タケちゃんの散歩道

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民公園 ・新宿御苑でサクラとオシドリを楽しんで (続)

<<   作成日時 : 2016/04/15 07:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像東京での サクラ の開花は 3月21日、満開は 3月31日、開花から すでに半月も過ぎている。
今年も 4月6日に 国民公園 ・新宿御苑 へ出掛けて、サクラ の花 ・季節の花 ・野鳥などを楽しんだ。
前回 (4/10) は、「サクラ の花」 を 主に紹介した。 今回は、その続編として サクラ以外の 「季節の花」 と 「野鳥」 について紹介します。 (4/06)



前回 (4/10) は、「国民公園 ・新宿御苑で桜とオシドリを楽しんで」 の タイトル で、主に サクラ の花 ( 染井吉野、大島桜 (写真 A、B)、小彼岸、市原虎の尾、梅護寺数珠掛桜、十月桜、松前早咲、白妙、白雪、、太白、弁殿、アメリカ、長州緋桜、山桜、一葉、八重紅枝垂、高遠小彼岸、陽光 など ) を紹介した。

画像
画像

今回は、サクラ以外の 「季節の花」 と 「野鳥」 について紹介します。

 季節の花

画像
画像

入園した時に入手した 案内図 「新宿御苑のみどころ 〜春〜 」 (写真 @) に記載されている 「季節の花ごよみ (桜の花、木の花、草の花)」 を参考にして園内をめぐった。

千駄ヶ谷休憩所の近くで、紅白の花を咲かせている ハナモモ ”源平” (写真 C)、ツツジ山ではバラ科の中国原産の落葉低木、別名 ウメザキウツギ、バイカシモツケ とも呼ばれている 純白色の花の リキュウバイ (利休梅) (写真 D) が美しい。

画像

中央休憩所の近くの池畔に建つ 東京都歴史建造物として指定されている 旧 御凉亭 (写真 E)、ここから西側にある 日本庭園 を通って 「上の池」 へと進んだ。 なお、旧 御凉亭は 「昭和 3 (1928)年に昭和天皇のご成婚記念として建てられたもので、中国南方地方の建築様式を取り入れ 国内においても希少な本格的中国風建築 」 とのこと。

画像
画像

その途中には、見事な枝ぶりと控えめな花色の ボケ (写真 F)、海外から来た梨という意味のカイドウ(海棠)で、中国では古くから ボタン(牡丹)とともに人気の高い花、美人を表す言葉でもあったという ハナカイドウ (写真 G) が美しい。

画像
画像

さらには、バラ科の落葉低木、古くは ”山振” の字があてられていたという ヤマブキ (山吹) (写真 H)、新宿門と 西休憩所の近くでは、キブシ科の落葉低木、関東南部、伊豆半島、伊豆諸島に分布して 基本種より花房が長い ハチジョウキブシ (八丈木五倍子) (写真 I)、白花が雪をかぶったような ユキヤナギ なども楽しむことができた。

また、草の花 では ハナニラ、ラッパスイセン、ムラサキハナナ、オドリコソウ なども見頃でした。

画像
画像

「上の池」 (写真 J、K) の畔には、純白色大輪八重の 白妙 (シロタエ)、白色大輪一重の 太白 (タイハク) の サクラの花 や、紅白のツバキ、ヤマブキ、ボケ、ハナカイドウ などの 木の花 があり、楽しめる場所でもある。

 野鳥

画像
画像

また、毎年この時季には 「上の池」 で オシドリ (写真 L、M) が見られる場所でもある。
写真 L は前回 (4/10) も貼付したが、当日 (4/06) 樹陰に隠れているのを撮ったもので不鮮明、そのため 他の場所で撮った オシドリ の 写真 M を参考まで 追加して貼付した。

この他に見られた野鳥は、「中の池」 で カイツブリ、園内 で ハシブトガラス、シジュカラ、メジロ など、お花見の多くの入園者に圧倒されたのか? 、野鳥の姿 (鳴き声も) は少なかった。

 大温室
画像

御苑のルーツという内藤家の庭園 「玉川園」 ・現在の「玉藻池」、大木戸休憩所を廻って、平成 19年度から建替え工事整備で閉館、平成 24年11月20日に新装開館した 「大温室」へ。

大温室は 「明治時代から皇室の温室として ラン の栽培を行っており、交配による独自の新品種の作出にも力を入れるなど、日本の温室の歴史として貴重な成果を上げている。 (略) さらに、国内希少野生動植物種である ハナシノブ の系統保存をはじめ、多数の絶滅危惧種の生息域外保全を行っている 」 とのこと。

画像
画像

大温室には、「熱帯池沼の植物 」 (写真 N)、「熱帯低地の植物」、「熱帯山地の植物」、「乾燥地の植物」 など、珍しい花木や果実をつけた樹木など見学することができた。 一年中水温が高い熱帯池沼に自生する水生植物を展示している 「熱帯池沼の植物 」 コーナー では、オオオニバス、パピルス(カミガヤツリ)、熱帯性スイレン (写真 O、P) が見られた。

画像
画像

ジャングルや熱帯季節林、サバンナに自生する様々な植物を展示している 「熱帯低地の植物」 コーナーでは、面白い形をした果実をつけた ミッキーマウスノキ (写真 Q)、ベニゲンペイカズラ (写真 R) など、様々な珍しい植物 (絶滅危惧植物なども) を見ることができた。

14:00頃、「サクラ の花」、サクラ以外の 「季節の花」、「野鳥」 などを楽しんで、新宿御苑を後にした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
国民公園 ・新宿御苑でサクラとオシドリを楽しんで (続) タケちゃんの散歩道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる