 (ソメイヨシノ)。
ただし、沖縄県と鹿児島名瀬では 「ひかんざくら」、札幌を除く 北海道では、「えぞやまざくら」 とのこと。
東京では、靖国神社 ( 東京都千代田区九段 ) にある標本木に 5、6輪以上の花が咲いているのを 東京管区気象台の職員が確認して発表している。

画像

JR総武 ・中央線に乗車して、約 1時間弱で千駄ヶ谷駅に到着した。
駅前から約 5分〜ほど歩くと間もなく 新宿御苑 ・千駄ヶ谷門 (写真 A)、ゲート前での アルコール類などの持ち込みをしていないかの検査を受けた後に入園した。

 サクラ の花
画像
画像

千駄ヶ谷門を入り最初に目にしたのは、まだまだ見頃な 淡紅色中輪一重の 染井吉野 (ソメイヨシノ) (写真 B、C)、緑の新葉とともに 白色大輪一重の花を開く オオシマザクラ (大島桜) (写真 D、E)、そして盛を過ぎて葉桜になっている 小彼岸 (コヒガン ・淡紅色小輪一重)。

画像
画像

枝振りが特徴の 市原虎の尾 (イチハラトラノオ) (写真 F)、まだ蕾だが花は白色中輪八重で 4月中頃に咲く。
まだ蕾の 梅護寺数珠掛桜 (バイゴジジュズカケザクラ) (写真 G)、花は淡紅色大輪菊咲きで、原木は新潟県阿賀野市の梅護寺にあって国の天然記念物に指定されている。 「市原虎の尾」 とともに、花が楽しみだ。

画像
画像

十月桜 (ジュウガツザクラ)(写真 H)、花は薄い淡紅色中輪八重咲き、秋から春にかけて咲き続ける点は 「四季桜」 と同じだが 八重咲き。

画像
画像

松前早咲 (写真 I)、花は淡紅色大輪八重、原木は松前町の光善寺にあって 「血脈桜」 と呼ばれて江戸時代から栽培されていたとのこと。

画像
画像

ちょっと一休み、園内は多くの お花見の入園者 (写真 J、K) で いっぱい。 なかでも外国からの観光客が、入園者の約 1/3 ほどを占めるほどの多さだ。

画像
画像

白妙 (シロタエ) (写真 L)、白色大輪八重、八重桜の中では比較的早く咲き始めるとのこと。
白雪 (シラユキ) (写真 M)、白色大輪一重、花が咲く時期に葉芽は伸びないので白色が際立って見える。 植物学者 三好 学 (1862 〜 1939) が荒川堤で発見、命名したとのこと。

画像
画像

太白 (タイハク) (写真 N)、花は白色大輪一重、英国人が日本から得て栽培していたもので、英国から逆輸入されたものとのこと。
弁殿 (ベントノ) (写真 O)、薄い淡紅色中輪一重、名前の由来は室町時代の物語に登場する 稚児の名前 に因むとのこと。 「弁殿」、「便殿」の名称で栽培されている樹があり、樹によって花の色が若干違うとのこと。

画像
画像

アメリカ (写真 P)、米国で広まった栽培品種で 染井吉野 より花色が濃く、米国では 「曙」 と呼ばれており、日本では 「アメリカ」 と呼ばれているのも面白い。
長州緋桜 (チョウシュウヒザクラ) (写真 Q)、淡紅色大輪半八重、現在あまり広まっていないが、同じクローンの石川県の兼六園から広まった 「兼六園熊谷」 は多く栽培されているとのこと。

画像
画像

山桜 (ヤマザクラ) (写真 jR)、赤い若葉とほとんど同時に淡紅色または白色の花を開く。 東北南部から九州に分布して、関東や関西では最も身近な サクラ であり、江戸時代 までは サクラ の代表でもあったとのこと。
一葉 (イチヨウ) (写真 S)、薄い淡紅色八重、和名は雌しべが葉化して葉のように見えることから、関東を中心に広まったとのこと。

他に、八重紅枝垂 (ヤエベニシダレ)、淡紅色小輪一重の 高遠小彼岸 (タカトウコヒガン)、紅色大輪一重の 陽光 (ヨウコウ) などを見ることができた。
また、日本庭園の東側にある 「上の池」 では、奥の樹陰で オシドリ (写真 @) が 6羽 ほど見ることができた。
サクラ の花の他にも 季節の花や野鳥を見ることができたので、次回に続編として紹介したいと思っております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しく 桜見ざけ 雪見酒?
中山さんの心有るアドバイス有難うございます。
中山さん、浅野さん、柴さん、会長さんたちの鳥?
私は、 食べる鳥と、野鳥の味愛を感じました。
今後も、家族そろっての探鳥アドバイスよろしくお願いします。
jainaa
2016/04/10 23:36
もったいないお言葉を頂きまして、恐縮しております。
ジャイナーさんとご家族さまとご一緒に鳥見ができますことを、大変嬉しく思っております。
こちらこそ、今後とも どうぞよろしくお願い申し上げます。
タケちゃん
2016/04/11 11:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国民公園 ・新宿御苑で サクラ と オシドリ を楽しんで タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる